街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

中国・吉林省、長春動植物公園のサムソン(吉极)の近況 ~ 室内飼育への批判が生じる

a0151913_21163031.jpg
サムソン(吉极)(2015年) Photo(C)sight/chang

ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園で2009年11月10日にあの女帝ウスラーダから雄の双子の一頭として誕生したのがサムソンです。つまりこのサムソンはノヴォシビルスク動物園のクラーシン(カイ)と日本平動物園のピョートル(ロッシー)という双子兄弟の次に誕生したウスラーダの双子の息子たちのうちの一頭ということになります。もう一頭は北京動物園のサイモンです。冒頭の写真はサムソンの最近の写真ですがノヴォシビルスク動物園のクラーシン(カイ)に非常によく顔が似ていることがわかります。
a0151913_21172632.jpg
サムソン(2015年) Photo(C)今日头条

さて、このサムソンは2010年の10月に生まれ故郷のサンクトペテルブルクを旅立ち韓国(南朝鮮)のソウル動物園に移動したわけです。私は彼がまだサンクトペテルブルクで母親であるウスラーダと暮らしていた時代の2010年4月に現地で会っており、また彼がソウル動物園に移動した後の2011年3月にソウルで再会しています。それらについては過去関連投稿をご参照下さい。このサムソンですが、2011年の8月に今度は何と中国・吉林省の長春動植物公園に移動してしまったわけでした。いったい韓国(南朝鮮)と中国との間でどんな事情があったのかは知る由もありません。しかし所有権の移転があったことは明らかで、そうなるとソウル動物園が彼を中国に売却したのか、あるいは他の動物との交換だったのかのどちらかでしょう。このサムソンの長春動植物公園での2011年、2012年の映像をご紹介しておきます。





長春動植物公園でのサムソンの暮らしについて最近地元では、いくら気温の調整がなされているとはいえ室内で飼育されているホッキョクグマは不幸であるという声も出てきているようです。これは前日の投稿である「中国・広東省、広州市の世界からの批判を浴びる「広州市正佳極地海洋世界のホッキョクグマ」の謎」でもご紹介した通り、ホッキョクグマが陽光や外気を浴びない室内でだけ飼育され、しかもその飼育展示場が狭い場合に特に批判を受けるといた最近の傾向がそのままこの長春動植物公園のホッキョクグマ飼育展示場についても言われ始めているということなのです。
a0151913_21174915.jpg
サムソン(2015年) Photo(C)今日头条

このサムソン(吉极)というのは非常に愉快なホッキョクグマだったわけですが、現在もそういった性格と行動を見せているかについてはよくわかりません。個人的な印象ではこのサムソン(そして彼の双子の兄弟である北京動物園のサイモン)は、彼のすぐ上の兄弟であるクラーシン(カイ)とピョートル(ロッシー)以上に反応が鋭敏であり、全体的にも優れた個体なのではないかと思っています。

(資料)
新华网 (Sep.25 2011 - 长春动植物园新引进北极熊将于十一期间首次亮相)
东亚经贸新闻 (Aug.13 2011 - 长春动物园引入韩国北极熊 住空调房吃鸡牛鱼肉)
今日头条 (Nov.5 2015 - 实拍长春入冬后 动物园里萌萌哒的宝宝们!)
今日头条 (Jun.5 2016 - 长春动植物园里的北极熊太遭罪)
知乎 (Jul.6 2016 - 如何看待长春动植物公园虐待北极熊的传闻?)

(過去関連投稿)
ロッシーがお兄さんになった! ― ロシア・レニングラード動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
サンクトペテルブルクの動物園で昨年11月に生まれた赤ちゃんの近況
サンクトペテルブルクの動物園で昨年末に誕生した赤ちゃんが産室を出た!
サンクトペテルブルクの動物園の双子の赤ちゃん(ロッシーの弟たち!)の一般公開の動画映像
ロシア・サンクトペテルグルクの動物園で昨年暮れに生まれたツインズの最新の映像 (3月20日)
モスクワとサンクトペテルブルクの赤ちゃんの最新画像
ロシア・サンクトペテルブルクのツインズ別離の時来る ~ 1頭がモスクワ動物園へ!
ロッシーの弟が韓国・ソウル動物園へ! ~ レニングラード動物園に残るツインズの1頭の移動決定
サンクトペテルブルクからソウルに旅立つサムソンの映像
韓国・ソウル動物園のサムソン、元気な姿を来園者に披露
ソウル動物園のサムソンが中国の長春動植物公園へ移動!
中国・長春動植物公園のサムソン、遂に一般公開へ
中国・吉林省、長春動植物公園のサムソンの近況
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿
(*2010年4月 レニングラード動物園訪問記)
はじめまして、ペテルブルグのツインズちゃん!
サンクトペテルブルクのツインズ五態
ウスラーダお母さんの授乳シーン
(*2011年3月 ソウル動物園訪問記)
会いたかったぜサムソン君!
韓国・ソウル動物園のサムソンの素顔 ~ 人なつこさの限りない魅力
(*2012年11月 北京動物園訪問記)
秋晴れの北京動物園へ ~ 遂に待望のホッキョクグマたちとの再会!
北京動物園のサイモンの素顔 ~ 冷静さと遊び心の素晴らしいバランス感覚
北京動物園のムーシャ(美美)の素顔 ~ 青春を謳歌する活発な小娘
北京動物園の将来繁殖が期待される若年ペアの様子、そして新ホッキョクグマ展示場の概要
by polarbearmaniac | 2016-07-23 23:55 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・ポートランド、オレ..
at 2017-08-23 19:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin