街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダのフリースラント・アクア動物園にデンマークのスカンジナヴィア野生動物公園からネヌが到着

a0151913_17511976.jpg
ネヌ (Nanu) Photo(C)Skandinavisk Dyrepark

すでに今月初めに投稿していましたがオランダ北部・フリースラント州のレーワルデン(Leeuwarden)にあるフリースラント・アクア動物園(AquaZoo Friesland)がホッキョクグマを新規に導入する計画が進められ、オランダとデンマークからそれぞれ一頭の雄の個体が移動してくるということが発表されていましたが、一昨日の6月24日にデンマークのスカンジナヴィア野生動物公園から3歳半になっている雄のネヌ(Nanu)が無事にフリースラント・アクア動物園に到着したニュースが報じられています。その到着の様子を地元TV局が報じていますのでご紹介しておきましょう。



さて、この3歳の雄のネヌの移動についてスカンジナヴィア野生動物公園はSNSサイトにて、これは欧州の繁殖計画(EEP)による移動(つまりEAZAのコーディネーターによる調整)であることを明らかにしていますが、しかしネヌは3歳であり通常でいけば欧州内の雄(オス)の幼年・若年個体の集中プール基地であるイギリスのヨークシャー野生動物公園に移動するはずなのですが、いきなりこのオランダのフリースラント・アクア動物園に移動となっているのが少々理解しにくい点なのです。フリースラント・アクア動物園は雌(メス)の若年個体の導入を図っており、それがどの個体になるかはわかりません。今までの欧州のやり方からすれば今回のネヌの移動はかなり変則的な移動であり、その実際の意味するところについてはもう少し見守りたいと思います。実に注目すべき状況となっています。3歳の雄のネヌのパートナーは、欧州内の雌の幼年・若年個体の集中プール基地である同じオランダのエメン動物園から来るのではないということを意味しているように思うからです。

スカンジナヴィア野生動物公園では、遂にネヌとヌノの双子に別れの時がやってきたということです。イルカお母さんは当面は残った雌のヌノと一緒に暮らすようです。また、このフリースラント・アクア動物園にはもう一頭、同じオランダ・レネンのアウヴェハンス動物園から14歳の雄のフェリックスも移動してくるのですが、彼の到着は水曜日となるそうです。今日26日のアウヴェハンス動物園でのフェリックスの様子も地元TVが報じていますのでご紹介しておきます。途中でフリーダム親子やフギースの姿も映っていますし、再びフリースラント・アクア動物園でのネヌの到着の様子も映っています。



(資料)
Omrop Fryslan (Jun.25 2016 - IJsbeer komt aan in Leeuwarder dierentuin AquaZoo) (Jun.26 2016 - Us dieretún fan 26 juny 2016 17:30)

(過去関連投稿)
オランダ・レーワルデンのフリースラント・アクア動物園(AquaZoo Friesland)に移動する二頭

(*以下、ネヌとヌノの双子関連)
デンマーク ・ コリンのスカンジナヴィア野生動物公園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
デンマーク のスカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃんの産室内映像を地元TV局が公開
デンマークのスカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃんの生後70日目の映像が公開
デンマークのスカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、産室内で歩行する ~ 生後74日目の映像
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、生後79日目の映像が公開
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、生後87日目の映像が公開
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、遂に戸外へ!
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で昨年11月誕生の双子の赤ちゃんの近況 ~ 凛々しい顔立ち
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で春の陽光を浴びるイルカお母さんと、お行儀の良い双子ちゃん
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園の双子の赤ちゃんの近況を伝える地元のTV局の番組
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で進行中の2つのドラマ ~ イルカ親子、そしてシークー
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でのイルカお母さんと双子の赤ちゃんのライブ映像の配信開始
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園の双子の赤ちゃんたちの近況
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園のホッキョクグマたちの織りなす多彩なドラマ
デンマーク・コリンのスカンジナヴィア野生動物公園の双子の成長 ~ お行儀の良さは環境の良さが原因?
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園のイルカお母さんの双子の性別と名前決定 ~ 雄がネヌ、雌はヌノ
(*シークー、ネヌ、ヌノの同居関連)
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でのシークーとネヌ、ヌノの同居 ~ ドキュメンタリー番組より
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でのネヌ、ヌノ、シークー、そしてイルカお母さんの同居の近況
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園のシークー、ネヌ、ヌノとイルカお母さんの近況
by polarbearmaniac | 2016-06-26 18:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45
ペルミ動物園訪問三日目 ~ ..
at 2017-07-18 03:30
カナダ・ウィニペグのアシニボ..
at 2017-07-18 03:15
アンデルマとユムカ(ミルカ)..
at 2017-07-17 03:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin