街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

大阪・天王寺動物園での「バフィン、モモとのお別れ会」開催について思う

a0151913_095010.jpg
バフィンとモモ(2015年7月14日撮影)

6月4日開催予定の「バフィン、モモとのお別れ会」、これは大変なことになってきましたね。



私は今年に入ってからこういったホッキョクグマの移動によって開催される催し物には行かなくなってしまったわけですが、今回もこの「お別れ会」は遠慮いたし、来週ちょっとだけ短時間、親子の様子を見て「大阪でのバフィン親子」という体験の自分なりの総括ができればなと思っています(行けるかな?)。この「大阪でのバフィン親子」というのは、いったいどういう親子だったのか、そして自分にとってはどういう意味を持っていたのかということを私なりに振り返って考えてみたいと思っています。「お別れ会」のイベントで何がどう進行したのか、イベントでの親子の様子はどうだったのか、そういったことを見ることは私がそういった自分なりのこの親子の大阪での姿についてのまとめを行うためには不可欠なことではないと思っています。また、今回の「お別れ会」は大阪(そして関西)の方々のための「大阪でのバフィン親子」とのお別れ会であって「バフィン、モモ」との一般的なお別れ会ではありません。ですから私のような関東の人間が大阪に出かけて行って折角の「お別れ会」に、たとえ私たった一人であっても混雑に拍車をかけるようなことはしたくないということです。
a0151913_011577.jpg
バフィンとモモ(2015年7月14日撮影)

今回の「お別れ会」は母親と娘との別れではありませんので比較的淡々とした想いでそれを迎える方々は多いと思います。こういう日が来るというのは全てわかっていたことですし、移動の発表からもう何日も経過しており、また「お別れ会」後も数日は親子はまだ大阪に留まっているわけですから気分的にはかなり楽だと思います。その点で言えば、札幌での過去の「お別れ会」、これは気分的に落ち込んでくるようなものでした。要するに私自身が納得のいかない「別れ」だったからです。そういった要素は少なくとも「バフィン、モモとのお別れ会」には少ないように思います。

(参考)イコロとキロルを送る会 (Feb.20 2010)
(Farewell to Ikor and Kiroru....!)


(参考)「マルルとポロロを送る会」(Mar.1 2014)
(Farewell to Marle and Porolo....!)


(過去関連投稿)
(*ララとアイラとの別れ - 2012年2月)
・再び小雪舞う日曜日夜の札幌へ
・アイラのララとの最後の月曜日 ~ 娘の間近の旅立ちをすでに完全に察知している母の姿
・アイラのララとの最後の火曜日 ~ 長い眠り、そして遊び...母娘一緒の残り少ない一日の様子
・アイラのララとの最後の水曜日 ~ 寒風吹く平凡な冬の日、母娘の平和な一日
・アイラのララとの最後の木曜日 ~ "Un bel dì, vedremo..."
・アイラのララとの最後の金曜日 ~ 時の流れゆくままに...
・アイラのララとの最後の土曜日 ~ Sternstunde für Lara und Aïra
・アイラのララとの最後の日曜日  ~ いってらっしゃい、アイラ!
・アイラの旅立ち ~ 一同を驚嘆させたアイラの超大物振り
・娘の去った日のララお母さんの寂寥感、そしてそれを超えて次なる希望への飛翔へ...
(*ララとマルル、ポロロとの別れ - 2014年3月)
・札幌・円山動物園での 「マルルとポロロを送る会」 ~ "Auf Flügeln des Gesanges..."
・ララお母さんとマルル、ポロロの最後の一日
・全てを察知し、全てを理解し、そして最後に全てを諦念で受け入れた偉大なる母、ララの姿
・マルルとポロロの札幌よりの旅立ち ~ いささかの心残り
・娘たちの去った日のララお母さん、心の葛藤、そして虚脱感、そして哀しさの片隅に希望への眼差し
(*クルミとミルクとの別れ - 2014年1月)
・冬の日の日本海と男鹿水族館、そして別れの迫ったクルミとミルクの母娘 ~ 感傷の存在しない爽やかさ
・クルミ、その特異なる母性へのオマージュ ~ 「母親」 たることを拒絶した、その逆説的母親像への敬意
・独立自尊のミルク、その涙無しの旅立ち ~ また釧路でお会いしましょう、お元気で!
(*ゲルダとシルカとの別れ - 2014年11月、2015年3月)
・ロシア・ノヴォシビルスク動物園のゲルダとシルカの母娘が本日突然永遠の別れ ~ ゲルダお母さんの動揺
・ロシア・ノヴォシビルスク動物園で別離したゲルダお母さんと娘のシルカの近況 ~ 母娘共に依然として動揺
・ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカがノヴォシビルスクを出発し空路モスクワへ ~ 日本への旅立ち
by polarbearmaniac | 2016-06-04 00:15 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin