街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア連邦・タタールスタン共和国 カザン市動物園の20歳のマレイシュカ、昨シーズンは出産ならず

a0151913_20534442.jpg
マレイシュカ (Белая медведица Малышка в Казанском зооботсаде) (2015年8月14日撮影 於 ロシア・カザン市動物園)

昨年2015年の世界のホッキョクグマ界での繁殖シーズンで、私が現時点まで唯一ただ一頭、過去に繁殖実績があるものの今回その繁殖の成否について確認がとれなかった大物ホッキョクグマがいました。それはロシア・タタールスタン共和国カザン市動物園の20歳の雌のマレイシュカでした。あのサンクトペテルブルクのウスラーダの妹だけあって繁殖能力にはかねてから定評がある雌だといってよく、過去の4回の出産・育児に成功しているわけです。
a0151913_20581946.jpg
マレイシュカ(Белая медведица Малышка)
(2015年8月14日撮影 於 ロシア・カザン市動物園)

このカザン市動物園というのはロシアの動物園の中ではモスクワ、サンクトペテルブルクという二つの大都市の動物園に次ぐホッキョクグマの繁殖実績を持っているわけですが、繁殖に成功した場合の正式発表が非常に遅く、いつも3月中~下旬となって赤ちゃんが一般にお披露目となる日が同時に誕生の正式発表の日となっていたわけです。昨年8月に私はこの動物園に行ってマレイシュカに会ってきたわけですが、その時の印象は「マレイシュカは年末に出産するか? ~ 劣悪な飼育環境にも逞しく生きるホッキョクグマのロシア魂」という投稿で述べた通りです。 問題は昨年の彼女のパートナーが実績のあった故ユーコンではなくチェリャビンスク動物園から出張してきた当時14歳のアルツィンだったわけで、このアルツィンには過去にチェリャビンスク動物園で繁殖成功の実績がありません。これが大きな問題だと思っていました。
a0151913_2351187.png
私はカザン市動物園で今年になってから撮影された映像やら写真をネット上でしらみつぶしに当たっていましたがマレイシュカの姿を捉えたものは一つもなく、つまりこれは彼女に出産があった可能性があるとも思っていたわけです。ところが3月8日に地元カザンのTV局がこの動物園のベテラン担当者(スヴェトラーナ・クルバーシュキナさん)にスポットを当てたニュース番組の中でマレイシュカの姿が登場しマレイシュカが20歳であることと、このクルバーシュキナさんが生後三か月のマレイシュカの赤ちゃんを抱いたことがあるということを紹介しています。その部分だけ映像を抽出してみます。



このマレイシュカの姿がこうやって登場したということは彼女には昨年末には出産がなかったということを意味するわけです。非常に残念ですが、しょうがありません。このカザンの地元TV局のニュース番組全体は下でご覧いただけます。このカザン市動物園のクルバーシュキナさんはカザン大学の生物学部の出身で大学卒業後からカザン市動物園に勤めており、現在は同園の飼育部門の責任者となっているようです。なかなか手慣れた手つきで動物たちに接している姿がご覧になれます。こうした情報の乏しいこの動物園にあっては、これは非常に興味深い映像だと思います。



さて、このカザン市動物園のマレイシュカはまだ20歳ですし過去に4回の出産:育児に成功していますから当然今年も繁殖に挑戦することになるとは思いますがパートナーが問題です。他園からの雄の出張となるはずですが再びチェリャビンスク動物園からアルツィンが出張してくるのか、それともひょっとしてロストフ動物園からテルペイが出張してくるのか、あるいはエカテリンブルク動物園のウムカがやってくることになるのか、全く予想がつきません。しかしいずれにせよ、どの雄の個体が出張してきたにせよカザン市動物園の環境では非常に悲惨な出張になりそうで気の毒は話です。ともかくカザン市動物園というのは発信される情報が極めて乏しいわけで、その状態を把握するのは容易ではありません。ともかくこれで私にとっては、昨年2015年の繁殖シーズンの結果は全て出そろったということになります。やはり昨シーズンは幾分不作の年だったのかもしれません。

さて、ここでカザン市動物園でのマレイシュカの過去4回の繁殖成功から、そのうちの3回について赤ちゃんの一般公開(つまりこれが誕生の正式発表と同じというわけですが)の日の貴重な映像がありますのでご紹介しておきます。

まず2008年3月13日、雄のプロメテイとマレイシュカお母さんの姿。


次は2010年3月12日、雄のピリグリムとマレイシュカお母さんの姿。


次は2013年3月21日、雌のユムカとマレイシュカお母さんの姿です。


日本でこのマレイシュカ以上の雌のホッキョクグマとなれば、もうララしか存在していないということになるでしょう。神経の図太さという点に関するならば、このマレイシュカは世界最強の雌のホッキョクグマかもしれません。現時点でも繁殖の面における底力という点ではこのマレイシュカは依然としてゲルダ以上であると思います。

マレイシュカ(2015年8月14日撮影)

カザン市動物園はひどい飼育環境ですし不可解な状況が渦巻いているわけですが、私自身はこのマレイシュカを非常に応援しています。

(資料)
Телерадиокомпания «Казань» (Mar. 8 2016 - "И тигры у ног": интервью со Светланой Курбашкиной)

(過去関連投稿 - マレイシュカ関連のみ
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園で誕生の赤ちゃんの命名について同動物園が告知
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の赤ちゃん命名のイベントは悪天候で延期となる
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の赤ちゃんの命名は最終的にネット投票へ
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の雌の赤ちゃんの名前が 「ユムカ 」 に決定!
ロシア連邦・タタールスタン共和国、カザン市動物園のユムカは順調に生後7か月が経過
ロシア・カザン市動物園のユムカのペルミ動物園への移動の日が迫る  ~ お別れ会が開催の予定
ロシア・カザン市動物園のユムカが来週ペルミ動物園へ移動 ~ 日曜日のお別れ会開催の告知
ロシア・タタールスタン共和国、カザン市動物園のユムカがペルミ動物園に無事到着
ロシア・カザン市動物園の「国際ホッキョクグマの日」のマレイシュカの姿 ~ 昨年末には出産に成功せず
(*2011年9月 カザン市動物園訪問記)
カザン市動物園へ ~ 貧弱な飼育環境と大きな繁殖実績との間の巨大なパラドックス
カザンの星、マレイシュカお母さんの素顔
(*2013年9月 カザン市動物園訪問記)
シャリアピンパレスからカザン市動物園へ ~ 別れの時が迫ったマレイシュカとユムカの母娘の姿
マレイシュカお母さんの性格と母性
ユムカの性格と素顔 ~ カザンに初雪の降った日...そして別れ
(*2015年8月 カザン市動物園訪問記)
カザン市動物園、その疑惑と謎に満ちた不可解な状況 ~ マレイシュカとの再会
マレイシュカは年末に出産するか? ~ 劣悪な飼育環境にも逞しく生きるホッキョクグマのロシア魂
by polarbearmaniac | 2016-03-14 21:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin