街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・エメン動物園の新園(WILDLANDS Adventure Zoo Emmen)開園後のノルチェ、ラーレ、ネラ

a0151913_2275516.jpg
新エメン動物園を訪問したヴィレム=アレクサンダー オランダ国王
Photo(C)WILDLANDS Adventure Zoo Emmen

オランダのエメン動物園といえば欧州における雌(メス)の幼年・若年個体の集中プール基地として機能しており、欧州域内の雌の幼年個体は生後約2年間を母親と過ごした後にこのエメン動物園に移動して繁殖可能となる年齢まで飼育され、そしてその後に雄の幼年・若年個体の集中プール基地であるイギリスのヨークシャー野生動物公園で飼育されている雄の個体とペアになるべく、欧州域内の動物園に再び移動するというのがこの集中プール基地システムの機能であることも今まで何回かご紹介してきました。

このエメン動物園については久し振りの投稿となってしまいましたが、今年に入ってから同園は新しい動物園となる” WILDLANDS Adventure Zoo Emmen” として今年の3月に新装再オープンとなっています。それに先立って2月にホッキョクグマの移動作業が行われました。その映像の一部を御紹介しておきます。



この新しい動物園の飼育展示場に初めて登場したノルチェ(2012年11月、オランダ「動物帝国」生まれ)とラーレ(2013年12月 ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園生まれ)の二頭の姿を報じたニュース映像を御紹介しておきます。このノルチェとラーレは非常に仲良しなのですが、二頭共にこの新しい飼育展示場に対して極めて警戒的な様子がありありとわかります。



そしてこの2月にはミュンヘンのヘラブルン動物園からネラ(2013年12月生まれ)が加わってエメン動物園には雌の若年個体が3頭となったわけです。
a0151913_027320.jpg
ネラ Photo(C)Dagblad van het Noorden

そして3月にヴィレム=アレクサンダー ・オランダ国王(His Majesty King Willem-Alexander of the Netherlands)が臨席してこの新しい動物園である” WILDLANDS Adventure Zoo Emmen” がオープンとなったわけです。本ブログではこの新しい動物園についても「エメン動物園」として表記し、場面によっては「新エメン動物園」として旧園と区別を行うこととします。このエメン動物園のオランダ国王臨席による開園式、及び一般客へのオープンの日のニュース映像を御紹介しておきます。





さて、そういったことでノルチェ、ラーレ、ネラの三頭の雌はこの動物園の新しい飼育展示場である "Nortica" で一緒に暮らしているそうですが、後から加わったネラも非常にうまく仲間に溶け込んでいるそうです。そうしたこの三頭の映像を御紹介しておきましょう。まず最初の映像ですが、ここで主に映っているのは多分ラーレとネラではないでしょうか。



次の二つは主にノルチェとラーレのような気がします。こういった年齢の雌のホッキョクグマ同士は闘争になる可能性は非常に低く、こうして適当に水中で取っ組み合いながら遊んでいる時間が長いようです。





この下はラーレとノビのような気がします。



次の映像は三頭が登場していますが、三頭一緒に遊ぶというよりは、絶えず組み合わせを変えながら二頭が遊ぶといったような関係のようです。



仮に札幌・円山動物園の欧州個体との交換交渉が成功するとすれば、マルル、ポロロ、リラのうちの一頭は最終的に欧州域内のどの動物園に行くかは別にして、まずは間違いなくこのエメン動物園に移動することになるでしょう。私はこの三頭では、やはりリラの可能性が幾分大きいような気がしますが、何とも言えません。現在の境遇を考えればマルルがこのエメン動物園に移動した方がよいと思いますがどうでしょうか。日本にいると言っても現在の熊本のことを考えれば、私はマルルがエメン動物園に移るということになればむしろそれを喜びますが。しかし幸か不幸か、私はララファミリー(Lara & Co.)のララの子供たちが欧州に移動するということはないだろうと予想します。しかしアイラとマルルについては可能な限り環境の良い場所に移動したほうがよいと思います。

(資料)
Dagblad van het Noorden (Feb.9 2016 - IJsberen voor het eerst naar buiten in Wildlands)
Dagblad van het Noorden (Feb.18 2016 - Derde ijsbeer voor Wildlands Emmen)
ZuidOosthoeker (Feb.19 2016 - IJsberen nieuwsgierig naar nieuwe onderkomen in Wildlands)
Looopings (Mar.18 2016 - Koning van het dierenrijk: Willem-Alexander opent nieuw themapark Wildlands Emmen)
Hardenberg.nu (Mar. 22 2016 - De opening van Wildlands)
RTV Drenthe (May.2 2016 - Vis-stelende reigers meeverhuisd naar Wildlands)
Emmen.nu (May.17 2016 - Spelende ijsberen in Wildlands)
ZuidOosthoeker (Jun.30 2016 - Alles over de ijsberen van Wildlands)
Emmen.nu (Aug.8 2016 - Spelende ijsberen)

(過去関連投稿)
欧州がホッキョクグマの幼年・若年個体をプールする 「集中基地」 を計画 ~ 雌はオランダ、雄はイギリスへ
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のララ(ラーレ)のお別れ会が開催 ~ エメン動物園へ
オランダ・エメン動物園でのノルチェとラーレの近況 ~ オクタヴィアン(仮称)の移動先となるか?
移動先でのホッキョクグマの近況をどう知り、そしてどう伝えるか? ~ エメン、大阪、徳島...
オランダ・エメン動物園でのノルチェとラーレの近況 ~ 後退を余儀なくされた円山動物園の個体交換構想
オランダ・エメン動物園、来春に新施設が完成 ~ 幼年・若年個体集中基地システムの機能拡充へ
オランダ・エメン動物園のホッキョクグマへの偶然が与えた奇妙な「エンリッチメント」
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブルン動物園のネラとノビの双子が同園を出発、オランダとイギリスに到着
by polarbearmaniac | 2016-10-25 02:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00
ドイツ・ゲルゼンキルヘン動物..
at 2017-12-14 02:05

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag