街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ケンタッキー州、ルイヴィル動物園の野生孤児カニックの満五歳が祝われる

a0151913_17415227.jpg
カニック Photo(C)Louisville Zoo

アメリカ・ケンタッキー州のルイヴィル動物園で暮らす雌のホッキョクグマのカニック(Qannik)といえば、2011年の4月にアラスカ州の油田地帯で保護されアラスカ動物園を経てルイヴィル動物園で飼育されるようになった一連の経緯は当時アメリカでかなり報道されました。詳しくは過去関連投稿をご参照下さい。一応ここで一つだけ当時のニュース映像で復習してみることにしましょう。アラスカ動物園でのカニック、そして彼女がルイヴィル動物園に移送され到着した様子を伝える一連のニュース映像です。開始後1分4秒あたりから登場している女性がトレド動物園のランディ・メイヤーソンさんで、この人がアメリカの飼育下におけるホッキョクグマの繁殖計画(SSP)を主導しているわけです。



このカニックも早いもので5歳となり、そのお誕生会が9日にルイヴィル動物園で開催されました。短い映像ですが、その様子を同園の公式映像で見てみましょう。

Qannik turned 5 today!!! Thanks for the many who came out to sing and celebrate this very important polar bear with us earlier! For those who couldn't make it enjoy this 15 seconds of happy as she dives into her peanut butter cake and her ice fish popsicles! Thanks to Heitzman's Bakery on Shelbyville Rd. for the cake. To learn more about Qannik's journey to Louisville from the wilds of Alaska visit : http://louisvillezoo.org/glacier-run/ #louisvillelove share away!

Posted by Louisville Zoo on 2016年1月9日


カニックは野生出身ですから本当の誕生日がわからないわけですが、動物園ではだいたいこういった場合には1月初旬に誕生会を行うようです。ロシアでしたら1月5日の「ホッキョクグマの日」を野生出身個体の誕生日と見做してお祝いなどが行われます。

このカニックは野生出身ですから基本的には飼育下のどの個体をパートナーとすることも可能なわけで同園にはすでに2009年11月にトレド動物園で生まれた雄のシークーが飼育されているわけで彼がカニックの繁殖上のパートナーとなることが決まっているわけで、おそらく今年のシーズンからシークーとの同居が開始され繁殖に挑戦することになるだろうと思われます。

ケンタッキー州も降雪に見舞われ、そういったなかでルイヴィル動物園のホッキョクグマたちもかなり喜んでいる様子であることがルイヴィル動物園より報告されています。この雪の中でのカニックの様子を同園が映像で公開していますのでそれを見てみましょう。

Sometimes snow makes your ear itch! Qannik seemed to enjoy her snow day, we sure hope you did. Be safe out there!

Posted by Louisville Zoo on 2016年1月20日


このルイヴィル動物園でもホッキョクグマの訓練(トレーニング)が行われています。カニックに対する訓練を見てみることにしましょう。



なにか少しメリハリの無い感じの訓練のようですね。カニックも少し集中力が欠けているように見えるのは、この訓練が来園者のいる公開の場で行われていることに原因があるような気もします。

(資料)
WAVE3 News (Jan.10 2016 - Qannik the polar bear celebrates 5th birthday)
WDRB (Jan.23 2016 - Do the Louisville Zoo's polar bears love this arctic weather?)

(過去関連投稿)
アラスカの油田でホッキョクグマの赤ちゃんが保護!
アラスカの油田地帯で保護された赤ちゃん、アンカレッジ動物園で報道陣に公開
アラスカの赤ちゃん孤児の一般公開後の映像 ~ その視線から感じること
アラスカ・アンカレッジの動物園の赤ちゃん孤児の元気な遊び姿
アラスカの赤ちゃん孤児、月末にケンタッキー州のルイヴィル動物園へ
アラスカの孤児の赤ちゃん、月曜日にアラスカを旅立ち約6時間の空輸で新天地のケンタッキーへ
アラスカでの孤児の赤ちゃんの最後の1日、そして旅立ちの様子
アメリカ・ケンタッキー州のルイヴィル動物園のカニックの検疫終わる
アメリカ・ケンタッキー州、ルイヴィル動物園に暮らすアラスカで保護されたカニックの近況
アメリカ・ケンタッキー州、ルイヴィル動物園に暮らす野生孤児のカニックが三歳となる
アメリカ・ケンタッキー州、ルイヴィル動物園に暮らす野生孤児のカニックの満四歳の誕生会が開催される
by polarbearmaniac | 2016-01-25 23:55 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin