街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ノヴォシビルスク動物園が赤ちゃんの性別を訂正発表! ~ 赤ちゃんは雄(オス)だった!

a0151913_19125996.jpg
Photo(C)Новосибирский зоопарк

これはちょっとしたスキャンダルですね。でも早くわかってよかったです。 この赤ちゃんの姉であるノヴォシビルスク動物園で生まれた大阪のシルカは雌(メス)で間違いないのでしょうか?

ロシアのノヴォシビルスク動物園から本日突然発表がありました。昨年12月7日にゲルダお母さんから誕生した赤ちゃんの性別は、すでに発表されていた「雌(メス)」ではなく、実は「雄(オス)」だったという同園の訂正の発表です。ノヴォシビルスク動物園の発表によれば、「雌(メス)である」と一度発表したものの、それに対する疑いを専門家や獣医さんが抱いたらしく、再び性別チェックを行ったそうです。その結果、この赤ちゃんは雄(オス)であるという確証が得られたために本日の訂正発表となったそうです。
(*追記 - この件に関する地元TV局のニュース映像が入ってきましたので該当部分だけご紹介します。)




ノヴォシビルスク動物園は性別の間違いを認めはしましたが、「市民はこの赤ちゃんを雄(オス)であってほしいと望んでいたので、その通り雄(オス)だったことは本当によかった。」などと変な言い訳を行っています。
a0151913_1922423.jpg
Photo(C)Александр Кряжев/РИА Новости

以前の投稿でもご紹介していましたが、この赤ちゃんに対する市民の性別予想は圧倒的に「雄(オス)」が多かったわけです。首筋のあたりの太さや体型、そして顔付きからこの赤ちゃんは「雄(オス)」であると予想した人が多かったわけですが、いざ「雌(メス)」と発表されたあとに「それはおかしい」といった声は少なくとも私が見た限りでは市民の中にはほとんどなかったわけです。なんとなく「雌(メス)」で納得していたというわけです。ノヴォシビルスク動物園がこの赤ちゃんの命名について沈黙を守っていたのは、やはり「雌(メス)」と当初は判定されたこの赤ちゃんの性別に疑いを持っていたためではないかという見方も可能かもしれません。
a0151913_19233832.jpg
Photo(C)Новосибирский зоопарк

それにしても今回のケースは実に珍しいケースです。ホッキョクグマの赤ちゃんの性別取り違えは、通常は「雄(オス)」だと判定されたものが実は「雌(メス)」だったという例がほとんどで(ツヨシやピリカなどはその典型)、今回のケースのように「雌(メス)」だと判定されたのに実際は「雄(オス)」だったという例は稀なのです。このブログを開設して以来も欧州でホッキョクグマの性別取り違えが何例か発覚していますが、それらは全て当初は「雄(オス)」だと判定されたものが実は「雌(メス)」だったという例が全てなのです。(過去関連投稿の「性別取り違え関連」をご参照下さい。)

さて....大阪・天王寺動物園のシルカですが、彼女は本当に雌(メス)ですか? 誰か確かめたのでしょうか? ノヴォシビルスク動物園が生後三か月にシルカの性別チェックして以来、誰もそれを疑っていないのではないでしょうか。仮に万が一シルカが雄(オス)だったら、モモの将来の有力なパートナー候補に急浮上ですね(笑)。ゴーゴはパートナーがいなくなってしまうというわけです。いや、しかしシルカはやはり雌(メス)でしょう。それは間違いないように思います。ということで、今回のノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんの第二子は大阪のシルカの弟だったということになりました。

ここで昨日4月10日のこの雄(オス)の赤ちゃんとゲルダお母さんの様子を見てみましょう。まず最初の映像ですが、こうして雄(オス)だと知って見るとやはり雄(オス)ですね、これは(笑)。人間というのは勝手なものです。



次ですが、やはり非常に発育の良い赤ちゃんです。



(資料)
Новосибирский зоопарк (НОВОСТИ/Apr.11 2016 - Спешим признать ошибку и сообщить, что наш белый медвежонок - мальчик!)
НГС - Независимые Городские Сайты (Apr.11 2016 - Дочка белых медведей Кая и Герды оказалась мальчиком)
Сибкрай.ru (Apr.11 2016 - Белый медвежонок Кая и Герды оказался мальчиком)
Российская газета - Сибирь (Apr.11 2016 - В Новосибирском зоопарке ошиблись в определении пола медвежонка)
ГТРК Новосибирск (Apr.11 2016 - Новосибирская белая медведица оказалась медведем)
Комсомольская правда в Новосибирске (Apr.11 2016 - Ошибочка вышла: белый медвежонок, родившийся в новосибирском зоопарке, все-таки оказался мальчиком)
Советская Сибирь (Apr.11 2016 - Новосибирский зоопарк признал ошибку: белый медвежонок — мальчик)

(過去関連投稿)
ロシア・ノヴォシビルスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ やはり出産していたゲルダ!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの登場を待つ人々 ~ その時を親子の意思に委ねる度量
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃん、一瞬姿を見せる ~ 'authenticity' への視座
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんがゲルダお母さんと本日、初めて5分間だけ戸外に登場!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園、ゲルダ親子の「国際ホッキョクグマの日」
ロシア・ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃんの「国際ホッキョクグマの日」の映像を追加
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの声を札幌のリラ、大阪のモモと比較する
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの性別予想に盛り上がる地元 ~ 雄(オス)の予想に高い支持
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のゲルダ親子の近況 ~ 親子関係を破壊しかねない来園者のエサやり行為
ロシア・ノヴォシビルスク動物園、日曜日に来園者が入場に長蛇の列 ~ 大人気のゲルダ親子
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃん、生後100日を超える
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんは雌(メス)と判明 ~ 赤ちゃんはシルカの妹だった!
ロシア・ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの命名への同園の迷い ~ シルカ同様の過熱を恐れる同園
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のゲルダ親子の近況 ~ ララ/アイラの多層的な親子関係と比較する
ロシア・ノヴォシビルスク動物園が赤ちゃん命名について沈黙状態 ~ 「シルカ事件」から学ばぬ同園
(*性別取り違え関連)
デンマーク・オールボー動物園、DNA鑑定するも度重なる性別取り違え ~ ミラクは雌(メス)だった!
デンマーク・オールボー動物園のアウゴが約5メートル下の堀に転落、重傷を負い安楽死の処置にて死亡!
ロンドン動物園でのホッキョクグマ性別取り違え事件 ~ マスコミが勝手に下してしまった性別判定
by polarbearmaniac | 2016-04-11 17:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin