街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウラル地方 エカテリンブルク動物園のウムカの誕生会が開催される ~ 1996年と確定した彼の生年

a0151913_3313294.jpg
ウムカ (Белый медведь Умка)
(2015年8月16日撮影 於 エカテリンブルク動物園)

ロシア・ウラル地方のエカテリンブルク動物園で飼育されている野生出身の雄のウムカの誕生祝いのイベントが23日の土曜日に同園で開催されました。これは毎年「ウムカの日(Умкин день)」として同園で1月に行われているイベントです。ウムカは野生孤児出身ですので誕生日がわからないわけで、こうして1月の特定の日の土曜日に祝ってやるということのようです。
a0151913_3151878.jpg
Photo(C)Екатеринбург Он-лайн

今年は飼育員さんがプラスチックの容器に、そして来園者の子供たちがお祝いの言葉を掻いた紙のボックスにウムカの好物であるリンゴと人参を入れて与えたそうです。その様子を地元TV局の映像でご覧いただきましょう。



このプレゼントは当然ウムカのパートナーであるアイナにも与えられたそうでアイナの方が先に中身を食べてしまったそうです。
a0151913_3422819.gif
さて、エカテリンブルク動物園が今回の「ウムカの日」の開催に先立って明らかにした情報によれば、この雄のウムカは1996年(末)の生まれであり生後9ヶ月の時にロシア極北のチェクチ半島で孤児として保護された後に1998年4月24日になってチュクチ半島からエカテリンブルク動物園に移送されたとされています。血統登録情報では明確ではなかったウムカの保護の時期が生後9ヶ月であることがこれではっきりし、それから逆算すると彼がチュクチ半島で保護されたのは1997年8月頃だということになるわけです。要するにウムカは現在19歳であるということになります。以前に私がウムカがチュクチ半島で保護されたのは1998年4月と述べたことをここで訂正することにします。
a0151913_35868.jpg
(C)Вести Урал

私は昨年8月にエカテリンブルク動物園を訪問してこのウムカとアイナのペアに会っていますが、ウムカというのは実に優しくて温厚なホッキョクグマであり私は大いに彼を気に入りました。この訪問については過去関連投稿をご参照下さい。その時の映像を改めて一つだけご紹介しておきます。



ロシアの動物園の雄のホッキョクグマは、そのほとんどが非常に性格的に優しいというのは興味深いところです。

(資料)
Екатеринбургский зоопарк (Jan.21 2016 - День рождения белого медведя Умки отметят в Екатеринбургском зоопарке)
Вести Урал (Jan.23 2016 - День рождения белого медведя Умки отметили в Екатеринбургском зоопарке)
Екатеринбург Он-лайн (Jan.23 3016 - Белому медведю Умке из Екатеринбургского зоопарка подарили на день рождения канистру с морковкой и яблоками)

(過去関連投稿)
ロシア・エカテリンブルク動物園の仲良しペアへの大きな期待 ~ ロシアの新しい繁殖基地を目指して
ロシア・エカテリンブルク動物園のウムカ ~ 「2011年ミスター動物園」に選ばれる
ロシア・西シベリアのエカテリンブルク動物園に冬将軍到来 ~ 「黒い噂」と衝撃の映像をどう考えるか?
ロシア・西シベリア、エカテリンブルク動物園のアイナとウムカ、同動物園の 「ベストペア」 に選ばれる
ロシア・西シベリア、エカテリンブルク動物園での 「ウムカの日」 ~ 九死に一生を得た孤児ウムカの物語
ロシアの3つの動物園が共同で異種間移植(ホッキョクグマ → ヒグマへの胎仔移植)の実験を行うことを発表
ロシア・エカテリンブルク動物園のペアであるウムカとアイナの繁殖にヒグマを「代理母」とすることが決定
ロシア・西シベリア、エカテリンブルク動物園のホッキョクグマ展示場のライブ映像で見るウムカとアイナ
ロシア・ウラル地方、猛暑のエカテリンブルク動物園が来園者のアイスクリーム投げ入れに頭を悩ます
ロシア・ウラル地方のエカテリンブルク動物園のホッキョクグマ展示場の改修完了 ~ 新園長さんの手腕を期待

(*2015年8月 エカテリンブルク動物園訪問記)
エカテリンブルク動物園のホッキョクグマたちに御挨拶 ~ 活発なアイナと温厚なウムカ
ウムカ (Белый медведь Умка) の素顔
アイナ (Белая медведица Айна) の素顔
by polarbearmaniac | 2016-01-26 23:55 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin