街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

大阪・天王寺動物園でシルカへの暑中見舞いイベントが開催 ~ 誕生園に故シロ園長の名前が付冠決定



シルカへの暑中見舞いイベントが本日開催されたそうです。その様子は以下でご覧下さい。

The Summer Greeting Feast for Shilka the polar bear at
Tennoji Zoo, Osaka, Japan, on Jun.26 2016.


イベントの内容については特記すべきことはありません。ただしイベントの中で担当飼育員さんはゴーゴがいつ帰還するかは決まっていないと話していらっしゃいますし、シルカは5歳頃までこういった形で単独飼育していくらしい方針のように話していらっしゃいますが、それまでの間、ゴーゴは繁殖のために白浜から別の場所に出張しようにも行く場所がないわけです。ゴーゴを繁殖に活用しようにも「相手」と「場所」がありません。つまり日本のホッキョクグマ界はほぼ「行き止まり」の状態なのです。横浜のジャンブイを鹿児島に「追放」して(あるいは愛媛に移動させてバリーバと「復縁」させて)、ゴーゴを横浜に連れてきてツヨシとの間のペアリングを狙う....ゴーゴを活用するにはこれしかありません。いやいや、奇手だったらまだまだあります。ジャンブイ「横浜追放」後に旭川のイワンを横浜に連れてきてツヨシと組ませ、ゴーゴを旭川に移動させてピリカと組ませる....これです。しかしこれをやるのだったら最初からツヨシを釧路から旭川に移動させれば済む話でした。神戸のみゆきを帯広に移動させて帯広のアイラを神戸に移動させ、そしてゴーゴを神戸に移動させてアイラと組ませる.....しかし神戸には繁殖実績がありません。神戸のみゆきを札幌に移動させて余生を暮らしてもらい札幌のキャンディを豊橋に戻し豊橋のチャッピーとクッキーを揃って神戸に移しゴーゴを豊橋に移動させてキャンディとの間でペアリングを狙う.....しかし豊橋には繁殖実績がありません。こういった無理に無理を重ねた組み合わせならばゴーゴを活かすことは可能ですが、ゴーゴを活用するためだけに、これだけの無理が必要でしょうか? ゴーゴを日本のホッキョクグマ界でもっと活用させたいというかねてからの担当飼育員さんのお気持ちは非常によく理解できるのですが、では現実にどうするのかということを考えてみれば実は非常に難しいわけです。日本のホッキョクグマ界では「ララ/デナリ」のペアは別格の存在ですから脇に置いておき、ではあとの「豪太/クルミ」「キロル/ミルク」「カイ/ポーラ」「イコロ/デア」「ロッシー/ヴァニラ」「ホクト/ユキ」....こういったペアを一時的に「引っ剥がしてゴーゴが割って入る」以外にゴーゴを活用する道はありません。しかし無理でしょう。あとゴーゴに残された可能性はキャンディとかツヨシとかいったような「浮遊体」みたいな雌を相手にするということなのですが、場所がありません。つまり結果的にはゴーゴはあと数年間は白浜に留まってオホトの年齢を気にしながら暮らしていくしかないでしょう。あとは、札幌の円山動物園が自園所有の豊富な数の雌(メス)の若年個体を交渉カードにして海外から雄(オス)の個体を複数頭導入できるかが日本のホッキョクグマ界の起死回生の一手となりうるかが問題ですが、楽観視はできません。
a0151913_344514.jpg
故ラスティスラフ・シロ園長 Photo(C)Новосибирский зоопарк

それから、このシルカの生まれたノヴォシビルスク動物園の園長を長く務め4月に亡くなったラスティスラフ・シロ (Ростислав Шило) 氏の功績をたたえ、6月26日にノヴォシビルスク市長であるアナトリー・ローコチ (Анатолий Локоть)氏は、ノヴォシビルスク動物園の名前に故シロ氏の名前を冠することにすることを市評議会が満場一致で決定したことを発表しました。おそらく「ラスティスラフ・アレクサンドロヴィチ・シロ記念 ノヴォシビルスク動物園」という正式名称になるはずです。多分ロシア語では "Новосибирский зоопарк имени Ростислава Шило" 、あるいは、"Новосибирский зоопарк имени Р.А.Шила" となるでしょう。

このように過去の偉大な人物の名前を冠することはロシアではよく行われます。たとえば他の動物園の例を挙げればハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)の正式な名前は「シソーエフ記念 プリアムールスキー動物園 (Зоосад Приамурский имени В.П. Сысоева)」です。また、有名なモスクワ大学の正式な名称は「ロモノーソフ記念 モスクワ国立大学 (Московский Государственный Университет имени М.В. Ломоносова)」です。モスクワ芸術座の正式名称は「チェーホフ記念 モスクワ芸術座 (Московский Художественный театр имени А. П. Чехова)」です。そういったことでノヴォシビルスク動物園はおそらく日本語では「シロ記念 ノヴォシビルスク動物園」、あるいは通称で今まで通りそのまま単に「ノヴォシビルスク動物園」そういった形でよいと思います。

(資料)
あべの経済新聞 (Jun.27 2016 - 天王寺動物園に天神祭ギャルみこしメンバー ホッキョクグマに魚プレゼント)
Новосибирские новости (Jun.26 2016 - Новосибирскому зоопарку присвоили имя Ростислава Шило)
Сиб.фм (Jun.26 2016 - Новосибирский зоопарк получил имя Ростислава Шило)

(過去関連投稿)
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシロ園長逝く ~ シルカ来日に貢献したロシア動物園界の重鎮の死
ロシア・ノヴォシビルスク動物園に最後のお別れに戻ってきた故シロ園長、そして市民との最後の別れ
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のオイゼビウス(仮称)の正式命名が後日行われる予定となる
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカが大阪・天王寺動物園へ! ~ 「ロシア血統の闇」の深淵を覗く
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカ (Шилка Красиновна) の偉大で華麗な血族たち
「ロシア血統の謎」に迫る(1) ~ ラスプーチン、ゲルダ、血統番号2893個体の三頭の謎を追う
by polarbearmaniac | 2016-06-27 00:15 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-19 23:45
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin