街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシの死因調査報告書が発表 ~ 「膵外分泌不全」

a0151913_19425976.jpg
イョシ (Белый медведь Ёши)
(2015年9月26日撮影 於 ロシア、ロストフ・ナ・ドヌ動物園)

先日投稿していましたが、8月25日にロシア極東・沿海州のハバロフスク動物園(正式には「シソーエフ記念・プリアムールスキー動物園」 - Зоосад Приамурский имени В.П. Сысоева)で亡くなった推定14歳の雄のホッキョクグマのイョシ(Ёши)について、外部機関によるその死因調査報告書の内容が本日、同園から発表されました。それによりますとイョシの死因は膵臓の急性機能障害による「膵外分泌不全(Экзокринная недостаточность поджелудочной железы/Exocrine pancreatic insufficiency)」であるとのことです。来園者からの食べ物の勝手な差し入れとか毒物が原因によって引き起こされた死ではなかったことが明らかになったわけです。また、このハバロフスク動物園に移動してくる以前から彼にはすでに彼には膵臓の機能に問題があったらしいことも明らかになっています。当初の予定より大幅に遅れた報告書の完成は死因につき慎重な調査を行ったことが理由かもしれません。
a0151913_19492324.jpg
イョシ (Белый медведь Ёши)
(2015年9月26日撮影 於 ロシア、ロストフ・ナ・ドヌ動物園)

ハバロフスク動物園としては今回のイョシの死に当然のことながら非常に落胆しており、彼に代わる新しいホッキョクグマを入手することは極めて難しいと途方に暮れているといった状態のようです。ハバロフスク動物園は以前のホッキョクグマ飼育展示場の大改装を行い、そして非常に厳しい交渉を経てようやくこのイョシをハバロフスクに連れてくることができたわけで、では彼に代わるホッキョクグマを入手しようにも現在ロシア国内を見渡せば「余剰個体」のようなものは存在していないわけです。しかし私の見たところ、ロシアのサーカス団を統括しているロスゴスツィルク (Росгосцирк)に所有権のある野生出身の雄のウムカとスネジョークの二頭を入手するチャンスは残されているように思います。ハバロフスク動物園は是非この線で動いてほしいと思います。「ロシアの巡回動物園「モスクワ・サファリ園」に暮らすウムカとスネジョーク ~ ロシアの闇の部分」という投稿でご紹介していますが、このウムカとスネジョークは悲惨な飼育状態におかれているわけで、是非ハバロフスク動物園に入手していただきたいと思います。

今回のイョシには非常に同情しています。彼も「サーカス失格」の烙印を押されてレニングラード動物園が引き取ったのですが、レニングラード動物園でも本当に劣悪な飼育環境に置かれたわけでした。そしてレニングラード動物園はまるで彼を追い出すような形でロストフ動物園に送りだしたわけでした。ロストフ動物園でイョシは初めてゆっくりとした生活を送ることができるようになったものの、この街はアゾフ海に近く夏に温度が非常に高くなり、そして飼育展示場はコンクリートばかりの床だったわけでイョシにとっては大変だったろうと思います。ここで今年6月に地元の方が撮られたイョシの映像を御紹介しておきます。やはりこの時点では健康に問題があった様子がうかがえます。



今回のイョシにしても、そして以前にこの同じハバロフスク動物園に暮らしていたゴシにしても、要するにサーカス出身のホッキョクグマに対する私の認識は彼らに会ってみて初めて新たなものになったわけです。飼育下のホッキョクグマといってもその世界はいろいろあるということです。惜しいホッキョクグマを失ってしまったものです。

(資料)
РИА "Восток-Медиа" (Sep.19 2016 - Медведя Ёши погубило заболевание поджелудочной железы)
AmurMedia (Sep.19 2016 - Медведь Ёши умер от тяжелой болезни - результаты экспертизы)

(過去関連投稿)
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のイョシ、ロストフ動物園に引き取られる
サンクトペテルブルクに別れを告げるイョシ ~ サーカス出身のホッキョクグマの境遇
ロシア・サンクトペテルブルクのイョシ、新天地ロストフへ出発
ロシア南部 ロストフ・ナ・ドヌのロストフ動物園のイョシ ~ 安住の地での近況
ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ、安住の地で元気に暮らす ~ ロストフ動物園の奇妙な計画
ロシア南部・ロストフ動物園、サーカス出身の12歳の雄、イョシの注目される今後
サーカス団のホッキョクグマ、ダーニャは何処に消えた? ~ サーカス団と巡回動物園とを結ぶ暗黒
女神デアのパートナー問題の推移や如何 ~ 候補はイコロかキロルかイョシか?
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)が新しいホッキョクグマの導入を表明
ロシア極東・沿海州、ハバロフスク動物園の新ホッキョクグマ飼育展示場がほぼ完成
ロシア南部・ロストフ動物園のイョシ(Ёши)がロシア極東沿海州のハバロフスク動物園へ
ロシア極東沿海州のハバロフスク動物園に到着したイョシのその後の様子 ~ 地元ファンの大きな期待
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシのサーカス時代 ~ サーカス適性は雌(メス)が上か?
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園、改装された展示場のイョシの新しいプール開き
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシの近況 ~ ロシア入国ヴィザ免除の方向へ
ロシア極東・沿海州 ハバロフスク動物園のイョシ(Ёши) が亡くなる ~ 痛恨の死
(*2015年9月 ロストフ・ナ・ドヌ動物園訪問記 - イョシ関連)
ロストフ動物園へ ~ サーカス出身のホッキョクグマ、イョシ(Ёши)との5年ぶりの再会
イョシ(Белый медведь Ёши) 、素顔とその性格
by polarbearmaniac | 2016-09-19 20:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin