街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園・ヴォロコラムスク附属保護施設に移送された野生孤児は雌(メス)で「ニカ」と命名

a0151913_2004323.jpg
ニカ (Белый медвежонок Ника)
Photo(C)Московский Зоопарк

ロシア極北・チュクチ自治管区のリィルカイピ村で保護された野生孤児がモスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設で保護・飼育されることになり軍の輸送機でモスクワに輸送された件については「ロシア極北で保護のホッキョクグマの野生孤児のモスクワへの移送の様子が公開 ~ ロシア軍が輸送に協力」という投稿を行っています。全ての輸送行程に約40時間を要してモスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設に到着したこの野生孤児についてモスクワ動物園のスヴェトラーナ・アクーロヴァ園長は、この孤児個体が野生出身であるため飼育下のホッキョクグマの血統の多様性を維持することに貢献できることについて触れ、モスクワ動物園におけるホッキョクグマの繫殖計画に参加させる意向であることを明らかにしました。さらに、この生後推定9ヶ月の野生孤児個体はやはり雌(メス)だそうで、名前は「ニカ (Ника)」と命名されたそうです。
a0151913_13173824.jpg
ニカ (Белый медвежонок Ника)
Photo(C)mos.ru/Московский Зоопарк

ヴォロコラムスク附属保護施設でのニカの様子を報じるTVのニュース映像を御紹介しておきます。ニュース映像の一部には同じくこの施設にいるアイオンとミラーナの姿も登場しています。モスクワ動物園の新園長(女性)であるアクーロヴァさんも登場しており「新血統」、それも野生出身の雌(メス)の出現にご機嫌の様子です。それからモスクワ動物園の獣医さんのドミートリイ・エゴロフ氏と飼育担当のアレクサンドル・エゴロフ氏も登場していますが、この方々は同園のホッキョクグマ担当主任のイーゴリ・エゴロフ氏の息子さんでしょうか?













モスクワ動物園はもともと将来国外の動物園に移動する個体については正式な命名を行わず名前のないまま血統登録を行う場合が非常に多いわけですが、飼育員さんたちはそういった個体についてもニックネームは付けているわけです。しかしこのニカはモスクワ動物園で繁殖の舞台に立つとなれば、この名前は単なるニックネームではなく正式な名であると理解してよいように思います。いよいよシモーナ(現在21歳)やムルマ(現在25歳)の後継となる雌(メス)のホッキョクグマとしてニカがモスクワ動物園のホッキョクグマの主役となることが大いに期待されるという状況になってきたようです。年齢的に言ってもシモーナの後継となる可能性は極めて強いと言わざるを得ません。シモーナはウスラーダの長女というホッキョクグマ界のエリートなのですが、一方でニカは野生出身ということで血統的にニカに対する期待は非常に大きいでしょう。こうしてロシアのホッキョクグマ界は当分安泰であるということです。そしてモスクワ動物園というところは、繁殖の主役に据えた雌(メス)のホッキョクグマはことごとく繁殖に成功させるという凄腕の飼育技術があるわけです。自国内の領土にホッキョクグマの生息地を持つロシアの強みということも言えましょう。
a0151913_392361.jpg
ニカ Photo(C)Московский Зоопарк

(*追記)ノヴォシビルスクにお住まいのファンの方々は、このニカこそシルカの弟であるロスチクのパートナーにぴったりだという感じで盛り上がっているようです。確かにニカとロスチクは同じ年齢なのですが、しかしどうでしょうか、モスクワ動物園はおそらくクラスノヤルスク動物園のフェリックスとオーロラという野生孤児個体のペアの間に今年の年末に誕生が期待されている赤ちゃんが雄だったときに、その個体をニカのパートナーにしようとするような気がします。そのほうが血統的にずっと有利だからです。そう考えてみるとこのニカはララファミリーの雌の個体にとっても超難敵のライバルの出現だろうと思います。野生孤児個体の雌(メス)は飼育下誕生の雌(メス)よりもはるかに貴重だからです。

(*追記2)実は今日、モスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設をレポーターが訪問し生中継を行ったTV局があります。その映像でこのヴォロコラムスク附属保護施設のホッキョクグマたちがどういった区画で飼育されているのかがよくわかり非常に貴重な映像だと思います。横浜のジャンブイや姫路のホクトはこの場所で暮らした経験があるわけです。さて、この映像の中で今回のニカの他にもう一頭の幼年・若年個体の姿が確認できます(手前側)。これはひょっとしてシモーナが一昨年の11月に産んだ双子のうちの一頭であるように私には見えますがそう言い切る確証はありません。しかしそうだとしますと、その個体は間もなくロシア国外に移動するためにこの施設で待機しているのだということになるでしょう。これは興味津々の映像です。冷雨のモスクワ郊外からのレポートの映像をご覧下さい。



(資料)
Московский Зоопарк (Новости/Sep.16 2016 - В Московский зоопарк приехал найденный на Чукотке белый медвежонок)
mos.ru (Sep.16 2016 - Спасённый на Чукотке белый медвежонок переехал в зоопарк)
NEWSru.com (Sep.16 2016 - Спасенного на Чукотке медвежонка Нику несколькими самолетами доставили в Московский зоопарк)
Агентство "Москва" (Sep.16 2016 - Найденный на Чукотке белый медвежонок доставлен в Московский зоопарк)
Газета Вечерняя Москва (Sep.16 2016 - Найденный на Чукотке медвежонок доставлен в Московский зоопарк)
Первый канал (Sep.16 2016 - В питомнике Московского зоопарка выхаживают спасенного на Чукотке полярного медвежонка)
Life.ru (Sep.16 2016 - Военные Минобороны спасли белого медвежонка, потерявшего мать)
ЗВЕЗДА (Sep.16 2016 - Белый медвежонок, спасенный по приказу Шойгу, переехал в Москву на ПМЖ)
ТВ Центр (Sep.16 2016 - Медвежонка Нику поселили в питомник Московского зоопарка)
Комсомольская правда (Sep.16 2016 - Московский зоопарк спас белого медвежонка, которого нашли на Чукотке)
МТРК «Мир» (Sep.16 2016 - История «военного» спасения медвежонка-сироты с Чукотки)
Телеканал 360 (Sep.16 2016 - Спасенного на Чукотке белого медвежонка разместили в питомнике в МО)

(過去関連投稿)
ロシア極北・チュクチ自治管区 リィルカイピ村でホッキョクグマの生後約8ヶ月の孤児が発見・保護される
ロシア極北 リィルカイピ村で保護された推定生後8ヶ月の孤児はモスクワ動物園で保護・飼育が決定
ロシア極北で保護されたホッキョクグマの野生孤児がモスクワ動物園・ヴォロコラムスク附属保護施設に到着
ロシア極北で保護のホッキョクグマの野生孤児のモスクワへの移送の様子が公開 ~ ロシア軍が輸送に協力
by polarbearmaniac | 2016-09-16 13:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin