街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園のコンラッドが亡くなる ~ 31歳での双子の別れ

a0151913_10292065.jpg
コンラッド Photo(C)Michael Durham/Oregon Zoo

いかに高齢だったとはいえ、本当に悲しいニュースです。アメリカ・オレゴン州ポートランドのオレゴン動物園が昨日付けで発表したところによりますと、同園で飼育されていた31歳の雄のホッキョクグマのコンラッドが昨日7月21日に肝臓の腫瘍が原因で安楽死という処置でこの世を去ったそうです。

実は今週の火曜日の7月19日午前に地元TV局がオレゴン動物園のホッキョクグマ飼育展示場からの中継を行っていてホッキョクグマの紹介とか新園長へのインタビューを行っているのですが、その中継映像になんとコンラッドの元気な姿が映っているのです。それを下にご紹介しておきます。手前側の水に入っているのがコンラッドです。これが彼が亡くなる2日前の姿なのですが、ということは彼の体調はこの火曜日午前の後に急速に悪化したということなのでしょうか? ともかく、これがコンラッドの生前最後の姿であるといって間違いないでしょう。



コンラッドは5月に非常に大きな腫瘍があることが判明していたため、同園の主任獣医さんは彼が高齢であることを考慮して手術などは行わなかったそうで、「対処療法」的な治療をしたようです(発表の内容では明確にしていませんが投薬治療などを行ったのでしょうか?)。しかし彼の健康状態はいかんともしがたく、一昨日の水曜日にはこういった「対処療法」の継続は不可能であると主任獣医さんが判断し昨日安楽死という方法が採られたということでした。同園がアップしたコンラッド追悼の映像をご紹介しておきます。



このコンラッドは同じく同園で飼育されている雌のタサルとは双子の兄妹でした。こうしてこの双子は生まれてから31年して別れの時が来たわけです。このコンラッドとタサルについては過去関連投稿を是非ご参照下さい。
a0151913_10355825.jpg
コンラッド Photo(C)Michael Durham/Oregon Zoo

謹んで心よりコンラッドの死に哀悼の意を捧げます。本当に長い間ご苦労様でした。安らかに....。 「コンラッドとタサルの双子兄妹」、それはまさに「美しき伝説」としての存在だったわけです。

(*追記)オレゴン動物園はこのコンラッド(そして彼と双子のタサル)が全米で最高齢のホッキョクグマであると述べていますが、それは事実ではありません。フィラデルフィア動物園のコールディロックスとサンフランシスコ動物園にウウルの二頭はすでに35歳となっているからです。「アメリカ・フィラデルフィア動物園のコールディロックスが元気に35歳となる ~ 全米最高齢のホッキョクグマ」、及び「アメリカ・サンフランシスコ動物園のウウル(推定35歳)の健康維持に細心の配慮を行う同園」という投稿をご参照下さい。

(資料)
Oregon Zoo (Jul.21 2016 - Beloved polar bear Conrad is euthanized at Oregon Zoo)
KVAL (Jul.21 2016 - Oldest polar bear in North America euthanized at Oregon Zoo)
KOIN.com (Jul.21 2016 - Beloved Oregon Zoo polar bear dies at 31)
OregonLive.com (Jul.21 2016 - Conrad, beloved Portland polar bear, dead at age 31)
KGW.com (Jul.17 2016 - Drew meets harbor seals and polar bears) (Jul.21 2016 - Conrad the polar bear euthanized at Oregon Zoo)

(過去関連投稿)
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園のコンラッドとタサル ~ 別離なき永遠の双子兄妹
アメリカ・ポートランドのオレゴン動物園が麻酔を使用せずにホッキョクグマの血液サンプル採取に成功
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園のタサルがホッキョクグマの生態研究に協力
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園で29歳となった双子のコンラッドとタサルの「雪の日」
アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園の双子兄妹のコンラッドとタサルの近況 ~ 新施設計画
アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園の双子兄妹コンラッドとタサルが元気に共に30歳となる
アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園の「国際ホッキョクグマの日」のコンラッドとタサルの姿
アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園のコンラッドとタサルの双子が31歳となる
by polarbearmaniac | 2016-07-22 10:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag