街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・デトロイト動物園に移動した29歳のタンドラが元気に飼育展示場に姿を見せる

a0151913_10343895.jpg
デトロイト動物園でのタンドラ Photo(C)Jennie Miller/Detroit Zoo

二週間ほど前の投稿でご紹介していましたが、アメリカ・インディアナ州のインディアナポリス動物園がホッキョクグマの飼育展示場を閉鎖し、ホッキョクグマの飼育から撤退することになったため同園で一頭で飼育されていた29歳の雌であるタンドラ(Tundra) がミシガン州のデトロイト動物園に移動することとなったわけでした。そのタンドラは先週末にデトロイト動物園に到着し、昨日の月曜日に初めて同園の飼育展示場である "Arctic Ring" に元気にその姿を見せました。そのタンドラの姿を御紹介しておきます。



29歳もの年齢となって住み慣れたインディアナポリス動物園から移動せざるを得なかったタンドラですが、上の映像を見ると非常に堂々としていて悠然とした態度で飼育展示場を探索している姿は素晴らしいと思います。現在デトロイト動物園には11歳の雌のタリーニと雄のヌカというペアがいるわけですが、上の映像では多分タリーニと思われるホッキョクグマの姿も映っていますので、うまく共存していくことができると思います。タンドラにとっては素晴らしい環境のデトロイト動物園がその余生を過ごす場所となったわけです。

(資料)
Detroit Free Press (Jun.28 2016 - Elderly polar bear roams new home at Detroit Zoo)
MLive.com (Jun.28 2016 - New Detroit Zoo polar bear makes self at home on warm summer's day)
Michigan Radio (Jun.28 2016 - The Detroit Zoo has a new polar bear named Tundra)
WXYZ (Jun.28 2016 - Meet Tundra! The Detroit Zoo's new polar bear is getting familiar with her new home)
Indianapolis Star (Jun.28 2016 - Polar bear Tundra roams new home at Detroit Zoo)

(過去関連投稿)
アメリカ・インディアナポリス動物園がホッキョクグマ飼育から撤退 ~ 29歳のタンドラはデトロイト動物園へ
by polarbearmaniac | 2016-06-29 10:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin