街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ウクライナ・ハリコフ動物園のティムの知られざる過去 ~ 1998年にキエフで起きた悲劇

a0151913_193481.jpg
ティム (Белый медведь Тим) Photo(C)Українське фото

ウクライナのハリコフ動物園で飼育されているサーカス出身のホッキョクグマであるティムについては過去何度か投稿してきましたが、もともとウクライナという国はホッキョクグマに限らず動物園の情報が頻繁に報道される国ではありません。ましてや近年の同国の政治的混乱、及びロシア系住民の多い東部地区での親ロシア派と反ロシア派の武力衝突と、報じられる情報は政治的なものに重点が置かれ過ぎているように思います。ティムが飼育されている動物園のあるハリコフ(ウクライナ語でハルキウ)という都市はウクライナの中でもロシアとの国境に非常に近い場所に位置し、こうしたウクライナの政情不安の影響をもろに受けているわけです。以前に「ウクライナ東部、ハリコフ動物園のティムの無事を願う ~ ウクライナの動物園に蔓延した根深い腐敗」という投稿を行っていますが、このウクライナという国の社会を蝕む腐敗の構造から動物園も逃れることはできないということです。
a0151913_1962573.jpg
ティム Photo(C)Харьковский зоопарк

ハリコフ動物園で暮らす推定30歳の雄のホッキョクグマであるティムについては限られた関連情報の断片からは元気で暮らしていることに間違いないとは思っていましたが、映像を含めて最近は彼を正面から取り上げた情報はなかったわけでした。そういった中で先月、久しぶりにハリコフ動物園は自園で飼育している動物の紹介にこのティムを取り上げ、その元気な姿を同園の公式の映像として公開しました。多分これは2月か3月に撮られた映像だと思います。ティム(Тим)の愛称は「チョーマ(Тёма)」ということのようです。初めて知りました。



このティムについては以前も彼がサーカス出身であることをご紹介していましたが今回の同園の紹介でもそのことに触れています。しかし今回同園が紹介している内容は驚くべき内容を含んでいます。まずティムは彼が野生で捕獲された1986年から、彼のサーカス引退の1998年までについて氷上でスケートの演技をしていたことについて触れているわけですが、彼が13歳という非常に若い年齢でサーカスを引退した(引退させられた)理由について、それがキエフで起きた大きな事件が原因だったということです。

ティムの所属していたモスクワのサーカス団には、熊たちに非常に好かれていた(調教師)のアシスタントの若い男がいたそうです。サーカス団がキエフ滞在中のある夜、この男は友人たちに自分が調教師であることを自慢するために、友人たちの見ている前でホッキョクグマの飼育されていた檻の中に入ったそうです。以前も彼はこうして檻の中に頻繁に入っていたそうですが、たまたまその夜は彼は酒を多量に飲んで酔っていてたためにアルコールの臭いが強かったという点で以前とは状況が違っていたわけでした。アルコールの臭いが嫌いだったホッキョクグマ、つまりティムはその臭いに非常に興奮してこの若い男に襲いかかり、そしてこの男は命を落としてしまったそうです。この事件によってティムはサーカスを「強制引退」させられ、そしてそれ以来彼はハリコフ動物園で飼育されてきたというわけです。
a0151913_19829100.jpg
ティム Photo(C)Українське фото

サーカスの調教師がホッキョクグマに殺された(あるいは大ケガをさせられた)という事例は数少ないながらも過去に数例あるわけですが、私はこのキエフの事件はやや違ったストーリーで聞いていたということと、その襲ったホッキョクグマがこのティムだったというのは初めて知りました。ホッキョクグマはヒグマと比較すると調教がかなり難しいと聞きますが、本ブログで何度もご紹介している現在ロシアで唯一サーカスで演技を行っているホッキョクグマたちを見ると従順に見えるというのも、相当時間をかけて調教してきたという経緯があるのでしょう。

ともあれ、現在は高齢となったティムですが健在であることがわかり嬉しい限りです。

(資料)
Харьковский зоологический парк (Новости зоопарка/Apr.13 2016 - Необычный артист цирка в Харьковском зоопарке)
Город Х (Apr.15 2016 - В Харькове за решеткой обнаружили артиста)
Українське фото (Медведи в Харьковском зоопарке зимой)
Телеграф (Jan.6 2013 - Стоимость билета в Харьковский зоопарк снизится в 4 раза)

(過去関連投稿)
サーカスを「引退」し余生を送るホッキョクグマ ~ ウクライナ・ハリコフ動物園のティムの夏
ウクライナ・ハリコフ動物園のティムの近況 ~ 繁殖の「過去の栄光」をどう考えるか
ウクライナ ・ ハリコフ動物園に到来した暑い夏とサーカス出身のティムの近況 ~ 同園での繁殖の歴史
ウクライナ・ハリコフ動物園のティムにとっての不安 ~ 同国の政治的混乱とハリコフ動物園の窮状
ウクライナ東部、ハリコフ動物園のティムの無事を願う ~ ウクライナの動物園に蔓延した根深い腐敗
ウクライナ、チェコ、ポーランド、スロヴァキアの四か国の動物園が「欧州スラヴ圏動物園共同体」を形成か?
by polarbearmaniac | 2016-04-17 19:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のノリア..
at 2017-12-18 17:30
アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag