街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園のシモーナ親子の近況と双子の移動先 ~ 次世代の血統面を無視すれば札幌は有り得るが...

a0151913_20273665.jpg
シモーナ親子 Photo(C)Московский зоопарк

一昨年2014年の11月10日にモスクワ動物園でシモーナお母さんから誕生した雄と雌の双子ですが、ロシアの動物園には珍しく親子の同居はすでに二年目に入っています。こういったことはシモーナが前回2011年11月に三つ子を出産した際にやはり親子同居の二年目があったぐらいでしょう。前回の三つ子の時にはシモーナへの負担を考えてロシアでは異例の三年サイクルの繁殖が採用され、その結果としてシモーナは2014年11月にこの双子を出産したということになります。今回も結局は次に繁殖までは三年サイクルが採用されているわけですが、これが当初から狙っていたことかと言えば、どうもそうではないらしい形跡もあります。今年2月の「モスクワ動物園、シモーナ親子の「国際ホッキョクグマの日」 ~ 雄雌の双子は近々国外の動物園へ」という投稿の中でご紹介したモスクワ動物園の飼育主任の方の発言では、双子は間もなく国外に移動するということになっていたからです。ところが現在に至るまでこの双子は母親であるシモーナと同居しているというのは、何かの方針変更があったものと思われます。モスクワ動物園が公開した最新のこの親子の映像をご紹介しておきます。さすがに丁々発止としたこの親子の様子がご覧いただけます。やはり母親であるシモーナを中心とした親子の関係は変化に富んでいておもしろいわけです。それから御注目いただきたいのは、この双子はもう完全に「ロシアのホッキョクグマ」という体型をしている点です。



私は昨年の秋にロシアの地方紙の報道内容から推察して、この双子のうち雌はペンザ動物園、雄はシベリアのバルナウル動物園に移動する可能性が高いと判断していたわけですが、ペンザ動物園に関しては秋にもホッキョクグマの新飼育展示場が完成する予定になっていたはずで、やはりこの双子がまだシモーナと暮らしているということは、双子の雌(メス)はペンザ動物園に移動して野生出身の雄(オス)のベルィのパートナーになるのではないかと依然として推察しています。一方、双子の雄(オス)についてはなんとも言えません。シベリアのバルナウル動物園の園長さんが昨年の秋にホッキョクグマの導入計画を発表したことで地元は大いに盛り上がっているようですし、バルナウルはノヴォシビルスクに近いためにノヴォシビルスクのファンの方々もバルナウルに行ってみたいという方がいらしゃるようで、やはり非常に期待が大きいようです。ところが今年の2月にバルナウル動物園の園長さんは、「ホッキョクグマはいつ来るのですか?」という期待に膨らむ市民の声に対して、「EARAZA(ユーラシア地域動物園水族館協会)にホッキョクグマ購入の申請を行い、その際には飼育展示場の写真などを添付し、EARAZAの許可が下りなければホッキョクグマの導入はできず、それも順番待ちという状態となるのでホッキョクグマの導入は一年間でできるような問題ではない。」と非常に慎重な言い回しに変わってしまいました。私が思うのには、おそらくバルナウル動物園の飼育展示場には問題があってEARAZA(すなわちモスクワ動物園)が飼育許可を出さなくなってしまったのではないかと考えています。そうなるとこの双子のうちの雄はバルナウル動物園ではなく欧州のどこかの動物園に移動するのではないかという気もします。

すでにいろいろとここでも述べてきましたが、今までのようにホッキョクグマはロシアから金銭で購入すればよいといった時代ではなくなっているわけで、移動先(売却先)におけるパートナーの存在、そして飼育環境の問題をEARAZA(つまり事実上はモスクワ動物園)は問題にしてきているわけです。それがノヴォシビルスク動物園の故シロ園長がシルカを金銭面で最も有利に単純売却しようという最初の意図をEARAZAの横槍によって修正せざるを得なくなってしまった(つまり、シルカの移動先の動物園にはシルカのパートナーとなる雄の個体の存在が不可欠であることを故シロ園長はEARAZAから「繁殖計画」の名目で必要条件として付きつけられ、金銭的では有利な条件をノヴォシビルスク動物園に提示していたはずの複数の中国の動物園が全て脱落し、ゴーゴを有していた大阪が移動先として決定的に有利になった)という一連の経緯に見て取れるわけです。ロシアから中国へのホッキョクグマの移動はここのところピタリと止まっています。つまり、中国の地方の大都市の動物園がいくら金を積んでもロシアからホッキョクグマを購入できなくなっているということです。中国ではホッキョクグマは展示消耗品にしかすぎず繁殖などという観念は希薄であり、従って「繁殖計画」などあるはずもないわけで、つまり購入個体のパートナーの存在を提示できないのです。こうして「ホッキョクグマの市場価格」という概念はほぼ消滅してしまったわけです。
a0151913_6362553.jpg
モスクワ動物園の雄と雌の双子 
Photo(C)Московский зоопарк/Лариса Кибардина

札幌・円山動物園がモスクワ動物園に話を持って行っていれば、このシモーナの双子のうちの雄(仮称「ポリちゃん」)の購入はいとも簡単(だった)でしょう。ノヴォシビルスク動物園で現在ゲルダお母さんが育児を行っているロスチクの導入も、札幌市の市長が姉妹都市であるノヴォシビルスクのローコチ市長経由で話を持って行けば実に簡単でしょう(ローコチ市長というのはノヴォシビルスク市と日本との繋がりを求めている方のようです)。アイラ、マルル、ポロロ、リラと、「ポリちゃん」やロスチクのパートナー候補となり得る雌(メス)の個体を札幌市は四頭も有しているのです。しかも札幌市は資金力も豊富です。かつ、アイラ、マルル、ポロロ、リラというのはロシア血統とは何の血の繋がりもないという優位性があります。

しかし日本国内での今後の世代の血統を考慮すれば円山動物園がモスクワ動物園(あるいはノヴォシビルスク動物園)からの雄の個体の導入を行うことは決して好ましくないでしょう。しかし好ましくなくても少なくとも現在は血統上の関係はないからパートナーにしてもよいという考え方は、やはりあり得るでしょう。現在すでに日本のホッキョクグマ界はルビコン川を渡っており、「ロッシー/ヴァニラ」、「ゴーゴ/シルカ」は血統上の繋がりがありますから、これらに比べれば「ポリちゃん(仮称)」やロスチクを血統的には無関係のマルルやポロロやリラのパートナーにすることは全く問題はない、いやむしろ好ましいという考え方は十分有り得るのです。 次世代におけるペアの組み合わせに繁殖の血統上の問題が生じたにせよ、ともかく現在の世代(つまりアイラ、マルル、ポロロ、リラ)がまず問題であり、その次の世代は「後は野となれ山となれ」といった考え方は、現在の日本のホッキョクグマ界に関するならば有り得る考え方だとも言えるのです。しかしどうでしょうか、次世代は深刻な問題となることは事実なわけです。私はシモーナの息子の「ポリちゃん(仮称)」もゲルダの息子のロスチクも、その札幌導入にはやはり到底賛成できません。しかし有り得る考え方であることだけは認めます。何故なら「ポリちゃん(仮称)」やロスチクとアイラ、マルル、ポロロ、リラは全く血の繋がりがないからです。モスクワ動物園のシモーナは、彼女の第一子であるイワン(旭川)については彼女の経験不足による「失敗作」なのではないかと思いますが、しかし現在の彼女の世界最高ともいえる熟練した育児能力によって育てられた子供たちについては、私はその姿を日本で見てみたいという気持ちはあります。あくまで一般論としての話ではありますが。

ロシア・第一チャンネルで今年の二月にTVで放送された「モスクワ動物園の舞台裏 ("Закулисье Московского зоопарка"」、及び2014年に中央テレビ放送された「モスクワ動物園の動物たちと担当者の仕事」("Киперы Московского зоопарка читают посетителям лекции о животных")という短い番組をご紹介しておきます。





(資料)
ПолитСибРу (Feb.17 2016 - Когда в Барнаульском зоопарке появится белый медведь?)
Московский зоопарк (Белые медведи)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 出産はシモーナが濃厚、ムルマも出産したか?
モスクワ動物園で誕生の双子の赤ちゃんが戸外へ初登場! ~ 「大本命」シモーナの貫録
モスクワ動物園のシモーナ親子のお披露目の日の姿 ~ シモーナの貫録と安定感、そして大らかさ
モスクワ動物園の飼育主任エゴロフ氏の語るシモーナとムルマ ~ 幼年個体の単純売却は行わない方針へ
モスクワ動物園のシモーナお母さんと双子の赤ちゃんの近況 ~ 同園の自然体の姿勢
モスクワ動物園のホッキョクグマ飼育展示場から、遂に待望のライブ映像配信が開始!
モスクワ動物園のシモーナ親子、そしてウランゲリとムルマの近況について ~ 不満のライブ映像配信
モスクワ動物園・休園日の月曜日のシモーナ親子、ウランゲリ、ムルマの姿を捉えた長時間映像
モスクワ動物園の双子が間もなく一歳となる ~ 聞こえてこない移動先
ロシア・西シベリア、バルナウル動物園が狙うホッキョクグマ飼育展示への新規参入 ~ 可能なのか?
モスクワ動物園のシモーナの双子が一歳となる ~ 双子のうち雌が来年にペンザ動物園へ移動か?
モスクワ動物園のシモーナお母さんと双子の子供たちの近況 ~ 双子の移動は間近か?
モスクワ動物園、シモーナ親子の「国際ホッキョクグマの日」 ~ 雄雌の双子は近々国外の動物園へ
(2015年8月 モスクワ動物園訪問記)
シモーナお母さん、今回も本当に御苦労様です、双子の赤ちゃん初めまして!
モスクワ動物園の双子の赤ちゃんの性別を予想する ~ 「雌(f)/雌(f)」か「雌(f)/雄(m)」か?
シモーナ、偉大なる母のその素顔 ~ より一層洗練され磨きがかかった世界最高の育児技量
モスクワ動物園二日目 ~ 連日の好天の下でのシモーナ親子の日常の姿
モスクワ動物園三日目 ~ 快晴の土曜日のモスクワ動物園に勢揃いした主役たち
ウランゲリ(旭山動物園イワンの父)、その省力化された生活が生み出す持久力のある活躍ぶり
ムルマ(男鹿水族館、豪太の母)、その最後の繁殖を狙おうとするモスクワ動物園
モスクワ動物園四日目 ~ ウランゲリとムルマの相互不干渉の同居
シモーナお母さんと双子の赤ちゃんとの関係
雪ちゃん(仮称)とポリちゃん(仮称)は果たして雌(メス)の双子か? ~ 瓜二つの外見と行動
モスクワ動物園五日目 ~ ムルマ(豪太の母)とウランゲリ(イワンの父)はやはり相性が悪い?
シモーナお母さんと雪ちゃん(仮称)とポリちゃん(仮称)の双子の様子 ~ 今日のアルバムより
(2015年9、10月 モスクワ動物園訪問記)
モスクワ動物園六日目 ~ 一か月後のシモーナ親子の変化を探る
シモーナ(Белая медведица Симона)、偉大なる母親としてのその素顔
ウランゲリ(Белый медведь Врангель)の憂鬱 ~ ムルマとの微妙な関係
ムルマ(Белая медведица Мурма)の置かれた苦境 ~ ウランゲリとの微妙な関係
モスクワ動物園七日目、今日のアルバムより ~ 子供たちの活動とテンポが合うシモーナの優秀さ
モスクワ動物園八日目、今日のアルバムより ~ 秋に見せるホッキョクグマたちの表情
モスクワ動物園九日目、今日のアルバムより ~ 寒風晴天下のホッキョクグマたち、そして驚きの解題
シモーナ(Белая медведица Симона)、その心に染み入るような美しさを放つ母性
by polarbearmaniac | 2016-07-07 23:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin