街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

「ロシア血統の謎」に迫る(6) ~ エカテリンブルク動物園のアイナを巡る同園の奇怪な事実誤認

a0151913_21462169.jpg
アイナ (Белая медведица Айна/Росинка)
(2015年8月16日撮影 於 ロシア・エカテリンブルク動物園)

ロシア・ウラル地方の都市であるエカテリンブルクの動物園には野生出身の19歳の雄のウムカとペルミ動物園生まれでアンデルマの娘である17歳の雌であるアイナの二頭が飼育されています。この雄のウムカは地元では非常に人気の高いホッキョクグマで同園にて開催されるいろいろなイベントにもよく登場しています。一方で雌のアイナのほうは比較的地味な存在であるようです。先月27日の「国際ホッキョクグマの日」にはエカテリンブルク動物園では目立ったイベントが開催されなかったようですが、それは同園ではホッキョクグマの他のイベントの回数が多いためでしょう。
a0151913_2214178.png
さて、エカテリンブルク動物園の広報担当のエカテリーナ・ウヴァーロヴァさんが地元紙であるヴェチェルニー・エカテリンブルク(Вечерний Екатеринбург)紙の2月27日付の記事で記者のインタビュー答えてに同園のホッキョクグマのウムカとアイナについて語っており、そこで何故この雌のアイナが今まで繁殖に成功していないかの理由を述べているわけですが、その内容が全くの事実誤認によるものであり、アンデルマの名誉のためには到底このまま看過することができない内容ですので、本投稿ではそれについて述べておくことにします。
a0151913_21465497.jpg
アイナ (Белая медведица Айна)
(2015年8月16日撮影 於 ロシア・エカテリンブルク動物園)

ウヴァーロヴァさんが雌のアイナについて語っていることの内容の要点をわかり易く箇条書きにします。

1.(アイナの母である)アンデルマは高齢でアイナを産んだため授乳をせず、ペルミ動物園のスタッフにそれを委ねてしまった。アイナは人工哺育で育てられた。

2.アイナとウムカは一年に繁殖行動期である二週間しか同居させていない。

3.アイナは「ホルモンが途切れてしまい (“У неё возникают гормональные сбои,” は難しい表現ですが、一応こう訳しておきます)」、母性を発揮した行動を行わない。


この3の内容は非常に婉曲な言い回しなのですが、おそらくアイナは出産したが育児放棄したという意味に理解してよいのかもしれません。ともかくウヴァーロヴァさんは、アイナが人工哺育で育てられた個体なので母性を発揮することはない(つまり出産しても赤ちゃんをケアしようとしないという意味でしょう)ということを言いたいのは話の流れから明白であるわけです。
a0151913_4132924.jpg
アンデルマ (Белая медведица Амдерма)
(2015年8月11日撮影 於 ペルミ動物園)

さて、ペルミ動物園で余生を送っているアンデルマ(個体番号1195)ですが、彼女は7頭の成育に成功しています。最初は彼女が野生だった頃の1989年に双子を連れていたところを捕獲されたわけですが、その一頭が現在レニングラード動物園で飼育されている帝王メンシコフ(個体番号1196)です。この時の双子のもう一頭は捕獲の経緯のなかで死亡しています。彼女はその後以降を飼育下で暮らすわけですがレニングラード動物園からカザン市動物園を経て1997年にペルミ動物園へ移ってからペアを組んだのが故ユーコン(個体番号1197)でした。アンデルマはこのユーコンとの間に1998年に雄のペルミアク(個体番号1636)と雌のロシンカ(つまりアイナ - 個体番号1637)の双子、2000年に雄のルトヴィク(つまり姫路のホクト - 個体番号1694))、2002年に雌のアイリシャ(現 チェリャビンスク動物園 - 個体番号1732)、2004年に雄のクライ(つまり白浜のゴーゴ - 個体番号1773)を産んでいます。そしてこのうち人工哺育で育てられたのは2002年生まれのアイリシャだけなのです。このアイリシャの人工哺育については「ロシア・ペルミ動物園で一般公開された生後3ヶ月のゴーゴ(現・天王寺動物園)の様子」、及び「ロシア・ウラル地方、チェリャビンスク動物園のホッキョクグマたちの夏の日の姿」を御参照下さい。エカテリンブルク動物園のウヴァーロヴァさんは、アンデルマが同園のアイナを産んだときはすでに高齢だったと述べています。アンデルマの生年は二つ説があって一つは1980年、もう一つは1982年です。仮に1980年説が正しければアンデルマがアイナを産んだのは17~18歳となり、仮に1982年説が正しければ15~16歳となります。どちらであってもこれは雌のホッキョクグマとしては高齢にはあたりません。

さらに次に、エカテリンブルク動物園のウヴァーロヴァさんが述べている「アイナは人工哺育で育てられた」という意味の発言が全く事実ではないことの決定的な証拠をご覧いただきましょう。以下の写真です。これは私が2011年9月12日にペルミ動物園で撮影した写真でペルミ動物園の歴史を写真で展示してあったコーナーで撮影したものです。キャプションは “Амдерма с медвежатами” (アンデルマと子供たち)です。これは双子に授乳しているアンデルマの写真ですが、彼女が飼育下で双子を出産したのは一回だけ、つまり1998年の雄のペルミアクと雌のロシンカ(つまりアイナ)だけなのです。つまりこの写真はアンデルマと彼女の子供であるペルミアクとアイナの写真なのです。アイナが人工哺育などではなくアンデルマから授乳されて育ったということを示す動かし難い決定的な証拠なのです。
a0151913_2483236.jpg
それにしてのこのエカテリンブルク動物園の広報担当のウヴァーロヴァさんの発言、いささかお粗末だと言えましょう。まるで、アイナが繁殖に成功しないのは彼女の母親であるアンデルマが彼女に授乳しなかったからだと言わんばかりです。これは全く事実に反しています。アイナは人工哺育で育てられたというそもそもの前提が事実ではないわけですから、その後のホルモン云々、母性云々のウヴァーロヴァさんの発言は全く意味をなさないということです。ここでエカテリンブルク動物園での最近のウムカとアイナの姿を御紹介しておきます。



さて、話をアイナに戻しますが、このアイナ(ロシンカ)の双子のもう一頭である雄のペルミアク、これが実は非常に謎の多いホッキョクグマなのです。このペルミアクはカザン市動物園であのマレイシュカ(個体番号1494)とペアを組んで2005年にクージャ(Кузйа - 個体番号1814)、2007年にプロメテイ(Прометей - 個体番号2890)、2009年にピリグリム(Пилигрим - 個体番号3018)という三頭の雄の繁殖に成功するわけですが、2009年の12月に忽然とその姿をカザン市動物園から消してしまうのです。
a0151913_355741.jpg
ペルミアク(Белый медведь Пермяк) 
Photo(C)Казанский зооботсад

血統登録情報によれば彼はカザン市動物園で2009年12月に死亡したことになっているわけですが、実は私はそれは事実ではないのではないかと考えています。というのは、彼の姿が消える(死亡する)のとほぼ同時に、ある一頭の雄のホッキョクグマが突然中国のある施設に現れるわけですが、年齢といい姿といい実にペルミアクによく似ているのです。この件についてはもっと探求を深めたいと思っています。軽率には書けない内容です。 ともかくこのカザン市動物園というのはまるで暗黒の闇の世界とつながっているブラックホールのような存在に思えてしょうがありません。何かあの動物園に行くのが恐ろしく感じられるほどです。 さて、ここでアイナと双子だったペルミアクの生前の映像、つまり彼が動いている姿を見ることができる唯一のものを御紹介しておきます。これは2008年3月にカザン市動物園で前年12月に誕生したプロメテイが一般公開された時のニュース映像の一部を切り取ったものです。背後にいるのがペルミアクです。



このカザン市動物園というところは非常に不気味な場所です。マレイシュカと最初にペアを組んだペルミアクは死亡し(姿を消し)、そして彼の代役として同園に移動したペルミアクの父親であるユーコンもここで亡くなったのです。さらに遡れば、ここで飼育されていた偉大なる母であったディクサ(個体番号731)が産んだと言われている子供たちにも多くの重大な血統疑惑があるわけです。非常に不可解なディクサの出産年と出産日というパズルは別の一頭の雌の出産した個体をディクサの子供として血統登録したことは明白な事実ですが、そのなかでも不明なものが雄で2~3頭存在しているということです。ディクサというのはアンデルマとは別の意味で神秘的な存在でした。本当に彼女の血が入った娘はことごとく繁殖に成功し(その典型はウスラーダ)、血の入っていない娘(つまり血統登録上はディクサの娘とされているものの実際はそうでない個体)は繁殖に成功しないという、結果的には明白な差異を生んだわけですが、雄の場合はこういった雌の場合をヒントにした区分ができないという点で極めて判断が難しいわけです。「謎の国ロシア」の闇の部分を追及することは興味が尽きません。

(*追記 - 実は上のペルミアクが映っている映像の手前で話しているのがカザン市動物園の当時の園長ですが、この人は巨額の賄賂を受領したり動物園のスポンサーからの援助金を個人で着服したりなどして逮捕されています。この事件の根はこの動物園内部に蔓延していたようです。当時の地元の報道映像を以下でご覧下さい。ペルミアクが「死亡した(消えた)」のはまさにそういった時期だったのです。カザン市動物園というのはまさに「深い霧」の中にある動物園なのです。)


Директора казанского зоопарка поймали на взятке

(資料)
Вечерний Екатеринбург (Feb.27 2016 - Короткое косолапое счастье)
КультурМультур (Jan.23 2016 - Вечеринка в медвежьем стиле)

(過去関連投稿)
ロシア・エカテリンブルク動物園の仲良しペアへの大きな期待 ~ ロシアの新しい繁殖基地を目指して
ロシア・エカテリンブルク動物園のウムカ ~ 「2011年ミスター動物園」に選ばれる
ロシア・西シベリアのエカテリンブルク動物園に冬将軍到来 ~ 「黒い噂」と衝撃の映像をどう考えるか?
ロシア・西シベリア、エカテリンブルク動物園のアイナとウムカ、同動物園の 「ベストペア」 に選ばれる
ロシア・西シベリア、エカテリンブルク動物園での 「ウムカの日」 ~ 九死に一生を得た孤児ウムカの物語
ロシアの3つの動物園が共同で異種間移植(ホッキョクグマ → ヒグマへの胎仔移植)の実験を行うことを発表
ロシア・エカテリンブルク動物園のペアであるウムカとアイナの繁殖にヒグマを「代理母」とすることが決定
ロシア・西シベリア、エカテリンブルク動物園のホッキョクグマ展示場のライブ映像で見るウムカとアイナ
ロシア・ウラル地方、猛暑のエカテリンブルク動物園が来園者のアイスクリーム投げ入れに頭を悩ます
ロシア・ウラル地方のエカテリンブルク動物園のホッキョクグマ展示場の改修完了 ~ 新園長さんの手腕を期待
ロシア・ウラル地方 エカテリンブルク動物園のウムカの誕生会が開催される ~ 1996年と確定した彼の生年
ロシア・ペルミ動物園のホッキョクグマ、「生ける伝説」となったアンデルマ
ロシア・ペルミ動物園で一般公開された生後3ヶ月のゴーゴ(現・天王寺動物園)の様子
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(1) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(2) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(3) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(4) ~ 遠征での映像より
(*2015年8月 エカテリンブルク動物園訪問記)
エカテリンブルク動物園のホッキョクグマたちに御挨拶 ~ 活発なアイナと温厚なウムカ
ウムカ (Белый медведь Умка) の素顔
アイナ (Белая медведица Айна) の素顔
(*2015年8月 カザン市動物園訪問記)
カザン市動物園、その疑惑と謎に満ちた不可解な状況 ~ マレイシュカとの再会
マレイシュカは年末に出産するか? ~ 劣悪な飼育環境にも逞しく生きるホッキョクグマのロシア魂
ユーコン (Белый медведь Юкон - 姫路ホクト、白浜ゴーゴの父)   (1988 ~ 2014)
by polarbearmaniac | 2016-03-11 21:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30
アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45
ペルミ動物園訪問三日目 ~ ..
at 2017-07-18 03:30
カナダ・ウィニペグのアシニボ..
at 2017-07-18 03:15

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin