街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

舞台裏で見るシルカ、そしてバフィンとモモの母娘 ~ "Behind the scene" での素顔

a0151913_2121529.jpg
バフィン(奥)とモモ(手前)(2016年6月8日 於 天王寺動物園)
a0151913_21921100.jpg
シルカ(2016年6月8日 於 天王寺動物園)

去る6月13日に大阪の天王寺動物園から浜松市動物園に移動したバフィンとモモの母娘、そして天王寺動物園に残り一頭で飼育されているシルカについては、その後のこの三頭の様子は飼育員さんのブログなどで非常に興味のある視点でレポートがなされています。来園者の側からではなく反対である室内の側で彼女たちがいかに暮らし、そしていかに行動しているかについて、今回は映像を見ながら考えてみたいと思います。

Baffin the Polar bear and her cub Momo get feeding at the off-exhibit.(映像:浜松市動物園)

まずバフィン母娘なのですが暑い日の続くこの夏でも食欲は旺盛なようです。この母娘の寝室での食事風景が浜松市動物園より公開されていますが、それが上の映像です。まず気が付くことは、バフィンがすっかりリラックスした姿勢をとって食べていることです。この母娘は浜松に到着した日からバフィンはこうやってこの場所に慣れきった態度を見せており、それがモモに良い影響を与えていることは明白なように思います。新し場所にやってきたモモにとっては、こうして母親が落ち着き払っているために、あっという間に浜松の生活に慣れてしま他ということのように見えます。

さて、大阪のシルカです。バフィン母娘の暮らしていた部屋の扉が開き、シルカは好奇心で中を探索している様子が公開されています。まず最初の映像ですが、これはバフィン母娘の残した匂いというものを嗅いでいるというよりは、見慣れない場所、それも「隠れ家」になりそうな新しい場所が突然自分の前に現れたために慎重に内部を確かめているというのが正しい解釈のような気がします。シルカはもうバフィン母娘の存在は遥か昔のこととして自分の都合の良いように忘却している可能性が大きいのではないでしょうか。

Shilka the Polar bear is confirming whether or not something unusual is inside, feeling a little bit uneasy.
(映像: 大阪・天王寺動物園)

次の映像も同じだと思いますが、より大胆に内部の様子を探究しているようです。

Shilka the Polar bear is checking up and exploring further in details inside the room.(映像: 大阪・天王寺動物園)

いわゆる「バックヤード見学会」というものは彼らの姿を見る場所が通常とは逆の裏側であるということだけであって本質的には来園者が彼らの姿(そして暮らしている場所)を見るという点においては表側から見るのと基本的に何ら変わらないわけです。つまり「裏側見学会」で見るものは実は "behind the scene" ではないわけです。ですから、意外に得るものは少ないというわけです。しかし今回の映像のようなバックヤードでの彼らの生活の中における通常とは異なる生態の何か意味のある一コマを映し出しているシーンというものは「裏側見学会」などでは見ることのできないもので、まさに "behind the scene" というわけです。ですからなかなか興味深いというわけです。

(資料)
浜松市動物園(飼育員だより/Aug.3 2016 - 「食事風景(動画)バフィンとモモ」)
天王寺動物園(スタッフブログ/Aug.6 2016 - 第5話「開放しました」)

(過去関連投稿)
大阪・天王寺動物園のバフィンとモモが無事に浜松市動物園に到着 ~ 母娘、再び寝室で一緒になる
浜松市動物園到着翌日のバフィンとモモ ~ 里帰りしたバフィンの落ち着きがモモに好影響を与える
大阪・天王寺動物園で終日展示となったシルカ ~ 担当飼育員さんとの新しい関係の構築はなるか?
大阪・天王寺動物園がシルカへの今後の方針を示す ~ 「ホッキョクグマが楽しければ来園者も楽しくなる」
浜松市動物園でバフィンとモモのお披露目会が開催される
大阪・天王寺動物園のシルカの生活に重要な変化が見られる ~ 室内外の出入りも自由となる
大阪・天王寺動物園でシルカへの暑中見舞いイベントが開催 ~ 誕生園に故シロ園長の名前が付冠決定
大阪・天王寺動物園のシルカ(Шилка)に夏恒例のリンゴの入った氷のプレゼント
by polarbearmaniac | 2016-08-11 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-28 21:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin