街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコルの近況 ~ 新飼育展示場の建設へ同園の背負う課題

a0151913_22315215.jpg
アリコル (Белый медведь Алькор)
Photo(C)Алматинский зоопарк

中央アジア、カザフスタンのアルマトイ動物園に暮らす26歳の雄のホッキョクグマであるアリコルについては今まで何回か投稿してきました。彼はロシアのカリーニングラード動物園で1989年12月に誕生しているのですが、母親はスネジンカです。私は2011年にこのスネジンカが亡くなる一月半前に当時37歳であった彼女にカリーニングラード動物園で会っており非常に強い印象を受けましたので、彼女の息子であるこのアリコルにも非常に興味があるわけです。

前回の投稿でこのアリコルが病気であるということを御紹介していますが、モスクワ動物園から出張してきた獣医さんの診断で、折れている歯があるという指摘をすでに受けていたわけで、彼の病気は結局はこの歯のことであり、内臓の問題ではないようです。やや安心しました。以下にこの夏のアルマトイ動物園を紹介したTVニュース映像を御紹介しておきます。アリコルは寝ています。



アルマトイ動物園については飼育環境についていろいろと厳しい批判を受けているわけですが、同園としてはなんとか飼育環境の向上を実現しようといろいろと試みていることは理解しています。今月アルマトイ市で開催された動物の保護に関する会議に出席したアルマトイ動物園のカリモフ園長は、欧州の動物園と比較して見劣りのするアルマトイ動物園の現状を改めるためには、なんといっても資金とスペースが不足していると嘆いています。カリモフ園長の語るには、ホッキョクグマを一頭飼育するのに最低700㎡ のスペースが要求され、さらに繁殖のためのスペース(つまり産室などのスペース)を咥えるとペアでは2100㎡のスペースが課され、そういった中にはプールや池なんども設けなければならないと、アルマトイ動物園において欧州のホッキョクグマ飼育の基準レベルを達成するには非常に資金的な負担が大きいと語っています。まあこれは、旧ソ連・東欧圏の動物園が西側の欧州に目を向けていった場合に必ず問題となってkることで、エストニアのタリン動物園でも新しいホッキョクグマ飼育展示場の建設のための資金集めに四苦八苦している現状もすでにご紹介しています。またポーランドのワルシャワ動物園については「ポーランド・ワルシャワ動物園のグレゴールとアレウト ~ 飼育環境の改善への期待と同園の今後の役割」という投稿を御参照下さい。
a0151913_23253145.jpg
アルマトイ動物園のアリコル  Photo(C)informburo.kz

ホッキョクグマの飼育というのは、こういった地域における動物園や中小都市の小さな動物園にとって、西側の欧州との関係を深めようとすれば常に高いハードルが課されてくることになっているのが現状です。しかし不思議と、ホッキョクグマの飼育展示から撤退しようという方向に向かう動物園はほとんどないようです。アルマトイ動物園のこれからの取り組みに注目していきたいと思います。

(資料)
informburo.kz (Oct.7 2016 - В Европе животные живут лучше, чем люди в Казахстане – директор зоопарка Алматы)

(過去関連投稿)
カザフスタン・アルマトイ動物園、アリコルの独居の「孤独」
カザフスタン ・ アルマトイ動物園に暮らすアリコルへの朗報 ~ 動物園大改修計画による飼育環境改善へ
カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコルの近況 ~ 地元のファンの温かいまなざし
カザフスタン・アルマトイ動物園の「国際ホッキョクグマの日」のアリコルの姿 ~ 氷のケーキのプレゼント
カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコルの夏の日 ~ 情報の少ない旧ソ連圏のホッキョクグマたち
カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコルが飼育展示場で三匹の猫たちと平和に共存
カザフスタン・アルマトイ動物園、アリコル(Алькор) の「国際ホッキョクグマの日」
デンマークのオールボー動物園が雌のメーリクとヴィクトリアのパートナー候補の雄を世界中に求めて調査中
カザフスタン・アルマトイ動物園がアリコルのパートナー探しを開始 ~ 旧ソ連圏の事情の背景を読む
カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコルの近況、そして同園のスキャンダルと背後の「黒い影」
カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコル、抜歯治療はX線検査の結果次第とモスクワ動物園主任獣医が診断
カザフスタン・アルマトイ動物園がモスクワ動物園主任獣医の診断に反発 ~ アリコルのX線検査は様子見へ
カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコルが病気であることを同園が明らかにする

(*カリーニングラード動物園関連、訪問記)
カリーニングラード動物園を訪ねる ~ 老ホッキョクグマの姿を求めて
世界最高齢のホッキョクグマ、間もなく38歳になるスネジンカの姿に感激!
カリーニングラード動物園訪問2日目 ~ スネジンカさん、お元気で! 必ずまたお会いしましょう!
ロシア・カリーニングラード動物園のスネジンカ、その日常の姿(1) ~ 遠征での映像より
ロシア・カリーニングラード動物園のスネジンカ、その日常の姿(2) ~ 遠征での映像より
ロシア・カリーニングラード動物園のスネジンカ、その日常の姿(3) ~ 遠征での映像より
ロシア・カリーニングラード動物園、最高齢のスネジンカ逝く...
ロシア・カリーニングラード動物園で一昨年亡くなった故スネジンカのソ連時代 (1980年) の貴重な映像
by polarbearmaniac | 2016-10-10 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2017-10-11 14:00
オランダ・レネン、アウヴェハ..
at 2017-10-11 01:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag