街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

チェコ・ブルノ動物園の雌(メス)の赤ちゃんの名前が「ノリア(Noria)」に決まる

a0151913_2363560.jpg
ノリア Photo(C)DENÍK/Attila Racek

チェコのブルノ動物園で昨年の11月24日にコーラお母さんから誕生した雌(メス)の赤ちゃんの名前が「ノリア(Noria)」に決まりました。この赤ちゃんの名前はネットで公募されていたわけですが、2800もの応募が寄せられていて市民の関心も非常に高かったわけです。そういった候補の名前の中から今回はチェコのブルノ出身の有名な女子テニスプレイヤーのルチェエ・シャファージョヴァ(Lucie Šafářová)選手(*日本では「ルーシー・サファロバ」と表記されていますが、それは明らかに誤り)が名付け親になって選ばれた名前が「ノリア(Noria)」であり、本日の11時にブルノ動物園のホッキョクグマ飼育展示場でシャファージョヴァ選手も参加して名前の発表と命名式が行われました。
a0151913_21192742.jpg
Photo(C)Jiří Nováček/Blesk.cz

実は直前にチェコのマスコミがあえていくつかの候補名を挙げて、いったいどれがよいのかのアンケートを行っていたわけです。その結果は以下です。
a0151913_20181454.jpg
その結果として「ポラールカ(Polárka)」と「スラ(Sura)」という名前が人気が高かったわけでした。しかしシャファージョヴァ選手は「ノリア(Noria)」を選んだというわけです。上のアンケートの候補名にはなかった名前でした。これはフィンランドの作家の書いた小説の女主人公の名前だそうです最初は短いものですが命名式の映像を御紹介しておきます。



この下の映像はおそらく命名式のほとんと全てを収録したもののようで非常に長いです。



さて、これで昨年暮れに世界の動物園で誕生したホッキョクグマの赤ちゃんたちのなかで名前がついていないのはロシアのノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんだけになりました。ノヴォシビルスク動物園、いったいどうするのでしょうか? (*後記 - そういえばアメリカのトレド動物園の赤ちゃんは命名がまだだったですね。なにしろまだ一般公開もされていません。)

(資料)
České noviny (Apr.16 2016 - Lední medvídě v brněnské zoo se jmenuje Noria, rozhodla Šafářová)
iDNES.cz (Apr.12 2016 - Šalina, nebo Polárka? Pomozte kmotře najít jméno pro lední medvídě)
iDNES.cz (Apr.17 2016 - Medvědí slečna z brněnské zoo dostala od tenistky Šafářové jméno Noria)
Brněnský deník (Apr.16 2016 - Malá medvědice dostala jméno Noria. Po hrdince románu o globálním oteplování)
Blesk.cz (Apr.16 2016 - Lední medvídě v brněnské zoo se jmenuje Noria, rozhodla tenistka Šafářová)

(過去関連投稿)
チェコ・ブルノ動物園のコーラ、今年も出産なるか? ~ 産室の準備万端整えたブルノ動物園
チェコ・ブルノ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ コーラお母さんが待望の出産
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃん、最初の関門を突破 ~ 屋外で出産していたコーラお母さん
チェコ・ブルノ動物園から遂に待望の産室内ライブ映像の24時間配信が開始!
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像ハイライト ~ コーラお母さんの手堅い育児
チェコ・ブルノ動物園の赤ちゃん、元気に間もなく生後二カ月へ ~ ライブ映像のみに託した情報発信
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんの近況 ~ コーラお母さんに少量の給餌が再開
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんが生後80日を無事経過
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃんが突然短時間、戸外に姿を現す ~ 想定外の早さに驚く同園
チェコ・ブルノ動物園で誕生の赤ちゃん、明日3月18日より一般へのお披露目が同園より告知
チェコ・ブルノ動物園の赤ちゃん一般公開開始の様子がネットでライブ生中継
チェコ・ブルノ動物園のコーラ親子の一般への公開が開始となる ~ 深夜でも動き回る親子
チェコ・ブルノ動物園のコーラお母さんの育児スタイルに変化 ~ 経験よりも頭数が重要な要素か?
チェコ・ブルノ動物園のコーラ親子の映像を解釈する ~ 育児方法の転換が不十分なコーラお母さん
チェコ・ブルノ動物園の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明 ~ 名前の公募始まる
チェコ・ブルノ動物園のコーラお母さん、プールに転落した赤ちゃんを救出 ~ 落ち着いた対応
by polarbearmaniac | 2016-04-16 20:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-04-29 22:30
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin