街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ロストック動物園から旅立つ日の近いフィーテの成長を振り返る

a0151913_23215135.jpg
フィーテ  Photo(C)Zoo Rostock & Darwineum

一昨年2014年の12月3日にドイツのロストック動物園でヴィルマお母さんから誕生した雄のフィーテは間もなくロストック動物園から旅立つわけですが、フィーテだけでなくヴィルマお母さんも、そしてヴィルマの母であり繁殖からはすでに引退している27歳のヴィエナもこのロストック動物園から2018年の春までの期間中は他園に移動することとなっています。前回も述べましたが、それは同園において新しいホッキョクグマの飼育展示場 ("POLARIUM") がその期間中に建設されるからです。この三頭を一家と考えて "Fiete & Co." という名前でロストック動物園では呼んでいるわけです。日本の動物園でこういった言い方で括れるのはララファミリーで、それはまさに "Lara & Co." と呼ぶべきものかもしれません。

さて、この "Fiete & Co." のお別れ会は16日の日曜日に大々的にロストック動物園で開催されるそうですが、それに先立ってロストック動物園と地元のTV局(TV Rostock)とがフィーテの成長を振り返る映像を公開していますので見てみましょう。音声はonにして下さい。懐かしいシーンがいくつもあります。





ヴィルマとヴィエナの一時移動先についてロストック動物園はまだ発表していませんが、報道によればヴィルマはデンマークのスカンジナヴィア野生動物公園のようです。フィーテについてはハンガリーの動物園という情報をマスコミが報じている件は前回ご紹介しています。おそらく候補は二つあって、ひとつはニーレジハーザのソスト動物園、もう一つはブダペスト動物園です。ドイツの方々の意見ですと前者説がほとんどのようです。しかしそうであるとしてもハンガリーの動物園というのは非常に意外です。何故欧州の雄の幼年・若年個体の集中プール基地であるイギリスのヨークシャー野生動物公園ではないのかが気になります。ここのところ欧州のホッキョクグマの移動に係る話には何か少し今までのような通例とはやや離れたものを感じます。たとえばオランダのフリースラント・アクア動物園(AquaZoo Friesland)にデンマークからネヌが移動してきたというような件もそうです。憶測のようなものが浮かんでは来ないわけではないのですが、しばらく状況の推移を見守りたいと思います。

(資料)
Zoo Rostock (Aktuelles/Tschüss, Fiete!)
Süddeutsche.de (Oct.16 2016 - Eisbären verlassen Rostocker Zoo)
Die Welt (Oct.16 2016 - Rostocker Eisbären um Publikumsliebling Fiete verlassen Zoo)

(過去関連投稿)
ドイツ・ロストック動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ヴィルマが自己の12歳の誕生日に出産
ドイツ・ロストック動物園で誕生の赤ちゃんは順調に生後五週間が経過 ~ 性別判定を急ぐ同園
ドイツ・ロストック動物園で誕生の赤ちゃんは順調に生後7週間目へ ~ ヴィルマお母さんの母性
ドイツ・ロストック動物園の赤ちゃん、産室内で運動量が増す ~ ヴィルマお母さんの丁寧な育児
ドイツ・ロストック動物園の赤ちゃん、産室内で転げまわる ~ 生後58日が経過
ドイツ・ロストック動物園でヴィルマお母さんから誕生した生後二か月の赤ちゃんの性別は雄(オス)と判明
ドイツ・ロストック動物園で誕生した雄の赤ちゃんに各国メディアが注目 ~ クヌート関連でスターの座へ
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃんが、より活発になる ~ うまく対応するヴィルマお母さん
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃん、生後86日が経過 ~ まだ足取りは幾分安定せず
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃん、産室内でおもちゃのボールで遊ぶ
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃんの候補名5つが選考される ~ ネットでの最終投票へ
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃんの名前が "フィーテ(Fiete)" に決まる ~ 命名式が開催される
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃん、フィーテの近況 ~ おもちゃ好きな性格
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃん、フィーテの生後半年のお祝い会が開催される
ドイツ・ロストック動物園のフィーテがヴィルマお母さんと共に広い展示場(Bärenburg)へ移動
ドイツ・ロストック動物園のフィーテの近況 ~ 元気の良さに手こずるヴィルマお母さん
ドイツ・ロストック動物園のフィーテが一歳へ ~ 彼こそがリラの将来のパートナーの最有力候補か?
ドイツ・ロストック動物園のフィーテの一歳の誕生会が開催される ~ 成長をどう見守り何に昇華させるか?
ドイツ・ロストック動物園のフィーテの成長 ~ 「ロストック系」のプリンスの逞しさ
ドイツ・ロストック動物園のフィーテがハンガリーへ ~ 同園の新しい飼育展示場の工事が開始へ
by polarbearmaniac | 2016-10-16 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ホッキョクグマを飼育している..
at 2017-11-25 00:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag