街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア北東部・カムチャッカ半島の南端地区で白いヒグマの存在が確認される

a0151913_23142451.jpg
カムチャッカ半島で目撃されたヒグマの親子 
Photo:Российская газета
a0151913_03331.jpg
ロシア北東部のカムチャッカ半島で最近、観光客が同地で撮影した二頭の子供を連れたヒグマの母親の写真が話題を呼んでいるそうです。このヒグマ親子の姿が確認できたのはカムチャッカ半島の最南端部にあるウスチ・ボリシェレツキー地区(Усть-Большере́цкий райо́н)であり、この二頭の子供のうちの一頭は体毛が白く、まるでホッキョクグマのように見えるわけで、その写真が撮影されました。最初はこの白い個体は「アルビノ」、つまり遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体だろうと理解され一部のマスコミもそう報じているものの、カムチャッカ半島のクロノツキー自然保護地区の動物生態の専門家であるアレクサンドル・ニカノロフ研究員はこの個体が「アルビノ」であることを否定しています。その理由としてニカノロフ研究員は、この写真の白い個体の鼻が黒いことをあげ、もし「アルビノ」ならば鼻はピンク色であるはずだと語っています。そしてニカノロフ研究員は、この地区で40年も動物の生態を研究しているが、このような白いヒグマの姿を(たとえ写真ではあれ)見たのは初めてであると驚きを隠しません。大変に短いですが地元のTVニュースを御紹介しておきます。


a0151913_234566.jpg
カムチャッカ半島で目撃されたヒグマの双子 
Photo : Российская газета

以前に「千島列島・国後島で姿が捉えられた白いヒグマ ~ ホッキョクグマとの関連は?」という投稿で我々日本人にとっては「北方領土」である国後島(Остров Кунашир)で数年前に初めて白いヒグマを写真で捉えることに成功したことを御紹介していました。今回のカムチャッカ半島というのはホッキョクグマの生息地ではなく、時折半島の北東岸に姿を見せることもあるそうですが、今回はカムチャッカ半島の最南端の地区での話ですのでホッキョクグマの血が混じった個体というわけではないようです。しかしホッキョクグマとヒグマとの関係は最近の研究でその進化の過程において従来の説とは異なる有力な説が登場しています。それはなんといっても今世紀に入って分子生物学の急速な発達によるところが大きいわけです。若干でもご興味のある方は「ホッキョクグマの起源について(5) ~ ホッキョクグマとヒグマとの進化過程での交配を否定する新説登場」という投稿を御参照下さい。ホッキョクグマとヒグマとの関係は従来考えられていたような単純なものではないということがここ数年の研究の成果によって明らかになってきたわけです。こういった件について海外の最新の研究結果をフォローして紹介している専門家の方は日本にはいらっしゃらないようです。となれば、私がやるしかないというわけで、非常に時間を費やして精緻に資料を読み込んで今まで「ホッキョクグマの起源について」という投稿を行ってきたものの、ほとんどのホッキョクグマファンの方々には全く興味を持っていただけないでしょう。そもそも訪問者の方の数を増やそうとしてここで投稿を行っているわけではありませんので、興味云々はどうでもよい話ではありますが、欧州のホッキョクグマファンの方々もやっていないことですので私自身としてはこれからもそれを続けるつもりです。

ロシア語でホッキョクグマのことを "Белый медведь (ベルィ・メドヴェーチ)" といいますが、これは文字通り「白い熊」という意味です。ヒグマについては "Бурый медведь(ブルィ・メドヴェーチ)" といい、これは「茶色い熊」という意味です。ロシアのあるマスコミは今回の白いヒグマについて "Белый бурый медведь" という表現を行っていますが、これは便利な言い方ですね。これを英語に直訳しますと "White brown bear" となるわけです。日本語や英語では通常ホッキョクグマのことを "Polar bear" 、つまり「極地の熊」というわけですが、ロシア語でもこの言い方で "Полярный медведь(パリャールヌィ・メドヴェーチ)" という言い方はあるのですが、これはあまり多くは用いられていないようです。おそらくそれは文化的な背景があるだろうと私は考えています。これについては「ロシア橋北地域で働く人々とホッキョクグマの不思議な関係 ~ 「蜂蜜(мёд)を食べるお方」への敬意」という投稿を御参照下さい。

(資料)
ТАСС (Aug.9 2016 - "За 40 лет впервые такого вижу": медведя редкого окраса обнаружили туристы на Камчатке)
РИА Новости (Aug.9 2016 - На Камчатке удалось сфотографировать медведя-"альбиноса")」
Российская газета - Дальний Восток (Aug.9 2016 - На Камчатке увидели белого бурого медведя)
МИР 24 (Aug.9 2016 - На Камчатке сфотографировали уникального бурого медведя-альбиноса)
Камчатка-Информ (Aug.9 2016 - Не «Умка» и не альбинос: Туристы на Камчатке сфотографировали медведя необычного окраса)
BLOGOS (Nov.4 2009 - 【佐藤優の眼光紙背】国後島の白いひぐまを北方領土交渉に生かせ)

(過去関連投稿)
千島列島・国後島で姿が捉えられた白いヒグマ ~ ホッキョクグマとの関連は?
ホッキョクグマの起源について(1) ~ 諸説の成立過程を整理する
ホッキョクグマの起源について(2) ~ ホッキョクグマ版 「イヴ仮説」 の登場
ホッキョクグマの起源について(3) ~ 画期的な新説が登場するも依然として残る謎
ホッキョクグマの起源について(4) ~ 衝撃的で強力な新説の登場により通説が遂に崩壊へ
ホッキョクグマの起源について(5) ~ ホッキョクグマとヒグマとの進化過程での交配を否定する新説登場
ホッキョクグマの起源について(6) ~ 「新・通説」の結論を否定した新説が登場し謎は再び深まる
by polarbearmaniac | 2016-08-10 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00
オランダ、フリースラント・ア..
at 2017-11-12 00:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-11-11 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag