街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

「ロシア血統の謎」に迫る(5) ~ ジャンブイ(横浜・ズーラシア)の幼年時代の映像が示す深い謎

a0151913_2391587.jpg
ジャンブイ(Jambui the polar bear/Белый медведь Ямбуй)
(2016年2月1日撮影 於 よこはま動物園ズーラシア)
a0151913_253867.jpg
故ウムカ(豪太の父 - 左)とジャンブイ(現 ズーラシア - 右)
(於 ロシア・ノヴォシビルスク動物園 circa 1993~1994)

よこはま動物園ズーラシア(以下「ズーラシア」と略記)で飼育されている雄のジャンブイの血統の謎については過去に何度か投稿してきました。私は数年間、この野生出身のジャンブイは実は双子兄弟の一頭であり、そのもう一頭はモスクワ動物園で飼育されていた故ウムカ(ウンタイ – 男鹿水族館の豪太の父)ではないかという強い疑念を抱いていたわけですが、昨年に「『ロシア血統の謎』に迫る(4) ~ 横浜・ズーラシアのジャンブイの誕生・血統の真相を探る」という投稿でロシアにおける信頼度の高いと考えられる資料を用いてこの「ジャンブイ/故ウムカ双子兄弟説」を否定したわけでした。そういった経緯は全て過去関連投稿をご参照下さい。私自身はこれで決着をつけたつもりだったのですが、ここにきてとんでもない映像ファイルを入手しました。この映像は今まで行ってきた資料に基づく研究をひっくり返しかねないほどのインパクトを持っているわけです。

まずその映像ファイルですが、ロシアのホッキョクグ好きのある方からいただいたものですが、1994年(頃)のノヴォシビルスク動物園で撮影された映像だそうです。1994年(頃)といえば、ズーラシアのジャンブイもモスクワ動物園の故ウムカも当然まだノヴォシビルスク動物園で飼育されていたわけでした。写っているのは二頭のホッキョクグマでまだ幼年、あるいは若年個体の年齢であることは明白であり、その様子からこの二頭は野生孤児で保護された双子である可能性が強いと思われます。便宜上、向かって左側の個体を「個体X」右側の個体を「個体Y」と呼ぶことにします。その映像を下でご覧いただくことにします。



さて、ご覧になってお気付きになられたかもしれませんが映像の向かって右側の「個体Y」の顔付き、そしてとりわけ両目と鼻の間にある傷には特徴があることがわかっていただけたかもしれません。この「個体Y」の姿を映像から切り出して拡大してみたのが下の写真です。
a0151913_1543628.jpg
おわかりいただけたと思います。この「個体Y」はズーラシアのジャンブイに99.9%間違いないということです。こういった顔の傷を写真で拡大するのは非情な行為であり私は決して好きではないのですが、今回だけはしょうがありません。この下が最近のジャンブイの顔を拡大したものです。
a0151913_2314896.jpg
a0151913_2315760.jpg
ジャンブイ(2016年2月1日撮影)

幾分位置関係に微妙な違いがないとは言えませんが、それは成長によって生じた顔のバランスの変化によるものだと思います。それにしてもジャンブイの幼年時代の映像が残っていたとは驚きです。実に貴重な記録だと思います。しかし同時に極めて不可解なことに気が付くわけです。それは「個体Y」すなわちジャンブイと一緒に写っており双子として育ったことが確実と思われる向かって左側の「個体X」が誰なのかということです。私の持っている記録資料ではジャンブイと双子である可能性のある個体は全く存在していないわけです、ある一頭を除いて..。

その一頭こそ実は私が資料を駆使してジャンブイとの双子兄弟であることを否定したモスクワ動物園で飼育されていた故ウムカ(ウンタイ)なのです。ともかくこの映像に映っている「個体X」「個体Y」のうち「個体Y」は間違いなくジャンブイです。そして昨年、私は資料を駆使して「ジャンブイ/ウムカ双子兄弟説」を否定したわけですが、その私の否定説に立てば「個体X」「個体Y」は双子ではないことになるわけですが、映像を見る限り私にはこの二頭は双子に見えます。

ジャンブイと故ウムカが本当に野生孤児の双子であるかどうかを問わず、この時代にこの年齢でノヴォシビルスク動物園で飼育されていたのはジャンブイと故ウムカ(ウンタイ)しかいないわけで、つまりこのことは向かって左側の「個体X」は故ウムカ(ウンタイ)であることは間違いないということだけはハッキリ言えるわけです。さらに、ズーラシアはジャンブイの顔の傷はロシア時代に闘争によって生じたものだと述べているわけですが、しかしこの1994年(あるいは1993年?)の映像にはすでにこの傷があるわけです。仮にズーラシアの述べる通り闘争によってジャンブイの顔に傷が付いたとすれば、彼が闘争した相手はウムカしかありえず、そうなるとジャンブイは自分の顔に傷を付けた闘争相手であったウムカとこうして闘争後も同居していたことになるわけで、それは極めて不自然です。つまりジャンブイの顔の傷は彼が自分の母親が密猟者によって射殺された一連の不幸な出来事の際に生じた傷であるという解釈のほうが正しいように思うわけです。

さらにこの映像が撮影されたのが本当に1994年であるかについては疑問の余地がないわけではありません。記録資料から考えれば1993年の映像であると考えるほうが合理的だと考えられます。しかし信頼性があると考えられる記録資料にも事実を反映していない点が存在する可能性があることにも注意が必要でしょう。たとえば前回も「追記」で述べたように故ウムカ(ウンタイ)の保護日が1992年1月2日という、やや不自然な日付である点などもそうです。つまりこの日付はやはりダミーではないかと考え得るわけです。

この問題、さらにまた深い謎に引き戻されてしまったような気がします。やはり当初私が考えていたように「ジャンブイ/故ウムカ(ウンタイ)双子兄弟説」は成立する可能性が出てきたというだけでなく、それが真相ではないかという疑いが強くなってきた感じすらします。今回ご紹介した映像に映っている二頭が「双子」ならば「ジャンブイ/故ウムカ(ウンタイ)双子兄弟説」は自動的に成立します。「双子ではない」ということならば成立しません。私にはどう見ても「双子」の姿に見えます。この二頭の体の同じような大きさも、そしてその飼育場所も、彼らが双子であることを強く示唆していると感じます。つまり横浜のジャンブイと男鹿の豪太は叔父/甥の関係であるということを意味するわけです。つまり釧路市動物園が所有権を持つミルク(故ウムカの孫になりますが)のパートナーをジャンブイとツヨシとの間で生まれた雄の個体(つまり故ウムカの甥になります)にしようとするのは無理ではないものの、やや注意が必要になるということです。大事をとってミルクのパートナーは同じロシア血統でも「アンデルマ/ウスラーダ系」のほうがよいでしょう。

ともかくこの問題はまだまだ追及が必要ですね。「謎の国ロシア」からやってきたホッキョクグマたちの遠い過去は依然として深い霧の奥深くに沈んでいるのです。

(過去関連投稿)
ジャンブイの素顔 ~ 彼の出自の謎を追う
夏の日曜日の昼下がりのジャンブイ、再び彼の出自の謎を考える ~ 彼は果たして豪太の伯父なのか?
モスクワ動物園のムルマ(4) ~ 危機の克服、そして豪太の誕生
ウムカ (男鹿水族館・豪太の父)、悠々の水遊び
モスクワ動物園のウムカ (ウンタイ – 男鹿水族館・豪太の父) 闘病生活の後、すでに死亡の模様
「ロシア血統の謎」に迫る(1) ~ ラスプーチン、ゲルダ、血統番号2893個体の三頭の謎を追う
「ロシア血統の謎」に迫る(2) ~ 日本ホッキョクグマ界最大の謎「イワンとホクトすり替り説」に挑む (前)
「ロシア血統の謎」に迫る(3) ~ 日本ホッキョクグマ界最大の謎「イワンとホクトすり替り説」に挑む (後)
「ロシア血統の謎」に迫る(4) ~ 横浜・ズーラシアのジャンブイの誕生・血統の真相を探る
追い詰められた「含羞のホッキョクグマ」ジャンブイ ~ 彼を覆い始めた北の方角の「暗黒の闇」の不気味な力
by polarbearmaniac | 2016-02-21 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-09-26 10:00
ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag