街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

大阪・天王寺動物園のバフィンとモモが無事に浜松市動物園に到着 ~ 母娘、再び寝室で一緒になる

天王寺動物園 facebook(*天王寺動物園さんには申し訳なく思っていますが、見やすくフレーミングさせてもらいました。)

浜松市動物園(浜松市動物園協会)より発表(「バフィンとモモが無事に到着しました」)があり、大阪・天王寺動物園のバフィンとモモは午後4時半頃に無事に浜松市動物園に到着したとのことです。写真では幾分不明確ですが、この二頭はそれぞれ別の寝室があてがわれているようにも見えます(*後記 - 最新の公開された冒頭の動画ではバフィンとモモが一緒になっていますから、同じ寝室という理解でよいと思います。それはそうでしょう、別々の寝室というのは常識的には当初から想定自体が不能なわけですから。)(*後記2 - 翌日6月14日の様子を浜松市動物園が報告しています。こちらです。)浜松市動物園のホッキョクグマの寝室については以下の動画の最後の部分をご参照下さい。その後にどのような具体的改修がなされたのかはわかりません。

*浜松市動物園のバフィンとジェイソン(2007年)



下の映像は浜松市動物園のホッキョクグマ飼育展示場の様子です。ただしこれは2013年の映像で、先日の改修が具体的にどう行われたかについてはわかりません。登場しているのはキロルです。





もう一度、2011年のバフィンの大阪への移動に関するニュースを振り返っておきましょう。



(資料)
浜松市動物園 (Jun.13 2016 - 飼育員だより「バフィンとモモが無事に到着しました」)
浜松市動物園 (Feb.21 2010 - 「さようなら、ジェイソン」)

(過去関連投稿)
遠州・浜松の未亡熊を訪ねて
大阪・天王寺動物園のモモの将来のパートナーを考える ~ 「二大血統」の狭間で苦しい展開を予想
大阪・天王寺動物園のバフィン親子が6月に浜松市動物園へ移動することが発表される
生後僅か三ヶ月の娘と一緒にスウェーデンからオランダへ移動した母フギース ~ バフィン親子の先例
大阪・天王寺動物園、バフィンとモモの親子の浜松市動物園への移動作業はどう行われるのか?
大阪・天王寺動物園のバフィンとモモ、6月13日に浜松市動物園へ出発 ~ お別れ会は6月4日に開催
大阪・天王寺動物園での「バフィン、モモとのお別れ会」開催について思う
大阪・天王寺動物園で「バフィン、モモとのお別れ会」が開催される
バフィンの母親としての軌跡 ~ "So has Baffin been a nursing Polar Bear Mother"
by polarbearmaniac | 2016-06-13 18:20 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag