街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園でのシモーナ親子への「エンリッチメント (Обогащение) 」

a0151913_058258.jpg
Photo(C)Московский Зоопарк/Надежда Май

モスクワ動物園で一昨年2014年の11月10日にシモーナお母さんから誕生した雄と雌の双子(*モスクワ動物園は性別を全く公表していませんが、現地で雄と雌であるというモスクワ動物園の見解を得ています)は間もなく二歳になりますが、依然として母親であるシモーナと同居しているようです。先日ロシア極北で保護された野生孤児のニカがモスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設に収容されたという投稿の中で同施設内で映っていた個体がこの双子のうちの一頭ではないかと推測したものの、どうもあの個体はそうではなかったようです。
a0151913_0335282.jpg
Photo(C)Московский Зоопарк/Надежда Май

さて、モスクワ動物園というのはホッキョクグマの繫殖実績においては世界最高の実力を持ち、繁殖の主役として飼育展示のメインに据えたペアはことごとく繁殖に成功させるという実力を持っているわけですし、モスクワ市民もホッキョクグマの赤ちゃんの存在を当然のものだと考えているののの、それでも毎回多くの人々がその親子を見るために動物園にやってきます。そしてその赤ちゃんの登場シーンは多くのメディアによっても写真や映像で報じられるわけです。ところが意外かもしれませんが実はその「舞台裏」というものについては、まるで一種の秘密主義ででもあるかのように外部に出してくる情報は非常に少なかったというわけです。6~7年ほど前といった段階では飼育しているホッキョクグマの名前すら明らかにしないというほどだったわけでした。良く言えば、これは「種としての展示」に徹していたということにもなるでしょう。どの個体がシモーナなのか、どの個体がムルマなのか、などといったことはまるでわからなかったというわけではなく、それ以前に同園は飼育しているホッキョクグマの名前すら全くメディアを通じて外部に知らしめるということもなかったということです。そうした情報の閉鎖的状態を少しずつこじ開けたいというのが私がこのブログで試みてきたことなのです。シモーナやムルマといったホッキョクグマがいったいどういった性格であり、どういった育児を行うかについてかなり明らかにしてきたと思っていますし、そういったことを追及したファンは欧州やロシアを見渡しても私だけだろうと思っています。ロシアの動物園というのは、それがたとえ首都モスクワにあったとしても欧米のファンの方々には遠い存在の動物園だということです。
a0151913_0244035.jpg
Photo(C)Московский Зоопарк/Надежда Май

ところがモスクワ動物園もここ2~3年は少しずつ情報を外に出すようになり、少なくとも飼育しているホッキョクグマの名前くらいは公にするようになってきたわけです。それにつれて、シモーナやムルマといった偉大な母親たちの名前がマスコミにも登場することになり、そして飼育員さんたちがニュース映像で語るシモーナやムルマやウランゲリの性格というのは私が実際にこういったホッキョクグマたちをまとまった時間観察して感じた内容とほとんど同じであるということです。
a0151913_025754.jpg
Photo(C)Московский Зоопарк/Надежда Май

今回モスクワ動物園はシモーナ親子に対して与えられたエンリッチメント (Обогащение) としてのおもちゃと、それで遊ぶ親子の映像を公開しました。まずその映像を見てみましょう。特に取り立てて変わったシーンというものはないようです。双子のうち雄(オス)の体が成長して母親であるシモーナとそう変わらない大きさになっています。



こういったホッキョクグマ親子とおもちゃのシーンというのは札幌や大阪でさんざん見慣れているわけですしモスクワ動物園では今までも良く見られたシーンなのですが、それをあえて「エンリッチメント (Обогащение) 」という言葉を用いて一般に紹介したのは多分これが初めてではないでしょうか。上の映像ではシモーナがかなり子供たちの持っているおもちゃを奪おうとしていますが、そういったことは子供たちにとっての良い刺激になっているように思えます。 さて、比較的最近のこの親子の姿を別の映像で見てみましょう。





次の映像が双子も体の大きさからしてひょっとしたら今年の春の映像かもしれません。この映像では子供たちが退屈そうにしているのに気が付いているシモーナは、いったいどうやったら子供たちに手劇を与えてやれるかを思案しているような姿に見えます。



さて、この「エンリッチメント」に話を戻しますが、一般的にホッキョクグマなどにおもちゃを与えて退屈しないように刺激してやるといったことは英語圏では "Behavioral enrichment" (「行動エンリッチメント」)という概念カテゴリーに当たるものと考えられます。ところがこの「エンリッチメント」にはもう一つ、"Environmental enrichment” (「環境エンリッチメント」)という概念が存在しています。日本ではどうもエンリッチメントというと、それは全て "Environmental enrichment” として位置付けられているようです。この "Behavioral enrichment" と "Environmental enrichment" との関係は微妙ですね。私の理解では後者は前者を内包した上位概念であると考えています。ですから実は日本の動物園でホッキョクグマに対して行われているエンリッチメントは内容から言えばまさに "Behavioral enrichment" であるにもかかわらず、これは全て "Environmental enrichment" に含まれているのだという言い方をしても良いという理解です。
a0151913_035567.jpg
Photo(C)Московский Зоопарк/Надежда Май

さてところがドイツ語圏ではこの二つを区別せず単に "Enrichment" という単独概念で扱っているようです。ではロシア語圏ではどうかといいますと、これは調べてみたのですがどうもドイツ語圏に近い概念で理解されているようです。つまり「エンリッチメント (Обогащение)」という単独概念で理解されているようです。こういった概念カテゴリーの区分は実に難しいです。私はこの問題についてはあまり深入りしたいとは思いません。ただし日本でよく言われているように「動物園での展示には"形態展示"と"行動展示"の二つがあり、旭山動物園は"行動展示"を採用している。」などという考え方が海外では全く通じない誤った概念規定に基づく言い方(考え方)であるということだけははっきりさせておきたいと思います。「形態」と「行動」は相反する概念ではないことは明白だからです。

(資料)
Московский Зоопарк (Oct. 10 2016 - Обогащение среды обитания белых медведей в Московском зоопарке) (vk/Oct.13 2016)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 出産はシモーナが濃厚、ムルマも出産したか?
モスクワ動物園で誕生の双子の赤ちゃんが戸外へ初登場! ~ 「大本命」シモーナの貫録
モスクワ動物園のシモーナ親子のお披露目の日の姿 ~ シモーナの貫録と安定感、そして大らかさ
モスクワ動物園の飼育主任エゴロフ氏の語るシモーナとムルマ ~ 幼年個体の単純売却は行わない方針へ
モスクワ動物園のシモーナお母さんと双子の赤ちゃんの近況 ~ 同園の自然体の姿勢
モスクワ動物園のホッキョクグマ飼育展示場から、遂に待望のライブ映像配信が開始!
モスクワ動物園のシモーナ親子、そしてウランゲリとムルマの近況について ~ 不満のライブ映像配信
モスクワ動物園・休園日の月曜日のシモーナ親子、ウランゲリ、ムルマの姿を捉えた長時間映像
モスクワ動物園の双子が間もなく一歳となる ~ 聞こえてこない移動先
ロシア・西シベリア、バルナウル動物園が狙うホッキョクグマ飼育展示への新規参入 ~ 可能なのか?
モスクワ動物園のシモーナの双子が一歳となる ~ 双子のうち雌が来年にペンザ動物園へ移動か?
モスクワ動物園のシモーナお母さんと双子の子供たちの近況 ~ 双子の移動は間近か?
モスクワ動物園、シモーナ親子の「国際ホッキョクグマの日」 ~ 雄雌の双子は近々国外の動物園へ
モスクワ動物園のシモーナ親子の近況と双子の移動先 ~ 次世代の血統面を無視すれば札幌は有り得るが...
モスクワ動物園、ホッキョクグマ繁殖に三年サイクルを導入か? ~ バルナウル動物園の個体入手希望に不承諾

(2015年8月 モスクワ動物園訪問記)
シモーナお母さん、今回も本当に御苦労様です、双子の赤ちゃん初めまして!
モスクワ動物園の双子の赤ちゃんの性別を予想する ~ 「雌(f)/雌(f)」か「雌(f)/雄(m)」か?
シモーナ、偉大なる母のその素顔 ~ より一層洗練され磨きがかかった世界最高の育児技量
モスクワ動物園二日目 ~ 連日の好天の下でのシモーナ親子の日常の姿
モスクワ動物園三日目 ~ 快晴の土曜日のモスクワ動物園に勢揃いした主役たち
ウランゲリ(旭山動物園イワンの父)、その省力化された生活が生み出す持久力のある活躍ぶり
ムルマ(男鹿水族館、豪太の母)、その最後の繁殖を狙おうとするモスクワ動物園
モスクワ動物園四日目 ~ ウランゲリとムルマの相互不干渉の同居
シモーナお母さんと双子の赤ちゃんとの関係
雪ちゃん(仮称)とポリちゃん(仮称)は果たして雌(メス)の双子か? ~ 瓜二つの外見と行動
モスクワ動物園五日目 ~ ムルマ(豪太の母)とウランゲリ(イワンの父)はやはり相性が悪い?
シモーナお母さんと雪ちゃん(仮称)とポリちゃん(仮称)の双子の様子 ~ 今日のアルバムより
(2015年9、10月 モスクワ動物園訪問記)
モスクワ動物園六日目 ~ 一か月後のシモーナ親子の変化を探る
シモーナ(Белая медведица Симона)、偉大なる母親としてのその素顔
ウランゲリ(Белый медведь Врангель)の憂鬱 ~ ムルマとの微妙な関係
ムルマ(Белая медведица Мурма)の置かれた苦境 ~ ウランゲリとの微妙な関係
モスクワ動物園七日目、今日のアルバムより ~ 子供たちの活動とテンポが合うシモーナの優秀さ
モスクワ動物園八日目、今日のアルバムより ~ 秋に見せるホッキョクグマたちの表情
モスクワ動物園九日目、今日のアルバムより ~ 寒風晴天下のホッキョクグマたち、そして驚きの解題
シモーナ(Белая медведица Симона)、その心に染み入るような美しさを放つ母性
by polarbearmaniac | 2016-10-15 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag