街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 乳腺刺激薬投与へ



デンマーク・コリン(Kolind) のスカンジナヴィア野生動物公園 (Skandinavisk Dyrepark)で11月23日水曜日の午前2時17分に一頭目、午前6時に二頭目とホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生しました。産んだのは22歳のイルカお母さんです。フランク・ラルセン園長は「赤ちゃん誕生後の一時間に好ましくないことがいくつか発生したが今は言えない。」と、その詳しい内容については最初の段階では語っていなかったのですが、しばらくしてラルセン園長は下の映像で次のような説明を行っています。その映像におけるラルセン園長の説明によりますと、赤ちゃん誕生補非の昼間は二頭それぞれに対する授乳がうまくいっている音が聞こえたために安心したものの、その日の夜になって事態が悪化したそうです。通常は授乳が終わるとその後しばらくは赤ちゃんたちは安心して眠ってしまうのが通常の場合であるのに、夜になって赤ちゃんたちは眠る時間が非常に短くなり、そして泣き叫ぶようになっしまったそうです。これはつまりイルカお母さんの母乳が出なくなってしまったために赤ちゃんたちは母乳を飲むことができなくなっていることを意味しています。同園は事態を重視して翌日24日木曜日の朝に思い切ってイルカお母さんに麻酔をかけて眠らせ、乳腺に刺激を与えて母乳の出ることを促進する乳腺刺激薬を投与したそうです。やがてイルカお母さんは麻酔から覚醒して赤ちゃんたちに寄り添っているそうですが、投与した薬の効力が出るまでは24時間が必要であり、その間の時間が非常に心配であるということだそうです。以下の映像は必見の映像です。ラルセン園長の説明に合わせて、そのシーンが展開していきます。音声は必ずonにしていただき、全画面表示でご覧下さい。過去のシークーの人工哺育のシーン、今回の一頭目と二頭目の赤ちゃんの出産シーンや産室内での乳腺刺激薬の投与のシーンも登場しています。



確かにイルカお母さんは彼女の最初の出産であったシークーの時には母乳が出なかったためにシークーは人工哺育となったわけです。二度目の出産であったネヌとヌノの双子の時には出産前にこの乳腺刺激薬を与えたためにイルカお母さんはなんとか母乳が出たということがありました。今回はその薬を与えずにイルカお母さんは出産に臨んだわけですが肝心な時に母乳が出なくなってしまったわけで、これは大変な事態です。赤ちゃんたちが心配ではあるものの、ラルセン園長の上の説明は実に素晴らしいと思います。いったい世界の他のどこの動物園で園長さん自身がこうした事態の緊迫した微妙な時期に自分の言葉でファンに状況をきちんと説明できる人がいるでしょうか? 話ぶりにも高い見識が感じられます。やはりデンマークはホッキョクグマ飼育の最先進国なのです。産室内で生まれたばかりの赤ちゃんたちが危機的状況に陥り、そして担当者はそれにどう対処しているかを説明して情報を発信するという姿勢には頭が下がります。

そういったことはともかくとして、イルカお母さんの母乳がなんとか早く再び出てほしいものです。緊迫の状況は続きます。

(*追記)産室内の親子のやや長い映像が公開されていますので追加しておきます。



(資料)
TV 2 | ØSTJYLLAND (Nov.24 2016 - Isbjørnetvillinger er kommet til verden i østjysk dyrepark)
by polarbearmaniac | 2016-11-25 02:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin