街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロが逝く ~ アルゼンチン最後のホッキョクグマの死

a0151913_02427.jpg
アルトゥーロ (Белый медведь Артуро)
Photo(C)Los Andes

アルゼンチンのメンドーサ市の7月3日付けの発表によりますと、同好のメンドーサ動物園で飼育されていた30歳の雄のホッキョクグマであるアルトゥーロ (Arturo) が7月3日の午後に亡くなったとのことです。彼の健康状態は先月中旬頃から「低空飛行」を続けていたわけで、その件については「アルゼンチン・メンドーサ動物園の30歳のアルトゥーロが衰弱の兆候を示し懸念高まる」という投稿でご紹介していました。彼の死の日は近いと覚悟はしていましたが、やはりその日が来てみると寂しく感じます。死因は血行障害が引き起こした多臓器の代償障害だそうです。先週の金曜日から医療チームはアルトゥーロに完全につきっきりで懸命に治療に集中したものの、病状の悪化は非常に急速だったとのことです。安楽死という手段はとられなかったものの、アルトゥーロは安らかな状態で亡くなったことを医療チームは語っています。TVニュースをご紹介しておきます。







このアルトゥーロの余生をカナダで過ごさせてやろうという運動が数年前に持ち上がっていたわけで、その運動の経緯については全て過去関連投稿をご参照下さい。私としては可能な限り詳しくこの問題を追いかけてきたつもりです。こういった運動がなされていることを勿論このアルトゥーロは知るすべもなかったわけですが、そういった運動と併行してメンドーサ動物園は彼の飼育環境を向上させようとしていたことは事実です。そしてかなりそれに成功していたわけで、彼が「世界で最も悲しいホッキョクグマである」といったような、写真や映像による一連の印象操作を行ってきた保護活動家グループやマスコミによる評価は全く当たらないと考えます。
a0151913_0314947.jpg
Photo(C)La Nacion

謹んでアルトゥーロの冥福を祈ります。本当に長い間ご苦労様でした。

(*追記)以下、地元のメンドーサのTV局のニュース番組ですが、アルトゥーロがメンドーサ動物園に到着した日の映像、パートナーであったペルサとの映像など、過去の非常に貴重なシーンが挿入されていて興味深いです。



(資料)
Mendoza Gobierno (Jul.3 2016 - Falleció el oso polar Arturo)
La Nacion (Jul.3 2016 - Murió en Mendoza el oso polar Arturo)
Clarín.com (Jul.3 2016 - Murió Arturo, el oso polar del zoológico de Mendoza)
Los Andes (Jul.4 2016 - Murió Arturo, el último oso polar del zoo de Argentina)

(過去関連投稿)
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のペルサ逝く
アルゼンチン・ブエノスアイレス動物園のウィネル、真夏の気温上昇による高熱症で亡くなる
南米アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロ ~ 同国唯一となったホッキョクグマの健康への配慮
カナダ・アシニボイン公園動物園がアルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロを引き取る交渉を開始
アルゼンチン・メンドーサ動物園がアルトゥーロの引き取りについてのカナダ側の申し出を断る
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロのカナダ移送に現実味 ~ カナダ側の獣医チーム受け入れ
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロのカナダ移送が不可能となる ~ “The case is closed.”
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロ、同園に留まることが決定 ~ 専門家会議の結論出る
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロの近況  ~ 動物園の情報発信不足が憶測を呼ぶ
アルゼンチン・メンドーサ動物園のアルトゥーロについてグリーンピースがメディアキャンペーンを始める
アルゼンチン・メンドーサ動物園の30歳のアルトゥーロが衰弱の兆候を示し懸念高まる
アルゼンチン・メンドーサ動物園の30歳のアルトゥーロの健康状態が重大な局面となる
by polarbearmaniac | 2016-07-04 23:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-09-16 06:00
とくしま動物園のポロロの充実..
at 2017-09-15 03:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag