街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ(Ёши)がロシア極東沿海州のハバロフスク動物園へ

a0151913_19144637.jpg
イョシ (Белый медведь Ёши)
(2015年9月26日撮影 於 ロシア南部・ロストフ動物園)

ロシア極東のマスコミの報じるところによりますと、ロシア南部の都市であるロストフ・ナ・ドヌの動物園で飼育されていたサーカス出身である推定14歳の雄のホッキョクグマのイョシ(Ёши)がハバロフスク動物園(正式には「シソーエフ記念・プリアムールスキー動物園」 - Зоосад Приамурский имени В.П. Сысоева)への移動が決まり、本日イョシは無事にハバロフスク空港に到着し同園に搬入されたとのことです。その模様を報じる地元TV局のニュース映像です。



実はこのハバロフスク動物園は昨年秋にホッキョクグマの新飼育展示場がほぼ完成しており、そのことについてはすでに昨年秋の投稿でご紹介していました。ハバロフスク動物園は「容器」は容易できたものの「中身」が無い状態であり、いったいロシア国内のどのホッキョクグマを入手しようとしているのかがよくわからない状態だったわけです。可能性としてモスクワ動物園で一昨年11月にシモーナから誕生した双子のうちの雄(「ポリちゃん」- 仮称)が移動する可能性もあるかもしれないとも考えていたものの可能性は低いとも思っていました。そして今日のニュースで昨年秋に私がロストフ動物園で会ってきたイョシのハバロフスク到着のニュースが流れてきたということです。ハバロフスク動物園のアンドレイ・ドーリン園長は、このイョシのパートナーとなる雌の個体を入手する強い意欲をマスコミに語っています。
a0151913_19151383.jpg
イョシ (Белый медведь Ёши)
(2015年9月26日撮影 於 ロシア南部・ロストフ動物園)

実は上野動物園のデアのパートナー問題に混迷が見えていた頃、私はデアのパートナー候補としてこのイョシの名前を挙げたことがありましたので、「女神デアのパートナー問題の推移や如何 ~ 候補はイコロかキロルかイョシか?」という投稿をご参照下さい。このイョシは野生出身個体(報道ではカラ海沿岸の出身だそうです)なのですが何故そういった本来はロシア国外には出すことのできない野生出身個体を狙えるのかについてはその投稿で述べた通りです。報道によりますと、やはり案の定、イョシのような野生出身個体の貴重な血統に注目して複数の欧州の動物園がこのイョシの入手を狙って動いていたそうです。それは、そうした欧州の動物園がイョシは野生出身であるにもかかわらず何故入手の可能性があるかを知っていたからに間違いありません。私の考えていたようなことは欧州の動物園もちゃんと考えていたということです。しかしこのイョシの入手を強く希望したハバロフスク動物園は地方政府である沿海地方(Примо́рский край)政府の支持と協力を得てイョシの管理権のあったレニングラード動物園が存在しているサンクトペテルブルク市とも交渉のして協力を得て、ようやくイョシの入手に成功したと報じられています。

イョシのポートレート(2015年9月26日)

さて、これは非常に面白いことになりました。また極東のハバロフスク動物園を訪問してホッキョクグマに会うことができるようになったわけです、以前にハバロフスク動物園を訪問した際に会った故ゴシもサーカス出身のホッキョクグマでしたが、非常に私の心を打つホッキョクグマでした。ゴシの死後、もうハバロフスクに出かけていくこともないだろうと思っていましたがイョシの来園によって再びまたハバロフスクに行くことになるでしょう。

眠ってしまったイョシ(2015年9月26日)

(*後記 - もう一つ、今回のイョシの移動の様子を報じるTVニュースをご紹介しておきます。このニュースにはロストフ動物園でのイョシの様子や、以前ハバロフスク動物園で飼育されていたゴシの映像も紹介されています。ロストフ動物園でのイョシの様子については私の撮った映像も紹介されています。)



(資料)
Хабаровский край. Официальный информационный портал (Feb.17 2016 - В Хабаровск из Ростова-на-Дону привезли белого медведя)
Губерния (Feb.17 2016 - Белого медведя доставили в Хабаровск из Ростова-на-Дону)
РИА "Восток-Медиа" (Feb.17 2016 - Из Ростова-на-Дону в Хабаровск приехал белый медведь Ёши)
МК в Хабаровске (Feb.17 2016 - Белый медведь приехал в хабаровский зоосад из Ростова-на-Дону)
AmurMedia (Feb.16 2016 - Тринадцатилетний Ёши прилетел в Хабаровск, чтобы здесь создать семью)

(過去関連投稿)
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のイョシ、ロストフ動物園に引き取られる
サンクトペテルブルクに別れを告げるイョシ ~ サーカス出身のホッキョクグマの境遇
ロシア・サンクトペテルブルクのイョシ、新天地ロストフへ出発
ロシア南部 ロストフ・ナ・ドヌのロストフ動物園のイョシ ~ 安住の地での近況
ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ、安住の地で元気に暮らす ~ ロストフ動物園の奇妙な計画
ロシア南部・ロストフ動物園、サーカス出身の12歳の雄、イョシの注目される今後
サーカス団のホッキョクグマ、ダーニャは何処に消えた? ~ サーカス団と巡回動物園とを結ぶ暗黒
女神デアのパートナー問題の推移や如何 ~ 候補はイコロかキロルかイョシか?
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)が新しいホッキョクグマの導入を表明
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園の新ホッキョクグマ飼育展示場がほぼ完成
(*2015年9月 ロストフ・ナ・ドヌ動物園訪問記 - イョシ関連)
ロストフ動物園へ ~ サーカス出身のホッキョクグマ、イョシ(Ёши)との5年ぶりの再会
イョシ(Белый медведь Ёши) 、素顔とその性格
(*以下、2012年10月ハバロフスク動物園訪問記)
晩秋の気配濃厚なハバロフスク動物園へ ~ ゴシさん、はじめまして!
ゴシ、その悲哀を突き抜けて澄みきった眼を持つホッキョクグマの魅力
ロシア・ハバロフスク動物園のゴシへの同情と共感 ~ 人間に弄ばれた運命
by polarbearmaniac | 2016-02-17 18:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-09-16 06:00
とくしま動物園のポロロの充実..
at 2017-09-15 03:00
ロシア・カザン市動物園がバル..
at 2017-09-14 03:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag