街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園の「ホッキョクグマの日」のイベントで訓練の様子が公開される

a0151913_0423899.jpg
アンデルマ(Белая медведица Амдерма) の昨日1月5日の「ホッキョクグマの日(День белых медведей)」での姿
Photo(C)виктор михалев/Новости Перми

ロシアのクリスマスといいますと、それは実は1月7日です。これはロシアにおいては旧暦で祝うためで欧州より約2週間遅れとなるのですが、これがロシア正教のクリスマスというわけです。ですから新年(1月1日)からクリスマス(1月7日)まではお休みの期間となり、そして1月14日の旧暦の新年あたりまでは「お休み気分」という感じのようです。さて、そういったお休みの期間中である昨日の1月5日にロシア・ウラル地方のペルミ動物園で「ホッキョクグマの日(День белых медведей)」のイベントが開催されました。
a0151913_0584949.jpg
Photo(C)виктор михалев/Properm.ru
a0151913_131496.jpg
Photo(C)виктор михалев/Properm.ru

このペルミ動物園の「ホッキョクグマの日」では、ます園のスタッフがホッキョクグマの訓練(トレーニング)の様子を来園者に披露したそうで、ホッキョクグマたちの口を開けさせて歯の状態などをチェックする一連の多くのトレーニングが行われて来園者の興味を引いたようです。その後で、今度はおもちゃの中に食べ物を入れてホッキョクグマたちが遊びながら中のものを取り出して食べる様子を見学したそうです。昨日のペルミは昼間の気温もマイナス20℃以下だったようですが、ホッキョクグマたちは元気にスタッフに反応していたようです。動画がないのが残念ですが、もし後日に公開されましたら本投稿に後記としてご紹介いたすこととします。
a0151913_1194795.jpg
Photo(C)виктор михалев/Новости Перми

ホッキョクグマの訓練というのは普段では一般には公開されていませんし、私もペルミ動物園には実は今まで10回も入っているのですが一度もそれを見た経験がありません。こういった機会に実際にホッキョクグマに対する訓練が来園者に公開されるということのようですね。こういった昨日のイベントにはアンデルマも積極的にユムカ(ミルカ)とセリクの若いペアと一緒になって元気に参加していたそうで、老齢になったアンデルマではありますが、体力的にも気力的にも衰えてはいないようです。本当に素晴らしいことだと思います。昨日のイベントを取材したマスコミもアンデルマがユムカ(ミルカ)とセリクの若い二頭の面倒を見ていることが記事の中でも触れられており、アンデルマの健在を強く印象付ける内容となっているもの心強いことです。
a0151913_15593.jpg
アンデルマ  Photo(C)виктор михалев/Properm.ru

さて、先日の大晦日から新年にかけてですがペルミではお祝いの花火が市の中心部で打ち上げられ新年が祝われたそうです。その映像を見てみましょう。



横浜などよりもよほど賑やかな大晦日だったようですね。

(*追記 - ちなみにこのペルミ動物園で初めて「ホッキョクグマの日」が祝われたのは2008年12月のことだったそうです。以前にもご紹介していましたが、奇跡的にその時の記事がネット上に残っています。掲載されているのはアンデルマと彼女のパートナーだった故ユーコンです。実に貴重な写真です。)

(資料)
Новости Перми (Jan.5 2016 - В пермском зоопарке провели «День белых медведей»)
Properm.ru (Jan.5 2016 - День белых медведей в Пермском зоопарке. Фоторепортаж Properm.ru)
"Вести" интернет-газета" (Dec.8 2008 - В пермском зоопарке прошел День белого медведя)

(過去関連投稿)
*ユムカとセリク
ロシア・ペルミ動物園におけるセリクとユムカの近況 ~ テルペイがロストフ動物園に移動か?
ロシア・ペルミ動物園でのセリクとユムカの初顔合わせは不調に終わる
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園でアンデルマが気の強いユムカに手を焼く ~ 大物に挑みかかる小娘
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園のユムカと野生孤児のセリクとの関係が良好となる
*ユムカ、セリク、アンデルマの三頭同居
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でアンデルマとユムカ、そして野生孤児セリクの3頭同居は順調な滑り出し
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でのアンデルマ、ユムカ、セリクの三頭同居は大きな成果を上げる
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でのアンデルマ、ユムカ、セリクの三頭同居の近況 ~ 最新の映像が公開
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園のアンデルマ、ユムカ(ミルカ)、セリクの近況
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園、初冬のユムカ、セリク、アンデルマの姿 ~ 調和のとれた関係
*2015年ペルミ動物園訪問記
ペルミ動物園での待望のアンデルマ、ユムカ、セリクとの再会 ~ 整備された飼育展示場
ユムカ(ミルカ)が背負うロシアでのホッキョクグマ繁殖の将来
野生孤児セリクに蘇った自信と明るさ
至高のホッキョクグマ、アンデルマの発散する永遠、かつ普遍的なる母性
ペルミ動物園二日目 ~ 変化のある一日を過ごすアンデルマ、ユムカ(ミルカ)、そしてセリク
ペルミ動物園三日目 ~ アンデルマさん、ユムカ(ミルカ)さん、セリク君、お元気で!
アンデルマ、その超絶的な偉大さ ~ 「君死にたまふことなかれ」を超えた絶対的、普遍的な母性
by polarbearmaniac | 2016-01-06 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-05-22 21:00
モスクワ動物園のホッキョクグ..
at 2017-05-21 22:00
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-05-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-05-20 20:30
バフィン、偉業を成し遂げつつ..
at 2017-05-19 23:30
モモの真っ直ぐな成長 ~ 母..
at 2017-05-19 23:00
浜松市動物園にゆったりと流れ..
at 2017-05-19 22:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin