街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

周南市・徳山動物園のユキが亡くなる ~ 「永遠の若さ」を抱いて星の彼方へ....

a0151913_16365667.jpg
ユキ (Eisbärin Yuki/Белая медведица Юки)
(2014年11月22日撮影 於 徳山動物園)

山口県・周南市の徳山動物園から発表がありました、同園で飼育されていた雌のホッキョクグマのユキ(推定1984年生まれ)が昨日11月28日20時頃に老衰と思われる理由で亡くなったとのことです。(*追記 - 山口放送のニュースによると、解剖の結果ユキの死因は肝臓にあった腫瘍からの出血による失血死だと報じています。)同園では11月15日よりユキには繰り返しの嘔吐がみられたため展示を中止しましたが以降自力飲水はあるが、採食は一切なく、次第に衰弱進んで投薬・補液等の治療を実施するも11月8日朝時点で横臥状態から回復できない状況になっていたとのことです。同園ではユキの推定年齢を31歳としていますが、これは31歳でも32歳でも、どちらも可能でしょう。
a0151913_16291036.jpg
ユキ (Eisbärin Yuki/Белая медведица Юки)
(2012年6月30日撮影 於 徳山動物園)

手持無沙汰なユキ - Yuki the Polar bear, waiting for something, at Tokuyama Zoo, Japan on Jul.5 2014)

ユキに氷のお中元 山口・徳山動物園 (2013年 映像 朝日新聞社 )

このユキというホッキョクグマは私の会った印象では、ちょっと抽象的な言い方になりますが、非常にフォーカスのはっきりとして線の強いホッキョクグマであったと思っています。そして性格的にも強さを秘めたホッキョクグマだったと思っています。海外のホッキョクグマの例で言えばロシア・カザン市動物園のマレイシュカに似た印象がありました。このユキは老齢となっても、そういった年齢を重ねるにつれて次第に増していくはずの「威厳」といったものよりも、年齢を重ねることを拒否したような「永遠の若さ」といったものが備わっていた稀有のホッキョクグマだっただろうと思っています。紫式部よりも清少納言がユキには近かったでしょう。(*後記 - こういった方がより正確でしょう、つまり「ユキは『老成』や『成熟』とは良い意味で無縁のホッキョクグマだった」と....。)

ユキの表情の変化 - A variation in Yuki the Polar bear's facial appearance, at Tokuyama Zoo, on Jul.5 2014

先日の「徳山動物園のユキとヨハネスブルグ動物園の故ギービー(札幌生まれのポロのパートナー)は双子姉妹だった!」という投稿でこのユキの出自を徹底的に調査した結果を述べましたが、ユキと双子姉妹であったヨハネスブルク動物園の故ギービーとこのユキは、性格的に正反対だっただろうことは間違いないと思われます。「剛」のユキ、「柔」のギービーということです。カナダで保護された野生孤児の双子姉妹はこうして一方は日本へ、一方は南アフリカへと移送されたわけでした。性格的に正反対であったと思われるユキとギービーでしたが、共に地元の人々に深く愛されたという点では共通しています。
a0151913_16302430.jpg
ユキ (Eisbärin Yuki/Белая медведица Юки)
(2012年6月30日撮影 於 徳山動物園)

謹んでユキの死に哀悼の意を捧げます。本当に今までありがとうございました。

(資料)
周南市徳山動物園 (Nov.29 2016 - ホッキョクグマ「ユキ」が亡くなりました)
(*追加資料)
山口放送 (Nov.29 2016 - ホッキョクグマのユキが死ぬ)
(前略)"動物園の説明によると、最近は食欲がなく11月15日からは嘔吐を繰り返した為、展示を見合わせていたが、28日になって立ち上がれないほど衰弱、午後8時に死んだという。解剖の結果、死因は肝臓にあった腫瘍からの出血による失血死とみられている。飼育担当の山崎真さんは「寿命を超える年齢まで生きてくれて、本当に長い間お客さんを楽しませてくれたので心から有難うと思う。本来生物の目的は遺伝子を後世に残す事、子どもを残すことができず飼育担当として申し訳ないごめんなさいと強く思う」と話した。" (後略)
産経新聞 (Nov.29 2016 - ホッキョクグマのユキ死ぬ 人間なら80~90歳、山口)
山口新聞 (Nov.30 2016 - ホッキョクグマのユキ死ぬ 徳山動物園)

(過去関連投稿)
徳山動物園のホクト逝く ~ 閉塞状況打開を目指したその功績と意義
現在日本国内最高齢のホッキョクグマはどの個体か? ~ カアチャン、ユキ、ナナの三候補を比較する
阿蘇・カドリー ドミニオンのカアチャン亡くなる ~ 国内最高齢(1983年誕生) が実は真相だった
徳山動物園のユキとヨハネスブルグ動物園の故ギービー(札幌生まれのポロのパートナー)は双子姉妹だった!

(徳山動物園関連)
周南市徳山動物園のユキ、その変わらぬ「永遠の青春」の素顔
美しく年齢を重ねたユキ、その出自の奇妙な謎に迫る ~ カアチャン、ミッキー、謎の死亡個体X を結ぶ線
晩秋の陽光の徳山動物園、ユキの 「オリジナル スマイル」 ~ 「永遠の青春」の笑顔
ユキが身を任せる時間 (詩的、哲学的感興) ~ 動物園の時間を超えて、そして遠い記憶の時間を超えて..
by polarbearmaniac | 2016-11-29 15:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin