街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北・カラ海のトロイノイ島で気象観測隊が4組の親子を含むホッキョクグマたちに包囲される

a0151913_3294351.jpg
Image:Вести

ロシアの報道によれば、ロシア極北・カラ海に位置するトロイノイ島(Остров Тройной)の気象観測基地が数日前より十数頭のホッキョクグマたちに包囲され、気象観測を行っている観測員が観測所の外に出ることができずに身動きが取れ爆なってしまっているそうです。近年こういったことがよく起きています。本部ブログでも昨年の同じ時期に「ロシア極北ネネツ自治管区のヴァイガチ島の観測所とアンデルマの街に出現し立ち去らないホッキョクグマたち」という投稿を行っており、その時もやはりヴァイガチ島で気象観測所がホッキョクグマたちによって包囲されてしまったという事件を御紹介したことがありました。
a0151913_1353243.jpg
さて、今回のトロイノイ島での事件ですが包囲されて閉じ込められている観測員の方々は5名のようで観測所を包囲しているのは約10頭のホッキョクグマたちに加えて幼年個体のホッキョクグマが数頭いるそうです。その約10頭のホッキョクグマたちのなかの4頭が母親だそうです。特にその中の一頭の雌のホッキョクグマは観測所の窓のすぐ下で夜を過ごしているそうですが、観測員の方々は遭遇したホッキョクグマを追い払うために所持してきた照明弾は全て使用し尽してしまい、連れてきた二頭の犬のうち一頭はすでにホッキョクグマたちによって殺されてしまっているそうです。こんな状態ですから予定していた野外観測活動が全くできずにいるそうです。そういったホッキョクグマたちの様子を報じるTVニュースの映像を御紹介しておきます。



映像ではこういったロシアの気象観測所を統括するシェフチェンコ氏が語っていますが、観測所の内部にはこうした非常事態のために一年分の食糧と燃料が備蓄してあるそうで、今回のようにホッキョクグマに包囲されてしまうということは想定の範囲内であるといった話ぶりです。随分と悠長でスケールの大きな話ですね。さすがにロシアといったところでしょうか。それから次のニュース映像ですが確かに幼年個体を連れた母親が映っています。窓の下に居ついているホッキョクグマも登場しています。



さて、昨日の14日にヘリコプターで観測員たちのためにホッキョクグマを追い払う照明弾の補充と三頭の犬たちが届けられたそうです。ヘリコプターが到着した時はホッキョクグマたちも驚いてかなり距離の離れたところで見ていたに違いありません。今後の野外での観測活動では届けられた照明弾を使用してホッキョクグマたちを追い払い、最大限の注意を払いつつ観測員チームは活動を続けていくようです。しかしどうでしょうか、夕方になってスタッフが観測所に戻るとまたホッキョクグマたちがやってきて観測所を包囲することが予想されます。ロシアの連邦政府の自然管理局 (RPN)の責任者は気象観測所を統括する部局に対して、決してホッキョクグマを殺さないようにと指示を出しているそうです。ロシアの極北地域に居住していたり働いていたり、そしてこうして科学的な調査をを行ったりなどしている人々は「ホッキョクグマを殺してはならない」ということは十分に理解していることが今までのいくつかのエピソードの中でも明らかなわけで、密漁者などの犯罪者を除けばロシア人はホッキョクグマに非常に親和性があって理解のある人々であるということは言えると思います。そこには何か歴史的・文化的背景を前提としなければ理解できないものがあるように思います。アメリカ人やカナダ人とはホッキョクグマに対する認識が少し異なることは間違いないでしょう。

(過去関連投稿)
ロシア極北ネネツ自治管区のヴァイガチ島の観測所とアンデルマの街に出現し立ち去らないホッキョクグマたち

(資料)
ТАСС (Sep.12 2016 - Белые медведи взяли в осаду полярную метеостанцию на острове в Арктике)
Российская Газета (Sep.12 2016 - В Арктике белые медведи осадили метеостанцию)
News29.ru (Sep.13 2016 - Белые медведи «взяли в плен» специалистов метеостанции в Арктике)
ГТРК Поморье (Sep.13 2016 - Белые медведи атаковали полярников на острове в Карском море)
ЗВЕЗДА (Sep.13 2016 - Стая белых медведей штурмует метеорологическую станцию)
TASS (Sep.12 2016 - Polar bears besiege Russian Arctic weather station) (Sep.13 2016 - Dogs and flares arrive to save polar-bear besieged Arctic weather station)
by polarbearmaniac | 2016-09-15 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルィ、謙虚さと「大陸的」な..
at 2017-07-23 05:00
快晴の土曜日、ペンザ動物園で..
at 2017-07-23 03:00
ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30
アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin