街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

「犬の頭を優しく撫でるホッキョクグマ」の映像に隠された驚くべき事実 ~ したたかなホッキョクグマたち



案の定、非常におもしろいことになってきました。「カナダ・マニトバ州チャーチル付近で目撃されたハスキー犬の頭を優しく撫でるホッキョクグマ」という投稿でご紹介したシーンについては世界中で多くのメディアも報じているわけですが、このシーンについて「疑義」を述べるカナダの専門家がカナダ放送協会(CBC)のニュースサイトの17日付けの記事 ("Churchill dog killed by polar bear on 'only night' owner didn't put out food") に登場しています。

この映像はチャーチルの住民であるブライアン・ラドゥーン(Brian Ladoon)氏の所有する土地で先週末に撮影されたわけですが、実はこのラドゥーン氏はこの土地("Mile 5 Dog Sanctuary")で、そりを引く犬の繁殖を行っているブリーダーだそうですが、先週一頭のホッキョクグマがここで犬を襲って殺してしまったために自然保護官(Consevation officer)がこのラドゥーン氏の私有地から三頭のホッキョクグマを麻酔銃なども使用して別の場所に移動させるという出来事があったそうです。一頭はチャーチルのホッキョクグマの保護収容施設に送られ、あとの二頭は親子だったそうですが、この二頭もここから追い払うという処置を自然保護官は行ったそうです。その際に自然保護官は実はどうもこのホッキョクグマの親子はラドゥーン氏から食べ物をもらっていたのではないかという疑いを抱いたようです。ラドゥーン氏はCBCの取材に対して、先週のある一夜、たまたま(?)犬たちを鎖につないだままにしてしまい(通常は放して飼育)、そしてたまたま(?)その日はホッキョクグマに食べ物を与えなかった日だったそうで、そのために犬がホッキョクグマに襲われて殺されてしまったのだとラドゥーン氏は語っています。マニトバ州の絶滅危惧種法(Endangered Species Act)では野生のホッキョクグマに食べ物を与えることは禁止されているわけで、ブライアン・ラドゥーン氏はホッキョクグマたちに食べ物を与え(続けてい)たことを認めたわけでした。つまりマニトバ州の絶滅危惧種法(Endangered Species Act)に違反していたことを認めたわけです。さらに非常に慎重で回りくどい言い回しをCBCの記事では行っているわけですが、要するにラドゥーン氏は先週に関する限りは実質的に「ホッキョクグマにエサとして犬を与えた」ということを、たとえ結果としてであれ行ってしまったということになります。

この下の映像は非常に有名な映像ですが、ここに映っているのが今回問題のブライアン・ラドゥーン氏であり、そしてホッキョクグマたちはブライアン・ラドゥーン氏の飼っている犬たちとこういった関係になっていたということなのです。要するに「ホッキョクグマと犬との友好的な関係」を示す映像は、あくまでラドゥーン氏の私有地でラドゥーン氏が飼育している犬たちだけとの関係なのではないかということです。そして、冒頭の映像でもこの下の映像でもラドゥーン氏の私有地では犬たちに対して非常に友好的に見えるホッキョクグマたちにもかかわらず、その場所で先週にホッキョクグマが犬を襲って殺したという事件をどう考えるかということなのです。



(*追記)- おっと、忘れていました。先日ご紹介した下の映像の中でもラドゥーン氏と犬たちは登場していました。開始後9分30秒以降のあたりです。要するにこれは "Polar Bear Tourism" というものの持つ一つの実態でもあるということです



「俺たちに食い物をくれる人の飼っている犬と仲良くしているところを見せてやろうか?」と、したたかなホッキョクグマたちは考えていても不思議でないということなのです。事実ラドゥーン氏は観光客から金をもらってこういうシーンを見せていたこともあったようです。いやはや....私たち人間はホッキョクグマたちに、まんまと一杯食わされたということなのでしょうか。考えてもみれば冒頭の今回の映像のホッキョクグマは野生にもかかわらず非常に栄養状態が良いように見えます。ラドゥーン氏からかなり食べ物をもらっていて、その「お礼」にこういったことを行って人間に見せてくれたのかもしれません。

ホッキョクグマ研究者として世界的にも非常に著名であるカナダ・アルバータ大学のイアン・スターリング(Ian Stirling) 氏は現在世界中で話題になっている冒頭の映像について、こういったことは自然界では起こりえないと語ります。つまりこのシーンには何かそこに人間の存在という要素が介在しているという見方をしています。つまり、これはホッキョクグマが自由意思で自然に行った行動ではないという見方です。そして、ホッキョクグマ、犬、特定の人間というものが「食べ物」を介在として一見は親しそうな関係を作ることは、回り回って他の地域でホッキョクグマが人間のいる場所により接近することに繋がり、そしてそれは人間がホッキョクグマを射殺せねばならない状況を生み出すと、強い危惧の念を示しています。

要するにイアン・スターリング氏は、そもそもホッキョクグマが犬に親愛の情を示すということは自然界では有り得ないと語っているわけです。北極圏においてどういった場合にホッキョクグマが犬と遭遇するかを考えてみると、その犬がそりを引いている犬である場合に限られます。そりの存在は、すなわちそこに人間の存在があるわけです。あるいはホッキョクグマが人間の居住地に出没して犬に遭遇する場合などですが、このケースも「人間」というものの存在は介在しているわけです。

確かに我々が「ホッキョクグマというのは、かくかくしかじかの行動を行う。」という理解はあくまで我々人間が彼らを実際に見て判断しているわけです。なるほどそれは "Je pense, donc je suis."(我思う、ゆえに我あり)という世界と似ているわけです。要するにイアン・スターリングの述べることは、「自然界においてホッキョクグマと犬だけの純粋な遭遇は無い。」ということを言っているのと全く同じであり、何ら変わりはありません。

私はホッキョクグマというのはまだわからない謎の多くある動物であると思っています。ですから果たして本当にホッキョクグマが自分の意思で犬に親愛の情を示すということがないのかについては、まだわからないとしか言いようがないと思っています。今回の件に関して言えば私は。「ホッキョクグマは人間の存在をどこかで意識しつつ、自分たちの都合の良い時だけは犬にも優しく振る舞うこともある。」ということが真実なのではないかと思うのですが......。

(資料)
CBC (Nov.17 2016 - Churchill dog killed by polar bear on 'only night' owner didn't put out food)
Toronto Sun (Nov.17 2016 - Polar bear killed sled dog where cute viral video was shot)

(過去関連投稿)
カナダ・マニトバ州、チャーチルのホッキョクグマ保護収容施設 (俗称 “Polar Bear Jail”) について
餓死したホッキョクグマの写真を掲載した報道記事の波紋 ~ イアン・スターリング氏のコメントをめぐって
カナダ北部、ヌナブト準州の村落近くでホッキョクグマ親子3頭が射殺される ~ 経験と科学の相克
ホッキョクグマと(ハスキー)犬との不思議な関係
カナダ・マニトバ州チャーチル付近で目撃されたハスキー犬の頭を優しく撫でるホッキョクグマ
by polarbearmaniac | 2016-11-19 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin