街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・オレゴン動物園のノーラの来園を歓迎しない地元ポートランド市民の意見 ~ So what ?

a0151913_16481514.jpg
ノーラ Photo(C)Oregon Zoo

いやはや、やはり厳しい意見もあるようです。こうやってコロンバス動物園からポートランドのオレゴン動物園にやってきたノーラに対して、彼女の来園を全く歓迎できない、拒否せよという地元ポートランド市民が地元紙に非常に厳しい意見 ("Oregon Zoo should say no to Nora the polar bear") を寄稿し、そして市民に呼びかけています。 私はこの意見は一理あると思います。45%は支持できる内容だと思います。ある程度の説得力はあると思います。こういった意見が出てくるアメリカはさすがだとは思います。是非その内容を読んでいただきたいと思います。英語ですから私などがそれを翻訳などする必要はないと思いますが、一応その内容を要約してご紹介しておきます。ただし必ず原文はご自身であたってみて下さい。以下が要約です。便宜上、やや意訳して必要なところは補いながら箇条書形式にしておきます。

・今回のノーラの受け入れについてもオレゴン動物園のホッキョクグマ飼育展示場の大改装につぃても市民はオレゴン動物園を支持しないでほしい。

・動物の行動についての正しい知見が明らかになるにつれ、ホッキョクグマを飼育下に置くことには懸念のある種であることが明らかになってきた。飼育下のホッキョクグマは常同歩行や頭を振るなどの正常とは言えない行動(zoochosis)を行う傾向があり、動物園はそのような心理的問題を抱えがちであるホッキョクグマの飼育からは撤退していく方向に向かうべきであり、(ノーラを受け入れることによってオレゴン動物園はホッキョクグマの飼育を)前進させる方向に行くべきではない。

・(ノーラを受け入れることによってオレゴン動物園はホッキョクグマの飼育を前進させる方向に行くことは)種の保存を言い訳にすることはできない。ノーラは野生のホッキョクグマたちを助けるために行われる飼育下のホッキョクグマ繁殖プログラムの一部として誕生したわけではない。生息地の縮小と気候変動がホッキョクグマにとっては根本的な(primary)問題であり、そこにこそ(人的)資源(場所と金と教育 - More space, money and education)が割り振られるべきであって動物園におけるホッキョクグマのより多くの繁殖のためにそういった資源が投じられるべきではない。

・我々はオレゴン動物園とそこに暮らす動物たちを愛するがこそ、オレゴン動物園が現状に盲目的に追随する動物園であって欲しくはないのである。動物福祉と保存について実体のある革新を望みたい。オレゴン動物園がこういった観点において動物園界においてリーダーシップをとることを切に促したい、

.......こういったような内容です。非常に理屈は通っていると思いますし傾聴すべき点はあると思います。正論であるといっても言い過ぎではないでしょう。しかし私に言わせればこの意見はいささか「書生的」であると感じます。「大相撲には八百長がある」と書いて一時批判キャンペーンを行った朝日新聞のように感じます。



動物園というところは確かに来園者は子供たちが多いわけですが、実はその本質は「大人の世界のフィクション」によって成立しているわけです。動物園の意義の一つとして「種の保存」というものが挙げられています。ホッキョクグマに関するならば、「ホッキョクグマの生態は気象変動によって脅かされており絶滅も危惧されているから、飼育下であっても繁殖に積極的に取り組んで、せめて種の保存にいくらかでも寄与したい。」ということはよく語られるわけです。しかしこ飼育下におけるホッキョクグマの繁殖がホッキョクグマという種のトータルな保存に寄与するなどということは全く有り得ません。ウスラーダやシモーナやララが何頭出産してみたところでホッキョクグマという一般的な意味での種の保存には全く寄与しません。種の保存というのはあくまでも自然生息下におけるものが全てであって、野生の種が絶滅しても飼育下で種を保存できるなどということは有り得ないのです。しかし我々は「飼育下における種の保存は、一般的な種の保存にも寄与できる」というフィクションを構築し、それを動物園の意義として自分たちを納得させているだけなのです。それは「大人の世界の知的なフィクションによる芝居」なのです。しかしこの芝居にはやはり意義はあるのです。

大相撲には昔から八百長があります。力士の属する部屋同士の星の貸し借りなどというものは昔からあったわけです。そんなことは贔屓筋でも全て知っている話です。そういったことを暗黙の了解で知った上で相撲ファンは大相撲を楽しんできたわけです。過去の偉大な横綱たちのそれぞれの姿については、いかに大相撲に八百長があってもその姿は我々の心に焼き付いているわけです。しかしそれを「大相撲には八百長があるのはケシカラン」と声を荒げて「常に真剣勝負せよ」と語ったのは正論ではありますが大人の世界の暗黙の了解事項を知らない人々の「書生的」な意見だったわけです。

上でご紹介したオレゴン市民の意見は正論でしょう。それに反論するのはロジックでは難しいかもしれません。何故ならこのオレゴン市民の方の述べることは correctness つまり"conformity to fact or truth" に立脚しているからです。この市民の方は実際に何回オレゴン動物園を訪問したのかはわかりません。しかし仮に何度訪問していたにせよ、この方は「一見さん」でしょう。動物園を一度も訪問せずとも動物園という存在の虚構性を認識し、そしてその意義についてのフィクションを受け入れて芝居を楽しむことができる人々は「常連」なのです。

(資料)
The Oregonian (Sep.18 2016 - Oregon Zoo should reflect our values and say no to Nora the polar bear)

(過去関連投稿)
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ オーロラが待望の出産
アメリカ・コンロバス動物園のオーロラお母さん、赤ちゃんの育児を突然止める ~ 人工哺育へ
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園の人工哺育の雌の赤ちゃんが生後25日となる
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園の人工哺育の雌の赤ちゃんが生後5週間が無事に経過
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園の人工哺育の雌の赤ちゃんが生後7週間が無事に経過
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園で人工哺育の赤ちゃんの成長と舞台裏を紹介した映像が公開
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園で人工哺育の雌の赤ちゃんの名前選考の投票が開始
アメリカ・オハイオ州 コロンバス動物園の雌の赤ちゃんが生後89日を無事経過
アメリカ・オハイオ州 コロンバス動物園の雌の赤ちゃんの名前が "ノーラ (Nora)" に決まる
アメリカ・コロンバス動物園、ノーラの「国際ホッキョクグマの日」 ~ 一般公開開始に慎重な同園
アメリカ・コロンバス動物園の人工哺育の赤ちゃん、ノーラの近況 ~ 「適応化」を意識した飼育プログラム
アメリカ・オハイオ州 コロンバス動物園の雌の赤ちゃんノーラが遂に一般公開となる
アメリカ・オハイオ州 コロンバス動物園の人工哺育の赤ちゃん、ノーラが生後半年となる
アメリカ・コロンバス動物園のノーラの展示時間延長に慎重な同園 ~ 父親ナヌークへの期待と配慮が理由か
アメリカ・コロンバス動物園のノーラの「出漁」
アメリカ・コロンバス動物園のノーラ、発疹の症状から回復 ~ ホッキョクグマファンには世界は狭い
アメリカ・オハイオ州 コロンバス動物園のノーラが国務省の「北極地域特別代表」の訪問を受ける
アメリカ・オハイオ州 コロンバス動物園のノーラが生後九ヶ月となる ~ "An independent bear"
アメリカ・コロンバス動物園のノーラがポートランドのオレゴン動物園へ ~ その背景を読み解く
アメリカ・コロンバス動物園、「遅咲き」の28歳の雄のナヌークに最後の栄光は輝くか?
アメリカ・コロンバス動物園のノーラの同園での展示最終日に多くの来園者がノーラとの別れを惜しむ
アメリカ・コロンバス動物園のノーラが西海岸・ポートランドのオレゴン動物園に無事到着
アメリカ・オレゴン州ポートランドのオレゴン動物園に到着して検疫期間中のノーラの近況
アメリカ・ポートランド、オレゴン動物園のノーラとコロンバス動物園の担当飼育員さんの別れ
by polarbearmaniac | 2016-09-22 17:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30
札幌・円山動物園で完成の「ホ..
at 2017-11-16 15:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-11-15 14:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-15 00:30
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-11-14 01:00
アメリカ・テネシー州 メンフ..
at 2017-11-13 01:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag