街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

白浜・アドベンチャーワールドのライト(血統番号#3333) が満三歳となる



白浜のアドベンチャーワールド (以下 AWSと略記)で2013年11月22日に誕生して人工哺育された雄の「ライト - 血統番号#3333 (仮称:プロスペロー)」が無事に満三歳となりました。その映像をAWSが公開しています。

満一歳までの成長を追いかけたのは過去関連投稿で御参照頂ける通りです。何か非常にひ弱な感じのある赤ちゃんでしたが、こうして三歳となった姿を見ますと限りなく普通のホッキョクグマに成長したようにも見えます。映像で断言するのは難しいですが、やや体は小さいのかなとも感じます。現在の推定体重は180キロだそうです。ちなみに私はこのAWSには2009年の11月初頭だったでしたでしょうか、あの故ミライが一般公開された初日に訪問して以来、全く行っておりません。あの人工哺育された故ミライ (血統番号#3017) を、生後何週も経過していない段階でああいった形で一般公開したのは非常に大胆な試みであったと思っています。それ以前にも以後にも世界のホッキョクグマ界で全く例のない展示方法でした。欧州のファンの方々の反応は、案の定まさに私が予想していた以上のものでした

さて、このライト(彼は実はそういう名前であるのだということをある時に私に教えてくれた方がいらっしゃいました。綴りが Right なのか Light なのか Wright なのかをお聞きするのをうっかり忘れてしまいましたが)の血統番号は#3333 であり、同じ数字が四つ並んだ稀有のケースです。欧州のファンの方々の中にはこのライトこそが大阪のシルカのパートナー(候補)であると考えている方がいらっしゃるようです。年齢的に言えば確かにシルカと同じではありますが.....。

ライトの母であるオホトはかつてのスコットランドの名ホッキョクグマであった故メルセデス(マーセディス - Mercedes 1980~2011)です。このメルセデスについては昨日の「老齢のホッキョクグマを幼年個体と同居させるとどうなるか? ~ メルセデス、タサル、アンデルマ」という投稿でも触れました。イギリスのファンの方々には、オホト、故ミライ、ライトという三頭には特別の思いがあるように私は聞いています。何故なら、それは故メルセデスの子孫であるからです。メルセデスというホッキョクグマは実に美しい姿をしたホッキョクグマでした。それは過去関連投稿をご覧いただければ一目瞭然だと思います。

(*追記)メルセデスがエディンバラ動物園に飼育されていた時代の映像を御紹介しておきます。まさにこの飼育展示場でこの母親にオホトは育てられたわけです。メルセデスはその後2009年10月に環境の良いハイランド野生公園に移動したわけですが、その様子もご覧になれます。



このAWSの人工哺育の技術は、ホッキョクグマに限らず他の種においても極めて高いという評価になっています。「技術」というものをどう定義・解釈するかという問題はあるでしょう。世界的にホッキョクグマの人工哺育の技術が極めて高い横綱格と評価されているのはカナダのトロント動物園とデンマークのスカンジナヴィア野生動物公園です。この二園の「技術」とAWSの「技術」は、「技術」という用語は多義的であることをも示しているように思います。

このライトには故ミライの最期のようなことが二度と起きないように願っています。

(資料)
アドベンチャーワールド (Happy New Release/Nov.22 2016 - ホッキョクグマが3歳を迎えました!)
The Telegraph (Oct.22 2009 - Britain's only polar bear moved north to escape climate change)

(過去関連投稿)
白浜のアドベンチャーワールドでホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ "La fin justifie les moyens ?"
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの生後5日目の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの一般公開開始の日の映像
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの生後2週間目の映像
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後一か月前後)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後一か月半)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後二か月経過)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の赤ちゃんの最近(生後66日経過)の映像が公開
白浜のアドベンチャーワールドで誕生の雄の赤ちゃん、初めての戸外散歩を行う
白浜のアドベンチャーワールドで昨年誕生の雄の赤ちゃんの近況
白浜のアドベンチャーワールドで昨年誕生の雄の赤ちゃんの七夕のイベントが開催される
白浜のアドベンチャーワールドで昨年誕生の雄の赤ちゃんの近況 ~ 個体識別概念の放逐は何故か?
白浜のアドベンチャーワールドの雄のプロスペロー(仮称)が満一歳となる ~ "Orso tragico" ?
(*故ミライ関連)
和歌山・白浜、アドベンチャーワールドのミライが急死
和歌山・白浜、アドベンチャーワールドのミライの死の状況から死因を憶測する
(*故メルセデス関連)
南紀白浜アドベンチャーワールドのオホトのお母さんメルセデス(写真)は健在!
ホッキョクグマの健康管理 ~ スコットランドのメルセデス(南紀白浜AWSのミライの祖母)の体重測定
オランダのウォーカー、スコットランドへ! ~ 新しい繁殖基地への期待
スコットランド・ハイランド野生公園に到着したウォーカーがメルセデスと初顔合わせ
雪と寒波に御満悦な表情のホッキョクグマ ~ スコットランドのウォーカーとメルセデス
スコットランドのメルセデス、重い骨関節炎で病床に臥せる ~ 危惧される「安楽死」決定への可能性
スコットランドのメルセデス、とうとう安楽死が執行される!
メルセデス (1980 – 2011)、その生涯の軌跡
by polarbearmaniac | 2016-11-22 14:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin