街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園のザバーヴァとバルーの幼年ペアの近況

a0151913_1956307.jpg
ザバーヴァとバルー Photo(C)Зоопарк Удмуртии

ロシア連邦ウドムルト共和国のイジェフスク動物園(正式にはウドムルト動物園 - Зоопарк Удмуртии)といえば開園してから僅か8年しか経っていないにもかかわらずホッキョクグマの関してはロシア国内での重要な繁殖基地としての地位を確立していると言って過言ではりません。11歳の雌のドゥムカと10歳の雄のノルドというペアはすでに2回の繁殖に成功しており、さらに現在共に2歳である雌のザバーヴァと野生孤児だった雄のバルーという二頭は将来の繁殖が大いに期待されているわけです。ザバーヴァとバルーのペアが繁殖可能な年齢となった時にはこのイジェフスク動物園は二組のペアが同時に繁殖を試みるということになり、ホッキョクグマに関してならばモスクワ動物園に肩を並べる動物園となると思われます。
a0151913_2318253.jpg
若年個体である雌のザバーヴァが2013年12月にサンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの16番目の子供として誕生し(つまり仙台のラダゴル/カイ、静岡のピョートル/ロッシーの一番下の妹にあたります)、雄のバルーは野生孤児としてこのイジェフスク動物園で保護・飼育されている個体です。ウスラーダには子供が多く、またウスラーダの娘であるモスクワのシモーナに子供が多いわけで、この血統を薄めるということでザバーヴァが野生出身のバルーとペアになるというのは当然のことなのです。野生出身個体が何頭もいるロシアの動物園は手持ちの駒が豊富であるとも言えましょう。さて、下にこのザバーヴァとバルーの最新の姿を地元TV局のニュース映像で見てみましょう。やはり雄のバルーのほうが力において優勢のようです。



私はこのザバーヴァとバルーのペアの間で将来繁殖に成功した個体ではなく、雌のドゥムカと雄のノルドとの間に誕生する個体ならば日本に導入してもそれほど問題にはならないだろうと思っています。確かにノルドはモスクワのシモーナの息子ですので「アンデルマ/ウスラーダ系」に属するわけですがパートナーのドゥムカが野生出身であるため結果的にノルドとドゥムカとの間に誕生する個体はその「アンデルマ/ウスラーダ系」という血統はかなり薄まっているからです。しかしザバーヴァのほうはウスラーダの娘(つまり年齢的にはノルドよりも遥かに年少であるにもかかわらずノルドの叔母)ですので、そのザバーヴァの娘や息子を日本に導入するのは危険が伴うように思うからです。

このイジェフスクという街はソ連時代には秘密都市であり、その存在自体が一般の地図には載らず隠されていたという不気味な都市だったわけです。何故ならこの街にはカラシニコフ銃の製造工場があったのです。最近までもこの街に旅行するのはやや不便でした。モスクワ(ドモジェドヴォ空港)から一日に四便(曜日によっては三便)のフライトがあるのですが、私がイジェフスクを訪問した二年前は日本から直接予約できたのはルスライン (РусЛайн) という航空会社が運航している一便だけで、残りの三便はイザヴィア (Ижавиа) という航空会社が運航しているのですが、なんと予約がオンライン化されておらず日本から予約しようとすると一度モスクワの代行業者に依頼せねばならず、その手数料が極めて高額だったのです。ところが非常に最近になってこのイザヴィア航空の予約がオンライン化され日本からでも直接ネットで購入することが可能になって非常に便利になりました。イジェフスクに行くにはモスクワからは日本航空が発着しているドモジェドヴォ空港からだけで、アエロフロートの発着するシェレメーチエヴォ空港からではありませんので、行かれる方は注意して下さい。日本航空を利用しますと成田出発後、その日のうちにイジェフスクに到着できます。

(過去関連投稿)
(*ザバーヴァ関連)
女帝ウスラーダとシモーナ、コーラ、リアの三頭の娘たち ~ 偉大な母親たちの三代の系譜
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの歩む道 ~ 再説: 繁殖可能年齢上限
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で26歳の女帝ウスラーダが16頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの産室内映像が公開される
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園がウスラーダの赤ちゃんの産室内映像を一挙に公開
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃんが遂に戸外へ!
ロシア・サンクトペテルブルクに記録的な暑さ到来 ~ 果物を楽しむホッキョクグマたち
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダ親子の関係に深く切り込んだ映像
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃん、10月に移動か?
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃんは雌(メス)と判明
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の赤ちゃんの名前が 「ザバーヴァ」 に決まる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園でウスラーダとザバーヴァの母娘に氷のプレゼント
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のハロウィン ~ カボチャを独り占めしたザバーヴァ
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの娘ザバーヴァが12月に他園へ移動決定
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のザバーヴァがイジェフスク動物園に移動となる
(*バルー関連)
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島でホッキョクグマの双子の孤児が保護 ~ 一頭がイジェフスク動物園へ
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で保護された野生孤児バルー、そのイジェフスク動物園での映像
ロシア連邦・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園で野生孤児バルーの一般への公開が行われる
(*ザバーヴァとバルーの同居関連)
ロシア・イジェフスク動物園に移動したウスラーダの16頭目の子供のザバーヴァの近況 ~ バルーとの同居
ロシア連邦ウドムルト共和国イジェフスク動物園の開園7周年が祝われる ~ ザバーヴァとバルーの近況
ロシア・ウドムルト共和国イジェフスク動物園のザバーヴァとバルーのペアへの期待 ~ 新しい繁殖基地へ
(2014年9月イジェフスク動物園訪問記)
サンクトペテルブルクからイジェフスクへ ~ ホッキョクグマ巡礼の旅は続く
イジェフスク動物園へ ~ ドゥムカ親子と野生孤児バルーとの対面
野生孤児バルーの素顔 ~ 野生個体の不幸の上に成り立つ動物園という悲しき真実
イジェフスク動物園二日目 ~ ドゥムカお母さん、ニッサン君、バルー君、お元気で! (投稿準備中)
イジェフスクから深夜のモスクワへ ~ 田舎町から大都市へ
by polarbearmaniac | 2016-09-09 22:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag