街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ロシア極東・オホーツク海岸、マガダン動物園で1938年から飼育されたホッキョクグマのシュトゥルマンの記憶

a0151913_2141469.jpg
シュトゥルマン Photo:gorozanin.livejournal.com
a0151913_207139.jpg
ロシア極東、オホーツク海に面した街であるマガダン(Магадан)といえばソ連史、特にスターリン時代に興味を持つものとしては強制収容所(ラーゲリ)が存在し、そしてさらにこの街から囚人たちがさらに奥地にある収容所に送られていった場所として知られています。このマガダンの周辺地域の強制収容所に送られる囚人たちは政治犯が多く、それも特に重い刑を受けた人々が多いということです。そういったことに関しては2014年5月16日の「ロシアNow」 の「マガダンの重い過去」という記事を御参照下さい。また、このマガダン近郊の強制収容所に入った体験のある人々が語っている映像(「神も泣く場所」~ マガダンの記憶)を下でご紹介しておきます。英語版です。



さて、かつてこのマガダン市の市立公園(Магаданский городской парк)の中にマガダン動物園(Магаданский зоопарк)という小さな動物園が1935年から1950年代の終わりまで存在していたそうです。この小さな動物園にはキツネや鹿など50頭ほどの僅かな数の動物たちが飼育されていたそうですが、1938年の冬からホッキョクグマがそれに加わったそうです。この動物園にホッキョクグマの幼年個体を持ち込んだのは一人の女性であり、彼女はパイロットが連れてきたホッキョクグマの赤ちゃんを譲り受けて最初は自宅で飼育していたそうです。そのパイロットというのはおそらく極北の地でホッキョクグマの赤ちゃんを見つけて連れてきたということだったようです。このホッキョクグマの名前はシュトゥルマン(Штурман)という名前だったそうですが、成長してきたため別の画家の男性が彼を引き取って最初は事務所で一緒に過ごし、そして後では彼を自宅に連れて行って一緒に生活したそうです。シュトゥルマンはこの画家の男性の飼っていた犬とも非常に仲良くなったそうですが、彼の体はますます成長して大きくなったために、この画家の男性はシュトゥルマンをマガダン動物園に連れて行ってそこで飼育してもらうことにしたそうです。それが1938年の冬だったということです。まさにあの独裁者スターリンの行った大粛清が猛威を振るっていた時代でした。

英BBC「スターリン、大粛清の内側(Stalin: Inside the Terror)

シュトゥルマンは非常に寂しがっていたようです。子供たちはこのホッキョクグマのシュトゥルマンに非常に興味を持って何人も集まってきたそうで、その後にプールのある新しい展示場がシュトゥルマンのために新設され、彼はそこで自由に泳げるようにもなったそうです。
a0151913_210012.jpg
シュトゥルマン Photo:gorozanin.livejournal.com

それからというものこの画家の男性は毎日動物園に行ってシュトゥルマンと会っていたとのことです。シュトゥルマンはこの動物園で非常に人気者となりマガダンの街の新聞などにも多く登場したとのことです。その後このマガダン動物園は1950年代の終わりに閉園となったそうですが、寒さの厳しい土地柄のため動物たちがその寒さに適応することが難しいと判断されたのが閉園の理由だったようです。ホッキョクグマのシュトゥルマンがその後どうなったかについては不明です。

さて、今年の3月にこのマガダン動物園はコルィマ動物園(Колымский зоопарк)という小さな触れ合い動物園に名前を変えて再オープンしたそうです。この動物園の開園を報じる地元TV局の映像を御紹介しておきます。



街の子供達には実際に動物を自分の眼で見る機会を与えてやりたいということで地元のNGOの呼びかけによってできた動物園だとのことです。この小動物園の管理をしているのは一人の農婦だそうで、これからいろいろと学習を重ねていきたいという意欲を見せています。現在は50頭ほどしか飼育されていないこの規模ではホッキョクグマの導入は到底不可能ですが、いつの日にか施設が拡充できれはホッキョクグマの戻ってくる日も夢ではないかもしれません。かつてこの街の動物園で飼育されていたシュトゥルマンというホッキョクグマがいたことを地元のマスコミがかつての時代を知る人々の記憶から引き出したのは有意義なことだったと思います。

(資料)
MagadanMedia (May.27 2016 - Зоологический уголок организовали в Магаданском городском парке 66 лет назад)
Livejournal (Nov.23 2012 - Магаданский парк. История в рассказах) (Dec.6 2012 - Магадан. Прогулки по Городскому парку (часть вторая))
Моя Родина — Магадан (Городской парк)
ロシアNow (May.16 2014 - マガダンの重い過去)
by polarbearmaniac | 2016-05-29 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-12 00:15
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2017-12-11 01:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-11 00:30
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2017-12-10 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-09 00:30
ベルリン動物公園でホッキョク..
at 2017-12-08 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-12-08 01:00
カナダ・マニトバ州チャーチル..
at 2017-12-08 00:15
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-07 00:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-07 00:15

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag