街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシの近況 ~ ロシア入国ヴィザ免除の方向へ

a0151913_15175160.jpg
イョシ Photo(C)Новости Хабаровска на dvnovosti

ロシア極東・沿海州のハバロフスク動物園(正式には「シソーエフ記念・プリアムールスキー動物園」 - Зоосад Приамурский имени В.П. Сысоева)にロストフ動物園から今年の2月に移動してきた推定14歳の雄のホッキョクグマであるイョシについては何度か投稿してきました。ハバロフスク動物園のホッキョクグマ飼育展示場も改装され大きなプールが新設されたため素晴らしい施設として蘇ったようです。
a0151913_1532469.jpg
Photo(C)Новости Хабаровска на dvnovosti

ロシアの地方都市の動物園のホッキョクグマ飼育展示場を充実させようという試みは最近その流れが非常に顕著であり、サンクトペテルブルク、カザン、ペルミといった都市の動物園は新しい動物園の建設工事が間もなく開始され、そうした「新・動物園」においてもホッキョクグマの飼育展示場の規模の拡大は言うまでもありません。このハバロフスク動物園は以前はハバロフスク市内にあったそうですが、今から13年ほど前に緑が多くアムール河を見下ろせる郊外に移転してきたわけですが、そういった自然環境を生かしてコンクリートなどを大量に使用せず簡素な檻を設置して多額の建設資金の負担を避けた形の質素な動物園であり、4年近く前にこの動物園を訪れた私にもなかなか気持ちの良い場所だったことが記憶に残っています。

さて、このハバロフスク動物園に移動してきたイョシですが、新しいプールにも慣れてきたようで、元気で泳ぐ姿が映像で公開されていますのでご紹介しておきます。





ロシア極東地域ではあとサハリン島の都市であるユジノ・サハリンスクにあるサハリン動物園がホッキョクグマの新飼育展示場の建設計画が具体化しつつあり、ここでもホッキョクグマの飼育・展示が行われる日も遠くはないわけです。そうなると日本に非常に近い場所に存在しているこうした動物園に気軽に出かけていってホッキョクグマに会うことができれば楽しみが増えるわけです。東京からですと札幌へ行くのもハバロフスクに行くのもそう距離に違いがあるわけではありません。札幌からですと東京に行くよりも新千歳空港からユジノ・サハリンスクに行く方が距離は近いわけです。将来的に私は「北海道・ロシア極東の動物園」という地域的な括りをしてみたいと思っているわけです。

さて、そうは言っても現在は日本と(極東・沿海州)ロシアとの間を気軽に行き来することに対する障害となっているのがロシア入国に際に必要なヴィザ(査証)の存在なのです。日ロ間の人的交流の最大の障害になっているのがこの入国ヴィザの存在なのですが、日ロ関係が完全に行き詰っていた昨年に、実はロシア側からそれを打開しようとしてある種のシグナルのようなものが出されていたわけです。それがヴィザ発効要件の緩和、つまり観光目的ならば二国間で入国ヴィザを免除するといったことをロシア側が考えているということが明らかにされていたわけです。ロシアの通信社であるスプートニクの日本語版の記事、「駐日ロシア大使、ロシアは日本とのビザ制度廃止の構え」及び「ロシアと日本はそろそろビザ撤廃?」を御参照下さい。昨日ロシア南部のソチで行われたプーチン大統領と安倍首相の日ロ首脳会談で安倍首相は日本へのロシア人観光客の増加に向けたヴィザの発給要件の緩和(おそらく一定日数以内の滞在はヴィザ免除となるということでしょう)を検討することもプーチン大統領に伝えたそうですから、そうなるとこれは相互主義として日本人がロシアに旅行する際にもヴィザ取得は不要になるでしょう。私は早ければこれは年内に実現するかもしれないと考えています。

プーチン露大統領と安倍首相がソチで3時間にわたって会談

ソチで会談を終え安倍首相を見送るプーチン露大統領

さて、そうなればロシアには思いついた時に気軽に行ける場所になるわけです。ヴィザ申請時点で滞在都市と滞在ホテルを決めておく必要はなくなり、ネットで気軽にホテルの予約ができ、そしてふらりと出かけていくことができるというわけです。飼育下のホッキョクグマを見に行くのでしたら、やはりロシアなのです。(そしてもちろん自然、文化、芸術もあります。)

(資料)
Новости Хабаровска на dvnovosti.ru (Apr.29 2016 - Белый медведь Ёши открыл купальный сезон под Хабаровском)
AmurMedia (Jan.14 2016 - Маршрут выходного дня: всей семьей в Приамурский зоосад)
Вести (May.6 2016 - Три часа переговоров: Россия и Япония готовы заняться совместными инвестициями)
スプートニク (Dec.22 2015 - 駐日ロシア大使、ロシアは日本とのビザ制度廃止の構え) (Dec.23 2015 - ロシアと日本はそろそろビザ撤廃?)

(過去関連投稿)
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のイョシ、ロストフ動物園に引き取られる
サンクトペテルブルクに別れを告げるイョシ ~ サーカス出身のホッキョクグマの境遇
ロシア・サンクトペテルブルクのイョシ、新天地ロストフへ出発
ロシア南部 ロストフ・ナ・ドヌのロストフ動物園のイョシ ~ 安住の地での近況
ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ、安住の地で元気に暮らす ~ ロストフ動物園の奇妙な計画
ロシア南部・ロストフ動物園、サーカス出身の12歳の雄、イョシの注目される今後
サーカス団のホッキョクグマ、ダーニャは何処に消えた? ~ サーカス団と巡回動物園とを結ぶ暗黒
女神デアのパートナー問題の推移や如何 ~ 候補はイコロかキロルかイョシか?
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)が新しいホッキョクグマの導入を表明
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園の新ホッキョクグマ飼育展示場がほぼ完成
ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ(Ёши)がロシア極東沿海州のハバロフスク動物園へ
ロシア極東沿海州のハバロフスク動物園に到着したイョシのその後の様子 ~ 地元ファンの大きな期待
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシのサーカス時代 ~ サーカス適性は雌(メス)が上か?
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園、改装された展示場のイョシの新しいプール開き
by polarbearmaniac | 2016-05-07 17:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00
ドイツ・ゲルゼンキルヘン動物..
at 2017-12-14 02:05
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2017-12-13 15:30
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2017-12-13 01:00
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-12 00:15
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2017-12-11 01:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-11 00:30
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2017-12-10 00:30

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag