街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園、ホッキョクグマ繁殖に三年サイクルを導入か? ~ バルナウル動物園の個体入手希望に不承諾

a0151913_016426.jpg
シモーナ(左)とウランゲリ(右)Photo(C)Московский зоопарк

今回の内容はロシアのホッキョクグマ界にかなり関心があるという方以外には全く興味を持っていただけないであろうややディープな内容の話です。モスクワ動物園で2014年11月にシモーナから誕生した雄と雌の双子ですが、ロシアの動物園には珍しく今年は母親との二年目の同居が行われているわけですが、何故モスクワ動物園は伝統的に行ってきた二年サイクルの繁殖を今回は行わないのかという点についてです。実は母親のシモーナは2011年に三つ子を出産した際にも次の繁殖(つまり2014年のシーズン)まで三年サイクルが採用されていたのですが、これは三つ子の出産と育児ということから母体に配慮して特別に三年サイクルが採用されたということをモスクワ動物園から私は聞いています。ところがこの「特別」とも言えるシモーナに対する扱いが今回も行われている(つまりまた三年サイクル)ということが興味のある点なのです。



私は昨年の秋にこのシモーナの二頭の子供たちの移動先有力候補としてロシア国内のペンザ動物園バルナウル動物園の名前を挙げました。そしてバルナウル動物園に関しては非常に難しくなっているという事情を先月に投稿しています。実は今月8月に入ってからのバルナウル動物園に関する報道から一つ興味深い内容が報じらています。それは、このバルナウル動物園の園長さんは同園の飼育展示を充実するために熱心に活動しているものの昨年から入手を狙っているホッキョクグマに関して、「行列での順番待ち("в порядке очереди его можно приобрести,")」ということを言われたという内容の発言しているということです。記憶の良い方ならばお気付きかと思いますがこの表現は数年前に上野動物園がホッキョクグマの購入を求めてモスクワ動物園に接触した際に言われたことと全く同じであるわけです。上野動物園はモスクワ動物園からこう言われたために、モスクワからのホッキョクグマの導入を断念せざるを得なくなったというわけです。そしてモスクワからではなくイタリアからデアを購入したということです。



この「行列での順番待ち」ということは、要するに「不可能」の意味を婉曲に表現した言い方であるというわけで、その真の意味を上野動物園は理解したというわけです。ところが今回、シベリア・アルタイ地方にあるバルナウル動物園がホッキョクグマの入手に関してこのような状況であると語っているということは、要するにバルナウル動物園がホッキョクグマを入手しようとした交渉の相手方が間違いなくモスクワ動物園であり、そしてそのモスクワ動物園から「不可能」という回答しか得られなかったということを意味するわけです。つまりバルナウル動物園における現状の飼育環境の問題点、そして直近の死飼育展示場建設計画の不備を指摘されたことに間違いないでしょう。バルナウル動物園はホッキョクグアの導入について旧態依然とした意識しかなかったのだと思われます。もうそういう時代ではなくなっているわけです。

さて、ここまでを踏まえた形で再度、何故シモーナは今回も三年サイクルの繁殖にシフトされているのかの理由を考えてみたいと思います。飼育下のホッキョクグマの繁殖の「二年サイクル」と「三年サイクル」の違いについては「札幌・円山動物園のマルルが熊本、ポロロが徳島の動物園に移動が決定 ~ ララの2年サイクル繁殖が継続へ」、及び「ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のシロ園長が批判する近年の欧米の 「三年サイクルの繁殖」」という二つの投稿をご参照下さい。 さて、今回三年サイクルとなった理由について可能性としては以下の三つがあります。

.モスクワ動物園はホッキョクグマの繁殖について今後は動物福祉を考慮して三年サイクルを方針とするようになった。

.シモーナの過去の繁殖成功頭数が増えたため血統的な偏りを避けるための調整として今回も三年サイクルが採用された。

.双子の移動先はすでに決定しているものの、移動先の動物園の飼育展示場の新設(or 改良)工事が終了しないためにモスクワ動物園で待機状態にあり、結果として母親のシモーナと一緒に暮らしている。


これは私の推測ですが、多分BとCの両方が正解なのではないかと思います。まずAについてですが、「モスクワ動物園、シモーナ親子の「国際ホッキョクグマの日」 ~ 雄雌の双子は近々国外の動物園へ」という投稿でご紹介していました通り、今年の2月の時点でモスクワ動物園はこの双子は近々モスクワ動物園を離れる(つまりシモーナと別れる)と主任のエゴロフ氏は述べていたわけです。要するにこの時点ではシモーナは今年の繁殖シーズンに繁殖に挑戦する予定であったことは明らかだったわけです。これは「二年サイクル」での繁殖という今までの考え方をこの時点でモスクワ動物園は維持していたということになります。こういったことから、モスクワ動物園はホッキョクグマの繁殖について「二年サイクル」から「三年サイクル」といった重大な方針転換を行ったということは考えにくいのではないかということです。



次にBについてですが、実はイジェフスク動物園で2013年の繁殖シーズンに誕生した雄のニッサン、そして2015年のシーズンに誕生した雄の双子であるシェールィとビェールィの三頭はいずれもモスクワ動物園が当初の所有権を持っているわけで、この三頭はいずれもシモーナの孫にあたるわけです。そして今回の2014年にモスクワ動物園で誕生した双子はシモーナの子供であり、こういったことからシモーナとの血統上の繋がりのある幼年個体ばかりをモスクワ動物園は国内外に移動(つまり売却、貸与など)を行わざるをえないということなのです。ここで前回に続いてまた三年サイクルの繁殖にしておいたほうが個体の移動(つまり売却、貸与など)先の幅が広がるだろうとモスクワ動物園が考えたとして不思議ではないからです。

次にCですが、たとえばペンザ動物園は遅れに遅れてやっと今年の9月に新しいホッキョクグマ飼育展示場がオープンすることになったわけで、それに合わせて双子の雌(メス)のほうをペンザ動物園に移動(つまり売却、貸与など)させようとしているためにモスクワ動物園でシモーナの元で待機させているとすれば一応は辻褄が合うわけです。そうだとすると問題は双子のうちの雄(オス)のほうです。彼がいったいどこの国のどの動物園に行くことになるのかが問題です。欧州ならばとりあえず雄の幼年個体の集中プール基地であるイギリスのヨークシャー野生動物公園が考えられるのですが、欧州域内のどこかの動物園がこのシモーナの息子を購入することが前提となるわけです。その動物園がどこかは予想が難しいです。



さて、ここまで考えてみると仮に今後日本の動物園がモスクワ動物園から個体を導入しようとすれば(これは血統的に次世代に問題を生むわけですが)、2015年イジェフスク動物園生まれの雄の双子のシェールィとビェールィ、2017年にモスクワ動物園でシモーナから誕生が期待される個体というあたりに絞られてくるというわけです。私が今年の春に浜松のキロルが釧路への移動が決定した際の投稿で、ミルクのパートナーをララファミリーのキロルではなく海外の個体を想定した理由は、こういったロシアの個体、特にモスクワ動物園で2014年に双子として誕生した雄を想定したほうがよいと考えたからです。「アンデルマ/ウスラーダ系」の雄の複数の若年個体は日本のホッキョクグマ界にとっては繁殖とそれがもたらす次世代のペアの組み合わせの面で脅威ではありますが、しかし現時点で繁殖に成功したのはゴーゴだけであるというのも事実なのです。旭川のイワンの繁殖能力には疑問符が完全に払拭されてはおらず、姫路のルトヴィク(ホクト)は飼育環境問題という障害が存在しており、静岡のピョートル(ロッシー)は繁殖成功個体のレニングラード動物園との権利問題(つまり誕生個体の国外流出)が大きく立ちはだかっているわけです。となればゴーゴを除けば残るは仙台のラダゴル(カイ)だけということです。「アンデルマ/ウスラーダ系」とはいってもゴーゴとラダゴル(カイ)の二頭だけの繁殖成功ならば日本のホッキョクグマ界にとってそれほど巨大な脅威とはならないのだと割り切ってしまう考え方はありえるでしょう。



ともかく、シモーナの子供たち(今後の誕生の個体も含めて)がどこの動物園に移動するかに十分に注意を払っておかねばいけないように思います。これは実は巡り巡って日本のホッキョクグマ界に少なからぬ影響を与えると言っても過言ではありません。これが日本の動物園にける今後の繁殖計画にも少なからぬ影を落とすわけです。日本のホッキョクグマ界は確かに非常に苦しい状態にあります。しかし、こういった苦境をかなり緩和させる手はいくらかはあるわけです。そのいくつかを私には暗闇の中の光としてある程度は明らかに見えてきてはいますが、そもそも個体を導入するといっても今まで各動物園(自治体)がばらばらにやってきたわけですし、これからもそうでしょう。仮に国として一元的にホッキョクグマを海外から購入して、そういった個体を血統面を考慮して国内の各動物園に割り振って繁殖を狙っていくといったシステムでも採用されていたとすればよかったわけですが、そういうことにはならなかったわけですし、もう2~3年後には仮にロシアからであってもホッキョクグマの導入はほとんど不可能となるはずです。私は動物園関係者ではありませんし、ともかく静観する以外にはないということです。

(資料)
ПолитСибРу (Aug.5 2016 - Почему Барнаульский зоопарк так нравится взрослым и детям?)

(過去関連投稿)
ロシア・西シベリア、バルナウル動物園が狙うホッキョクグマ飼育展示への新規参入 ~ 可能なのか?
モスクワ動物園のシモーナの双子が一歳となる ~ 双子のうち雌が来年にペンザ動物園へ移動か?
モスクワ動物園のシモーナお母さんと双子の子供たちの近況 ~ 双子の移動は間近か?
モスクワ動物園、シモーナ親子の「国際ホッキョクグマの日」 ~ 雄雌の双子は近々国外の動物園へ
モスクワ動物園のシモーナ親子の近況と双子の移動先 ~ 次世代の血統面を無視すれば札幌は有り得るが...

(2015年8月 モスクワ動物園訪問記)
シモーナお母さん、今回も本当に御苦労様です、双子の赤ちゃん初めまして!
モスクワ動物園の双子の赤ちゃんの性別を予想する ~ 「雌(f)/雌(f)」か「雌(f)/雄(m)」か?
シモーナ、偉大なる母のその素顔 ~ より一層洗練され磨きがかかった世界最高の育児技量
モスクワ動物園二日目 ~ 連日の好天の下でのシモーナ親子の日常の姿
モスクワ動物園三日目 ~ 快晴の土曜日のモスクワ動物園に勢揃いした主役たち
ウランゲリ(旭山動物園イワンの父)、その省力化された生活が生み出す持久力のある活躍ぶり
ムルマ(男鹿水族館、豪太の母)、その最後の繁殖を狙おうとするモスクワ動物園
モスクワ動物園四日目 ~ ウランゲリとムルマの相互不干渉の同居
シモーナお母さんと双子の赤ちゃんとの関係
雪ちゃん(仮称)とポリちゃん(仮称)は果たして雌(メス)の双子か? ~ 瓜二つの外見と行動
モスクワ動物園五日目 ~ ムルマ(豪太の母)とウランゲリ(イワンの父)はやはり相性が悪い?
シモーナお母さんと雪ちゃん(仮称)とポリちゃん(仮称)の双子の様子 ~ 今日のアルバムより
(2015年9、10月 モスクワ動物園訪問記)
モスクワ動物園六日目 ~ 一か月後のシモーナ親子の変化を探る
シモーナ(Белая медведица Симона)、偉大なる母親としてのその素顔
ウランゲリ(Белый медведь Врангель)の憂鬱 ~ ムルマとの微妙な関係
ムルマ(Белая медведица Мурма)の置かれた苦境 ~ ウランゲリとの微妙な関係
モスクワ動物園七日目、今日のアルバムより ~ 子供たちの活動とテンポが合うシモーナの優秀さ
モスクワ動物園八日目、今日のアルバムより ~ 秋に見せるホッキョクグマたちの表情
モスクワ動物園九日目、今日のアルバムより ~ 寒風晴天下のホッキョクグマたち、そして驚きの解題
シモーナ(Белая медведица Симона)、その心に染み入るような美しさを放つ母性
by polarbearmaniac | 2016-08-19 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

*新規投稿お知らせ
at 2017-08-18 21:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-17 23:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30
フィンランド・ラヌア動物園で..
at 2017-08-12 22:30
カナダ・ウィニペグ、アシニボ..
at 2017-08-11 23:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin