街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ロストフ動物園、テルペイ(Терпей) の「国際ホッキョクグマの日」

a0151913_1746787.jpg
テルペイ(Белый медведь Терпей)
Photo(C)Ростовский-на-Дону зоопарк

ロシア南部アゾフ海に程近い街であるロストフ・ナ・ドヌの動物園では2月27日の午後1時から「国際ホッキョクグマの日」のイベントが催されました。来園者はグループとしてスタッフに引率されてホッキョクグマ展示場に集まり、そしてそこでこの動物園で飼育されているホッキョクグマについての説明やホッキョクグマに関するクイズなどが行われ、そして特別給餌の見学が行われたわけでした。この日に登場したのは推定13歳の雄のテルペイだったようです。
a0151913_17431693.jpg
Photo(C)Ростовский-на-Дону зоопарк

テルペイは現在このロストフ動物園では「ヤクート」という愛称で呼ばれているのですが、この「ヤクート」というのは彼がこの動物園にやって来る前に暮らしていたペルミ動物園で飼育員さんが彼に付けた愛称です。私は彼がペルミ動物園で飼育されていた時に飼育員さんが彼をこの「ヤクート」という愛称で呼びかけていたのを何度か聞いています。このテルペイは来園者とのコミュニケーションを楽しむホッキョクグマであり、ペルミ動物園でも来園者を驚かせたりなどして大いに楽しませてくれるホッキョクグマなのですが、いかんせんこのロストフ動物園では施設の設備なとの関連でそういった彼のサービス精神が生かされていないのが残念です。
a0151913_17221061.jpg
「国際ホッキョクグマの日」のテルペイ 
Photo(C)Ростовский-на-Дону зоопарк

以下が2月27日のテルペイの様子です。当日のイベントでの飼育員さんの説明の音声が背景に流れています。



(*追記 - その後マスコミの報道映像が入ってきましたので下にご紹介しておきます。最初と最後にコメタの映像も入っています。)



私はこのテルペイがまだペルミ動物園にいた時代から彼には非常に好意を感じています。年長のアンデルマに対して一歩引いた形で敬意を示していた彼の姿勢には非常に好感を持ちましたしアンデルマが眠ってしまったあとは彼が来園者を楽しませるいろいろなユーモラスな遊びを行うのですが、これがまた非常に好感のもてるものでした。彼がペルミ動物園からこのロストフ動物園に移動した理由はペルミ動物園にカザン市動物園から幼年個体のユムカ(ミルカ)が来園することになったことと、あらにペルミ動物園では野生孤児のセリクの保護・飼育を行うことになったためにスペースが足りなくなったということです。このテルペイがペルミ動物園からロストフ動物園に到着したTVニュースの映像も再度ご紹介しておきます。



ペルミ動物園は今年の夏頃から別の場所に新しい動物園の建設工事が始まるはずで、これが完成すればテルペイは再びペルミ動物園に戻ることになります。ここでペルミ動物園時代のテルペイの姿をご紹介しておきます。左に写っているのはアンデルマです。

(2013年9月30日撮影

続いて昨年9月のロストフ動物園でのテルペイの姿です。

2015年9月27日撮影)

さて、このロストフ動物園にはもう一頭、3歳になった雌のコメタが飼育されていますが、このコメタはチェコのブルノ動物園生まれで2012年11月にあのコーラお母さんが産んだ双子の一頭です。このコメタが何故このロストフ動物園に移動してきたかについてはかなり複雑な背景があったわけで、この点については以前にかなり考察して投稿したことがありました。今年1月のコメタの映像を一つご紹介しておきます。



コメタの生まれたチェコのブルノには熱心なホッキョクグマファンが多いのですが、このコメタがロシアのロストフ動物園に移動することについては大きな不満を感じ、そして移動後もコメタの情報をロストフ動物園に求めるわけですが、受け取る情報量は期待よりはるかに少ないことにも不満を感じているようです。今回ノヴォシビルスク動物園で戸外に登場した赤ちゃんもいつかは移動となるわけですが、その移動先からは大阪で暮らすシルカのように多くの写真と映像がネットでアップされるかといえば、まず無理でしょう。仮に欧州の動物園に移動したとしても大阪のシルカほどの情報を得ることは不可能でしょう。

さて、テルペイに話を戻しますが、私はこれからも彼を追いかけていきたいと思っています。彼には非常に好感を持つわけです。内心は、このテルペイこそピリカのパートナーに相応しいと思っているほどです。しかし彼は野生孤児の出身ですからロシア国外に出すことは不可能です。

(資料)
Ростовский-на-Дону зоопарк (Feb.26 2016 - Международный День Полярного Медведя)
Администрация и Дума г. Ростова-на-Дону (Feb.27 2016 - В Ростовском зоопарке отмечают День полярного медведя)
Комсомольская Правда (Feb.27 2016 - В ростовском зоопарке отметили День полярного медведя)
Privet-rostov.ru (Feb.27 2016 - В Ростовском зоопарке отмечают День полярного медведя)
Cod61.ru (Feb.28 2016 - С Днем полярного медведя поздравили Якута и Комету в Ростове-на-Дону)
(*追記資料)
Дон-ТР (Mar.1 2016 - В Ростовском зоопарке отметили День полярного медведя)

(過去関連投稿)
好男子テルペイの素顔 ~ ペルミ動物園2日目
ホッキョクグマに魚のプレゼント ~ ペルミ動物園3日目
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマとテルペイの夏
ロシア・ペルミ動物園で夏期恒例の活魚のプレゼント始まる ~ アンデルマ健在!
ロシア・ペルミ動物園におけるセリクとユムカの近況 ~ テルペイがロストフ動物園に移動か?
ロシア・ペルミ動物園でのセリクとユムカの初顔合わせは不調に終わる
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園でアンデルマが気の強いユムカに手を焼く ~ 大物に挑みかかる小娘
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園のテルペイがロシア南部 ドン河下流のロストフ動物園に無事到着
ロシア南部 ・ ドン河下流のロストフ動物園に移動したテルペイの近況 ~ 飼育員さんに惚れ込まれる
(*2015年9月 ロストフ動物園訪問記)
ロストフ動物園二日目 ~ 好男子テルペイ(Терпей)との二年ぶりの再会
テルペイ(Белый медведь Терпей)、その素顔と性格
by polarbearmaniac | 2016-02-28 19:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin