街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明

a0151913_21191396.jpg
Photo(C)Zoo am Meer/dpa

北ドイツのブレーマーハーフェン臨海動物園(Zoo am Meer Bremerhaven)で昨年12月11日に11歳のヴァレスカお母さんから誕生した一頭の赤ちゃんですが本日、4分間だけヴァレスカお母さんから引き離されてワクチン接種や健康診断が行われるのと同時に性別チェックが行われ、雌(メス)と判明したとのことです。二年前の最初の赤ちゃんだったラーレが同時期に体重が8.7キロだったものの今回の赤ちゃんは測定で11.1キロもあったとのことです。
a0151913_2120360.jpg
Photo(C)Zoo am Meer

前回もご紹介していましたが担当飼育員さんは性別について雄(オス)だろうというかなりの自信を示していたわけですが、やはりモニターカメラによる産室内の様子だけでは予想は難しいということでしょう。(*追記 - 報道映像をご紹介しておきます。)



実は最近オランダの動物園などは従来のこういった性別チェックではなく赤ちゃんの行動を非常に注意深く長時間観察して判定の材料とするといった方法を用いるようになりました。私が昨年の4~5月にレネンのアウヴェハンス動物園に行った際ですがスタッフがノートにA,Bという二つの欄を分けて、二頭の赤ちゃんの行動を非常に詳しく観察して同じ場面でどういった行動の違いがあるのかについて書き込むといった作業を行っていたのを見たことがあります。椅子を持ち込んでじっくりと腰を落として真剣に観察し、そしてメモを取っていました。このような手間までかけて行動をチェックするというのは従来のように母親から短時間でも引き離すことは赤ちゃんのストレスになるので極力やめたいというのが動機だと聞いています。こういったあたりはオランダ人の感じ方のように思います。今回のこの赤ちゃんの性別判定の際にもかなり激しくこの親子は抗議の姿勢を示したようですが、終了するとこの赤ちゃんはまるで何事もなかったかのように早速ヴァレスカお母さんの乳をむさぼるように飲んでいたそうです。この下の映像は一昨日2月21日の産室内の様子です。



早速この赤ちゃんの名前の公募も始まるそうです。応募されたい方はこちらのページを開いていただき御応募下さい。3月4日が締切だそうで、条件としては北ドイツと関連のある名前ということだそうです。そういえばノヴォシビルスクのシルカファンの方々が今回ゲルダお母さんの産んだ赤ちゃんは雄か雌かという予想をネットで始めていました。なにかと気になるところなのでしょう。

(資料)
Nordwest-Zeitung (Feb.23 2016 - Das Geheimnis um den kleinen Eisbär ist gelüftet)
WESER-KURIER (Feb.23 2016 - Es ist ein Mädchen!)
Radio Bremen Online (Feb.23 2016 - Es ist ein Mädchen!) (Eisbärenmädchen sucht Namen! Habt ihr eine Idee?)

(過去関連投稿)
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で誕生の赤ちゃんと母親の大晦日はピアノ音楽で暮れる
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で誕生の赤ちゃんが間もなく生後一ヶ月へ
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で誕生の赤ちゃんが生後40日を無事経過
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんが生後50日を無事経過
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんの性別への憶測 ~ 性別差と性格差による行動差
by polarbearmaniac | 2016-02-23 21:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

横浜・八景島シーパラダイスの..
at 2017-06-28 23:00
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-28 22:30
ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin