街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アルゼンチン・メンドーサ動物園の30歳のアルトゥーロが衰弱の兆候を示し懸念高まる

a0151913_18342445.jpg
アルトゥーロ Photo(C)Los Andes

アルゼンチンのメンドーサ動物園で飼育されている現在は30歳になっている雄のアルトゥーロ (Arturo) については以前から彼のカナダへの移送嘆願運動との関連で何回も投稿してきましたので過去関連投稿をご参照下さい。カナダ在住の一人のアルゼンチンの女性の方が「可哀想だ」というごく単純な感情だけで始めたこの運動は動物保護活動家も加わりそれなりの拡がりは見せたものの、専門家などによって下された理性的で冷静な判断の前に挫折していく過程は、このような単に「可哀想だ」といった感情だけによって支えられた運動の結末がどのようなものとなるのかを示したものとして、いくつかの示唆を与えたことは事実でした。

当時は28歳、そして現在は30歳になっているこの雄のホッキョクグマのアルトゥーロですが現地からの報道によりますと4月の終わり頃から運動量と食欲が落ち、衰弱の兆候が見られるとのことです。アルトゥーロはすでに非展示の状態となっておりメンドーサ動物園は獣医さんを中心としたチームを編成してアルトゥーロの状態を絶えずモニターしているそうです。メンドーサ動物園はこのアルトゥーロの衰弱は彼の30歳という年齢から生じていることを理解しつつも、治療のためには麻酔をかけて超音波診断とX線撮影を行って診断したいという意向だそうで、どうしてもアルトゥーロを治療したいという強い意向を持っているものの、やはり彼の年齢を考慮してか直ちには踏み切ってはいないようです。アルトゥーロの状態について現地では非常に心配しているファンが多いのは言うまでもありなせん。動物保護活動家は「二年前の嘆願運動の時にアルトゥーロをカナダに移動させていれば彼の健康除隊はもっと良かったはずだ。」と主張していますが、そもそもアルトゥーロが手続き上で何故カナダに入国することが不可能だったかについて理解していないようです。

ともかく南半球のアルゼンチンは現在は冬に向かっていますので、気温が40℃にもなるという夏のメンドーサの気候の厳しさに当面は悩まされることはないでしょう。彼の体力が回復してくることを祈りたいと思います。

(資料)
LOSANDES (Mar.24 2016 - Especialistas evalúan el estado de los osos en el Zoo) (May.6 2016 - El oso Arturo está delicado de salud y analizan sedarlo para hacerle estudios) (May.7 2016 - El oso polar está delicado y ya no se puede ver en el Zoo)
LA NACION (Argentina) (May.8 2016 - El oso polar Arturo, con graves "signos de decaimiento")
Clarín (May.8 2016 - Preocupa el delicado estado de salud del único oso polar de la Argentina, Arturo)

(過去関連投稿)
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のペルサ逝く
アルゼンチン・ブエノスアイレス動物園のウィネル、真夏の気温上昇による高熱症で亡くなる
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロ ~ 同国唯一となったホッキョクグマの健康への配慮
カナダ・アシニボイン公園動物園がアルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロを引き取る交渉を開始
アルゼンチン・メンドーサ動物園がアルトゥーロの引き取りについてのカナダ側の申し出を断る
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロのカナダ移送に現実味 ~ カナダ側の獣医チーム受け入れ
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロのカナダ移送が不可能となる ~ “The case is closed.”
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロ、同園に留まることが決定 ~ 専門家会議の結論出る
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロの近況  ~ 動物園の情報発信不足が憶測を呼ぶ
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロについてグリーンピースがメディアキャンペーンを始める
by polarbearmaniac | 2016-05-10 19:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin