街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんは雌(メス)と判明 ~ 赤ちゃんはシルカの妹だった!

a0151913_1452544.jpg
Photo(C)Igor Biryukov

本日3月22日、ロシア・西シベリアのノヴォシビルスク動物園より発表がありました。昨年12月7日にゲルダお母さんから誕生した赤ちゃんの性別チェックが行われ、結果は雌(メス)であったとのことです。つまりこの赤ちゃんは大阪のシルカの妹であるということになるわけです。(*追記 - コムソモリスカヤ・プラウダ紙の続報によれば、この赤ちゃんの性別チェックと健康診断は15分かけて行われたそうです。そしてこの赤ちゃんの発育の良さは素晴らしく、そして母親であるゲルダの母乳の質が素晴らしいからだという評価が出ているようです。私もその評価に賛成です。ゲルダお母さん、初めての育児だった前回のシルカの時以上に今回は母乳がよく出ているのではないでしょうか。) ノヴォシビルスクの地元ではこの赤ちゃんの性別予想で盛り上がり、約7割の方は雄(オス)であるという予想を同園のSNSサイトに投票していたわけですが、やはり顔付きからの予想というものの危うさが明らかになったとでも言えるでしょうか。しかしまあ性別予想というのは単なるお遊びですから、たいした問題ではないわけです。

ちなみにこの下はノヴォシビルスク動物園のSNSサイトでの性別予想の最終結果の内訳です。雄(オス)の予想が67.7%です。
a0151913_1951082.jpg
一方で、この下はシルカファンの方々のSNSサイトでの性別予想結果の内訳です。雄(オス)の予想が79.3%です。
a0151913_1961594.jpg
つまりこれらから言えることは、前回のシルカの成長を実際に長い時間かけて見守ってこられた方々のほうが今回の赤ちゃんを雄(オス)だと予想した傾向が強いということを意味しているわけです。つまりシルカファンの方々は今回の赤ちゃんについて、シルカとの共通点ではなく相違点のほうに注意と関心が集まったために、今回の赤ちゃんを前回のシルカとは違って雄(オス)であると予想した方が多いということを意味しているようにも思います。

a0151913_14523129.jpg
Photo(C)Igor Biryukov

しかし不思議なもので、雌(メス)だと知った後で今までのこの赤ちゃんの写真を見ていくとやはり雌(メス)に見えてくる....そういうことなのです。これから注目したいのは、この赤ちゃんが姉であるシルカと性格的な違いがあるかどうかということです。これはかなりの観察力が要求される話だろうと思います。

それからこれは大きな声では言えない話ですが、この赤ちゃんについて欧州の複数の動物園が入手に向けて動き出すだろうと思います。その際に、例の「血統問題」を欧州の関係者がどう判断するかです。事態の推移によってはゲルダの血統登録情報の改定が行われる可能性があると思われます。問題は欧州の動物園関係者がこの赤ちゃんの入手を断念し(あるいは入手の意図を事前に全く示さず)、そしてかつゲルダの血統登録情報の改定も行われないといった場合です。この場合、実に面倒な問題が生じてくるわけです。一つだけ気になることがあるのですが、それは前回のシルカについて雌(メス)不足であるはずの欧州の動物園が入手に動いた形跡がないということです。何故動かなかったのかについては理由が想像できるような気がするわけです。「ロシア血統の深淵」、まさにこれなのです。過去に旭山動物園はイワンはペルミ動物園の生まれである(つまりイワンの母親はアンデルマである)としてきたわけです。当時の血統登録情報がそうだったからです。ところが事実はどうだったか思い出してみて下さい。

現地のニュース映像が入ってきましたら、この下でご紹介します。おそらく深夜になるでしょう。
(*追記 - 夜のニュースのうち該当部分だけをご紹介します。)





(資料)
Новосибирский зоопарк (НОВОСТИ/Mar.22 2016 - Это девочка! Определен пол белого медвежонка)
Комсомольская правда в Новосибирске (Mar.22 2016 - Второй белый медвежонок, рожденный в Новосибирском зоопарке, тоже оказался девочкой) (Mar.22 2016 - Новосибирские зоологи за 15 минут разглядели пол белого медвежонка)
ГТРК Новосибирск (Mar.22 2016 - Новосибирский зоопарк определил пол новорожденного белого медвежонка)
Новосибирские новости (Mar.22 2016 - Определен пол белого медвежонка в Новосибирском зоопарке)
Сибкрай.ru (Mar.22 2016 - Работники зоопарка определили пол белого медвежонка)
НГС - Независимые Городские Сайты (Mar.22 2016 - В зоопарке определили пол белого медвежонка)
Sibnet.ru (Mar.22 2016 - Пол белого медвежонка узнали в Новосибирском зоопарке)
Sovok.info (Mar.22 2016 - Дитя Кая и Герды оказалась девочкой)
Российская Газета (Mar.22 2016 - В Новосибирском зоопарке узнали пол белого медвежонка)

(過去関連投稿)
ロシア・ノヴォシビルスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ やはり出産していたゲルダ!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの登場を待つ人々 ~ その時を親子の意思に委ねる度量
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃん、一瞬姿を見せる ~ 'authenticity' への視座
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんがゲルダお母さんと本日、初めて5分間だけ戸外に登場!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園、ゲルダ親子の「国際ホッキョクグマの日」
ロシア・ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃんの「国際ホッキョクグマの日」の映像を追加
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの声を札幌のリラ、大阪のモモと比較する
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの性別予想に盛り上がる地元 ~ 雄(オス)の予想に高い支持
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のゲルダ親子の近況 ~ 親子関係を破壊しかねない来園者のエサやり行為
ロシア・ノヴォシビルスク動物園、日曜日に来園者が入場に長蛇の列 ~ 大人気のゲルダ親子
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃん、生後100日を超える
by polarbearmaniac | 2016-03-22 14:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin