街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・メリーランド州ボルチモアのメリーランド動物園のアノーキ、故マグネットとの間の繁殖は成功せず

a0151913_156271.jpg
アノーキ Photo(C)The Maryland Zoo

私が世界のホッキョクグマ界における2015年の繁殖シーズンで実はひそかに非常に応援していた雌のホッキョクグマがいました。それはアメリカ・メリーランド州ボルチモアのメリーランド動物園で2008年から飼育されている現在は19歳になっているアノーキ(Anoki)です。彼女は昨年の春に当時26歳だった雄のマグネットと繁殖行為を行ったことが同園で確認されていたわけですが、このアノーキのパートナーであったマグネットが彼女との繁殖行為からそう日の経過していなかった昨年の4月にそれ以前から患っていた腎臓病が悪化し安楽死という方法によって亡くなったしまったわけです。これについては「アメリカ・メリーランド州ボルチモア、メリーランド動物園のマグネット逝く」という投稿をご参照下さい。

繁殖行動期における故マグネット

さて、マグネットが亡くなってしまったメリーランド動物園ではとうとうホッキョクグマがアノーキ一頭となってしまったわけですが、そのアノーキのマグネットとの間での最後の繁殖挑戦となってしまったのが昨年2015年のメリーランド動物園だったわけです。同園では昨年の秋からHPに ”Polar Bear Denning” という記事を掲載してホッキョクグマの出産準備の様子を詳しく説明すると共にアノーキが産室入りして飼育展示場ではホッキョクグマが見られなくなることについて来園者に理解を求め、そして11月には “Polar Bear Denning Update” という記事において、すでに産室入りしているアノーキが妊娠しているかを判断するのにどういった点に注目するかを丁寧に説明したわけでした。それは非常に好感の持てる記述であり、そして啓蒙的な観点からも素晴らしい記事だったわけです。こういったことから私はこのアノーキが出産に成功して欲しいと非常に強く願っていたわけでした。
a0151913_214162.png
産室内のアノーキ Photo(C)The Maryland Zoo

さて、そのアノーキですが突然1月26日になって雪にまみれて遊ぶ姿の映像が公開されたわけで、それを見て私はかなりがっかりしてしまったわけです。アメリカの動物園ではホッキョクグマの赤ちゃん誕生の発表が非常に遅いわけで、1月下旬になっても私のアノーキの出産成功に対する期待は萎んでいたわけではなかったのですが、このアノーキのマグネットとの間の最後の繁殖挑戦がやはり成功しなかったことを知って本当に残念に思ったわけです。その雪の上で遊ぶアノーキの姿をご紹介しておきます。この姿そのものは実に素晴らしいと思います。しかしこの姿が見えたこと自体は残念なことだったというわけです。

Polar Bear Snow Day

REPOST: Anoki's snow day. She finally came out to enjoy the record snowfall, and boy did she. Here's video (by popular demand).

Posted by The Maryland Zoo in Baltimore on 2016年1月26日


こうした形でメリーランド動物園はアノーキの繁殖が成功しなかったことをファンに示したということになります。

さて、このアノーキはまだ19歳ですので他園から雄のホッキョクグマを迎えてさらに繁殖に挑戦することになるだろうとは思いますが果たして適当な雄の候補がいるかどうか、そういったことはAZAの繁殖計画を主導しているトレド動物園のランディ・メイヤーソンさんの手腕が問われるところです。いつから雌が飼育展示場から産室のあるエリアに移動して姿が見えなくなるのか、そしてホッキョクグマの産室というものはどういうものなのか、そういった情報は開示すべきでしょう。日本の動物園の多くでは「出産準備のために非展示になる」といった程度の情報は発表されはするものの、産室入りした以降のことについてももう少し情報を流してもよいとも思われます。意外なことに欧州の動物園ではこういった情報はほとんど発表せず、ロシアの動物園などは全く情報を流さないという点で際立っています。この点においてはメリーランド動物園は実に好感の持てる動物園だと思いました。ここで数年前に行われたアノーキへの歯科治療の様子、そして真夏における「雪の日(Snow Day)」におけるアノーキと彼女のパートナーだった故マグネットの姿をご紹介しておきます。





(資料)
The Maryland Zoo(News/Oct.8 2015 - Polar Bear Denning) (News/Nov.20 2015 - Polar Bear Denning Update)
Baltimore Sun (Jan.26 2016 - Maryland Zoo polar bear gets her snow day)

(過去関連投稿)
アメリカ・メリーランド州ボルチモアのメリーランド動物園のアラスカ逝く ~ サーカス後の安住の地での死
アメリカ・メリーランド州ボルチモア、メリーランド動物園のマグネット逝く
by polarbearmaniac | 2016-01-30 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-09-16 06:00
とくしま動物園のポロロの充実..
at 2017-09-15 03:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag