街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ノースカロライナ州のノースカロライナ動物園でニキータの公式歓迎会が催される

a0151913_1855028.jpg
ニキータ(奥)とアナーナ(手前) Photo(C)North Carolina Zoo

アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園にミズーリ州カンザスシティ動物園の超人気者である9歳の雄のニキータが繁殖のために1月初旬に移動してきた経緯については以前から連続してご紹介してきました。このニキータのノースカロライナ動物園での公式歓迎会が昨日木曜日の3月3日にノースカロライナ州知事も出席して行われました。その様子を報じる地元TVニュースを見てみましょう。



マッコーリー知事が何故このニキータの公式歓迎会に参加したのかについては、ノースカロライナ州が20億ドルの州債(state bond)を発行することに対する承認の住民投票が開始されていることに大きな関係があるようです。この州債が発行されれば、そのうち2500万ドルをこのノースカロライナ動物園の整備資金に充てることが決まっており、こうして州知事がノースカロライナ動物園でのニキータの公式歓迎会に出席することによって州債発行の重要性と必要性について住民への理解を深めてもらうという意図があるようです。いや、そもそも1月にすでに来園し、そして一般公開も開始しているニキータの公式歓迎式が何故この時期になって開催されたかということ自体が、州債発行の可否に対する住民投票の開始日がまさに昨日の木曜日であったからなのだという見方は十分に可能です。ニキータの公式歓迎会の開催はノースカロライナ動物園の意思というよりも州知事の要請があったからだという見方は十分に可能です。現在はホッキョクグマの繁殖行動期であり、そうしたペアを邪魔しないためにノースカロライナ動物園はさすがに特別給餌を行うといったようなイベントはこの公式歓迎会でも行っていないようです。そういったこともあってマッコ―リー州知事がこの公式歓迎会の日に見たのはホッキョクグマの繁殖行動期の姿であり、知事はその姿に驚いてしまったようで上の映像でも笑って挨拶を行っている姿が映っていました。マッコ―リー州知事自身も自らの若かりし時代の動物園との関わりも語っているようで、決して自分は動物園とは無関係な人間ではないことも示そうとしているようです。

さて、問題のニキータですが、16歳の雌のアナーナとの繁殖に向けての同居がすでに始まっています。その様子がいくつかの映像で公開されていますので下にご紹介しておきます。







ニキータとアナーナはなかなか相性が良いようですが、こうした仲の良さといったものが繁殖上の相性の良さに直結するかといえば必ずしもそうではないようにも思います。横浜のズーラシアはツヨシを来年のシーズンからジャンブイとの間での繁殖挑戦の舞台に上げる計画のようですが(その記事、どこかへ行ってしまったようですが)、随分と悠長な話だと思います。ツヨシにズーラシアにゆっこりと時間をかけて慣れてもらおうという一種の「思いやり」だと思いますが、こういったことは日本独特のことのような気がします。二頭の様子を見ながらの判断になるでしょう。

(資料)
Asheboro Courier Tribune (Mar.3 2016 - N.C. Zoo officially welcomes Nikita) (Mar.3 2016 - Nikita, Anana ‘dance’ in the water)
wbtv (Mar.3 2016 - NC Zoo introduced new Polar Bear on Thursday)
wncn (Mar.3 2016 - New polar bear joins NC Zoo; officials hope for cubs)

(過去関連投稿)
(*ノースカロライナ動物園、アナーナ関連)
アメリカ・ペンシルベニア州、エリー動物園のパッチーズがノースカロライナ動物園へ
アメリカ・ペンシルベニア州エリー動物園のパッチーズが無事にノースカロライナ動物園に到着
アメリカ・ノースカロライナ州のノースカロライナ動物園に移動したパッチーズの一般公開が始まる
アメリカ・シカゴ、リンカーンパーク動物園のアナーナがノースカロライナ動物園へ ~ 新施設建設とSSP
アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園のパッチーズの近況と新展示場について
アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園に850万ドルを投じた新施設がオープン
アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園のパッチーズが亡くなる
(*ニキータ関連)
アメリカ・カンザスシティ動物園のニキータがノースカロライナ動物園へ ~ 超人気者に移動を迫った繁殖計画
アメリカ・カンザスシティ動物園でニキータのお別れ会が開催される ~ “Logic has to overcome emotion.”
アメリカ・カンザスシティ動物園のニキータが同園を出発 ~ 権利関係が繁殖計画にもたらす要素
アメリカ・ノースカロライナ動物園に移動したニキータが一般公開へ ~ アナーナと繁殖に挑戦へ
by polarbearmaniac | 2016-03-04 20:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-28 21:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin