街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 「双子姉妹の神話」は生きていた!



アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園 (Columbus Zoo and Aquarium) の発表、及び報道によりますと、同園で飼育されている現在9歳の雌のアナーナ (2006年11月25日生まれ) が火曜日 (11月8日) の午後に双子の赤ちゃんを出産したそうです。(*追記 - 報道によりますと一頭目が午後3時53分、二頭目が午後6時52分という出産の時間だっだそうです。) アナーナは赤ちゃんたちの世話をしっかりと行っているそうですが、このタイミングでの発表は最初の関門である生後72時間が経過する直前のところであり、そしてすでに授乳音が確認できているためだからでしょう。冒頭の映像でも赤ちゃんたちの泣き声は盛大です。コロンバス動物園は現時点では楽観的な見通しを行っているようです。但し「初産 (First litter)」での双子両方共にの成育はなかなか難しいわけで、それは昨日のベルリン動物公園のトーニャの場合も言えたわけです。注意して見守りたいと思います。(*追記 - その後の報道によりますと、仮にアナーナが赤ちゃんを育てられない状況になれば人工哺育を行う準備があることを園長さんが語っているそうです。)

(*追記 - 地元のTVニュースです。)


実は今回出産のあったアナーナは同じく同園で飼育されているオーロラと双子姉妹です。そして昨年同園でノーラを産んだのはオーロラであり、その双子姉妹であるアナーナは今回が初めての出産ということになります。「双子姉妹の神話」はやはり生きていたということです。さらにそのアナーナにも出産が期待されているそうですから、仮にそれに成功すればコロンバス動物園では「ダブル出産」に成功するということになるわけです。双子姉妹は引き離さないで一緒に飼育し続け、そして雄一頭を加えて三頭同居を実現させると繁殖成功の確率が高くなるということが今回でも実証されたことになります。

そして以前にも「アメリカ・コロンバス動物園、「遅咲き」の28歳の雄のナヌークに最後の栄光は輝くか?」という投稿で述べましたが、父親である野生出身のナヌークは今年の春の繫殖行動期には28歳にもなっていたのです。28歳という年齢の雄(オス)が繁殖貢献に成功するということは北米では過去100年間には無かったことで、世界では雄(オス)は29歳というのが世界最高齢繁殖貢献記録(確かロストック動物園)だったはずです。「遅咲き」のナヌークに遂に最後の栄光は輝いたようです。

実に素晴らしいニュースです。

(資料)
Columbus Zoo and Aquarium (Newsroom/Nov.11 2016 - Columbus Zoo Polar Bear Delivers Twins)
Columbus Dispatch (Nov.10 2016 - Twin polar bears born at Columbus Zoo)
10TV (Nov.10 2016 - Twin polar bear cubs born at the Columbus Zoo & Aquarium)
nbc4i.com (Nov.10 2016 - Two polar bear cubs born Tuesday at Columbus Zoo)
(*追記資料)
People (Nov.11 2016 - Columbus Zoo Welcomes Polar Bear Twins the Size of Two Sticks of Butter)

(過去関連投稿)
アメリカ ・ オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラ、美しき双子姉妹の楽しいハロウィーン
繁殖のために住み慣れた動物園を旅立ったホッキョクグマ ~ ヘンリー・ヴィラス動物園のナヌークへの期待
アメリカ・バッファロー動物園のナヌークがコロンバス動物園へ ~ 新ホッキョクグマ展示場の建設開始
アメリカ ・ オハイオ州、コロンバス動物園に登場したナヌークへの期待 ~ 25歳の雄の繁殖能力への希望
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹、初産でのダブル出産なるか?
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園がアナーナとオーロラの双子姉妹の出産に向け 「厳戒態勢」
アメリカ・デンバー動物園、コロンバス動物園などがホッキョクグマの妊娠判定にビーグル犬の嗅覚を利用へ
ビーグル犬のエルヴィス君の妊娠判定(5) ~ コロンバス動物園のアナーナとオーロラの姉妹は “妊娠なし”
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園のアナーナとオーロラの双子姉妹はダブル出産ならず
アメリカ・オハイオ州、コロンバス動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生するも二頭ともに死亡
アメリカ・オハイオ州コロンバス動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ オーロラが待望の出産
アメリカ・コンロバス動物園のオーロラお母さん、赤ちゃんの育児を突然止める ~ 人工哺育へ
アメリカ・コロンバス動物園のノーラがポートランドのオレゴン動物園へ ~ その背景を読み解く
北米の過去約100年間の飼育下のホッキョクグマ出産記録が語ること ~ 再び考えるキャンディの今後
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダとメンシコフの不屈の挑戦
アメリカ・コロンバス動物園、「遅咲き」の28歳の雄のナヌークに最後の栄光は輝くか?
アメリカ・コロンバス動物園でのオーロラとアナーナの出産準備態勢
by polarbearmaniac | 2016-11-11 05:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin