街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

メキシコ・レオン動物園の唯一のホッキョクグマ、シベールが亡くなる ~ 31歳で天寿を全うする

a0151913_9425247.jpg
シベール Photo(C)Cuartoscuro

すっかり投稿が遅れてしまいました。メキシコの中央高地に位置するレオン市にあるレオン動物園(Zoológico de León)で暮らしていた31歳の雄のホッキョクグマであるシベール (Shiver) (*英語読みではシヴァース - "Shivers")が4月21日の木曜日の午後1時半頃に飼育展示場のプールに浮かんだまま動かない状態になっていたそうで、来園者の通報で駆けつけてきたスタッフによって死亡していることが確認されたとのことです。
a0151913_494943.jpg
プールに浮かんだまま動かなくなっていたシベール 
Photo(C)El Heraldo de León

このシベールの健康状態はずっと良好であったそうで、その日の朝には飼育展示場の清掃が行われ、そしてその後にシベールに給餌が行われたそうですが、彼はいつもの通りそれを全部たいらげたそうです。しばらくして彼はプールのあるエリアに歩いて行ったそうですが、その時も普段とは全く同じ感じで異常のようなものは全く感じなかったと飼育員さんは語っています。



シベールの死因については早速検死が行われ、やはり高齢による急性の臓器不全による自然死であるという結果が出たそうです。このシベールは以前にもご紹介していましたが、アメリカ・オレゴン州ポートランドのオレゴン動物園の雌のタサルのパートナーだったわけですが、繁殖能力に問題があるとかいう理由でアメリカにおける繁殖計画(SSP)から外されて1998年にこのレオン動物園に移動してきたという事情があったそうです。
a0151913_2351328.jpg
シベール Photo(C) Diario Rotativo

ここで在りし日のシベールの姿を見ておきましょう。





このシベール(シヴァース)は1984年12月にアメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園で生まれ、その後1986年3月にオレゴン州のポートランド動物園に移動したわけです。その後に前述のような理由で1998年10月にポートランド動物園からメキシコのレオン動物園に移動してきたわけです。まだその頃はアメリカからホッキョクグマが国外に出ることは可能だったというわけですが、現在はもうアメリカには国外からホッキョクグマが入れず国内から国外への移動も法令上不可能となっています。レオン動物園では彼はフリーダという雌とペアになっていたそうですが、そのフリーダもすでに以前に亡くなっており、シベールはレオン動物園で飼育されていた最後のホッキョクグマということになります。今回のシベールの死によってもうレオン動物園はホッキョクグマの展示がほぼ不可能となるという見通しです。市長さん、園長さんとスタッフの方々、そしてファンの方々の多くもシベールの死を非常に悲しんでいるとのことです。
a0151913_1484957.jpg
シベール Photo(C) Omar Ramírez

謹んでシベールの冥福を祈ります。

(資料)
El Heraldo de León(Apr.21 2016 - Muere Hiver, el oso polar del Zoológico de León)
El Universal (Apr.22 2016 - Fallece oso polar en Zoológico de León)
Periódico (Apr.22 2016 - Muere el oso polar “Shiver”)
Periódico AM(Apr.22 2016 - Muere el oso polar “Shiver”)
24-horas (Apr.23 2016 - Shiver murió por causas naturales: reporte médico)
Diario Rotativo (Apr.22 2016 - Fallece oso polar en Zoológico de León)
INFO 7 (Apr.22 2016 - Muere oso polar en zoológico de León)
Excelsior (Apr.22 2016 - Muere oso polar en zoológico de León, Guanajuato)

(過去関連投稿)
アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園の双子兄妹のコンラッドとタサルの近況 ~ 新施設計画
by polarbearmaniac | 2016-05-12 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00
エストニア・タリン動物園の雄..
at 2017-06-16 23:55
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-06-15 23:55
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-14 23:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin