街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、グーリャ(Гуля) の「国際ホッキョクグマの日」

a0151913_20534377.jpg
グーリャ (Белая медведица Гуля в Большереченском
зоопарке)
Photo(C)Letopisi.Ru

明日2月27日は「国際ホッキョクグマの日(International Polar Bear Day/Международный день белого медведя)」です。今年はこの日は土曜日のため世界でホッキョクグマを飼育している動物園ではイベントを行いやすいわけですが、翌日28日の日曜日にイベントを行う動物園があるのはなんとなく理解できるのですが、前日である昨日26日の金曜日にこの日を祝った動物園もいくつかあります。その一つが、ロシア・西シベリアのオムスク近郊にあるボリシェリェーチェ動物園(Большереченский зоопарк)です。何故土曜日や日曜日ではなく平日に「国際ホッキョクグマの日」を祝うかということですが、それはおそらく学校の授業のある日に先生に引率された子供たちを動物園が受け入れて、子供たちに対してこの「国際ホッキョクグマの日」の意義を理解してもらおうということではないでしょうか。
a0151913_258589.png
このボリシェリェーチェ動物園で飼育されている現在は推定26~27歳である野生出身の雌のホッキョクグマのグーリャ(Гуля – 正式には Гулина - グリーナ) については今までも何回か投稿してきました。世界の飼育下のホッキョクグマの中でもその近況に関しては最も情報の少ないホッキョクグマの一頭であり、私もかねてから非常に苦心して情報を収集しようとしているわけですが、幸運にもこのボリシェリェーチェ動物園では「国際ホッキョクグマの日」が非常に素朴ながらも毎年祝われ、そのニュースが流れてきています。26日の金曜日に行われたボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」の様子を地元TV局が報じていますので下でご覧いただきましょう。



グーリャは蜂蜜と濃縮ミルクが付いたパンが大好物だそうで、この日にもそれが特別給餌として与えらえたということでした。それから一つおもしろいことを同園の担当の方が言っているのですが、ロシアの動物園で飼育されているホッキョクグマは全て、ゆでたビート(вареная свёкла)が大好物だということのようです。これは本当なのでしょうか。もし本当なのならば大阪のシルカはノヴォシビルスクで味わった時のことを覚えているかもしれません。グーリャには週末にも特別給餌があるそうです。さて、こうして、グーリャが元気であることがわかりました。非常に安心しました。

このグーリャの2014年、そして2015年の「国際ホッキョクグマの日」の映像を再びご紹介しておきましょう。こうした名前のよく知られていない話題の陽の当たらないロシア・地方都市のホッキョクグマについては、どうしてもこういう形でご紹介しておきたいと考えるからです。

(2014年の「国際ホッキョクグマの日」)


(2015年の「国際ホッキョクグマの日」)


このグーリャには非常に不幸な幼少時代があったわけで、それについては過去関連投稿をご参照下さい。非常に寡黙なホッキョクグマのようですが、何か心に響くものを持っているホッキョクグマだと思います。

(資料)
Большереченский зоопарк (НОВОСТИ ЗООПАРКА/Feb.26 2016 - День Полярного Медведя!)
Радио России (Feb.26 2016 - Сегодня международный день полярного медведя)
gtrk-omsk.ru(Feb.26 2016 - В Большеречье для полярной медведицы устроют пир)
ОмскРегион (Feb.26 2016 - В Большереченском зоопарке после спячки проснулись медведи)

(過去関連投稿)
ロシア・西シベリアのオムスク近郊、ボリシェリェーチェ動物園に暮らすグーリャ ~ 人間への不信と無関心
ロシア・西シベリアのボリシェリェーチェ動物園で飼育のグーリャに 「ホッキョクグマの日」 が開催予定
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの「ホッキョクグマの日」 ~ 悲劇の幼年期の記憶
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ 話題の光が当たらずとも良好な飼育環境
ロシア・西シベリア、オムスク近郊のボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」のグーリャの姿
ロシア最大の石油会社 ロスネフチがロシアの動物園の全ホッキョクグマへの援助・保護活動開始を表明
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャにロスネフチ社より飼育場整備の資金援助
by polarbearmaniac | 2016-02-27 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin