街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ユキ (ca.1984 ~ 2016)、「まぶたの裏」で永遠に記憶されるホッキョクグマ

a0151913_21244129.jpg
ユキ (Eisbärin Yuki/Белая медведица Юки)
(2012年6月30日撮影 於 徳山動物園)

先日亡くなった徳山動物園のユキですが、その訃報以来、彼女の生前の姿があまりにも鮮やかに私の記憶に蘇ってくる毎日です。まるで彼女は亡くなってはいないような錯覚に囚われてしまっています。私個人にとってもこれは非常に特異な体験であるように感じます。何故これほどまでに彼女のイメージが鮮やかであるのかについて私は彼女の訃報後に書いた投稿でもそれを述べたつもりでしたが、再度まだ振り返って見てユキというホッキョクグマがどういうホッキョクグマであったかを改めて述べてみたいと思います。
a0151913_21245672.jpg
ユキ(2012年6月30日撮影 於 徳山動物園)

例えば、亡くなった故人の記憶が自分にとってどういった形で残るのかを考えてみますと、二つの種類があるように思います。一つは「まぶたの裏の記憶」であり、もう一つは「心の記憶」です。特定の故人の記憶は、このどちらか一方に収斂することになると私は経験上考えています。ユキは前者、つまり「まぶたの裏」で記憶するホッキョクグマであったということです。

ホッキョクグマは、動き回ったり、泳いだり、遊んだり、休んだり、食べたり、あるいは眠ったり、などするわけですが、そうした彼らのいくつもの姿はどこまで統合されて一頭のホッキョクグマの存在として私たちが認識するのかは重要なポイントです。そしてそれらがどこまで統合されて何かの表象と成り得るのかについては彼らに存在している個体差が大きく関係してくると考えます。つまり彼らの「動き回ったり、泳いだり、遊んだり、休んだり、食べたり、あるいは眠ったり...」という姿は、それ自体が私たちの「ホッキョクグマ体験」にとっての「素材」であるということです。これらの「素材」の統合度が小さければ、その個体が亡くなった後では「まぶたの裏で記憶する」ホッキョクグマとなり、統合度が大きければ「心で記憶する」ホッキョクグマとなるわけです。ユキはこの「素材」そのものが実に素晴らしいホッキョクグマでした。ですから、その複数の「素材」を統合させる必要は私たちの側にはないということです。

もう一つ、別の座標軸を考えてみましょう。たとえばピアニスト、そして演奏における関係です。カナダの鬼才ピアニスト、故グレン・グールド(1932 ~ 1982)はこの関係について二つの種類のピアニスト(そして演奏)があると語っています。実に素晴らしい分析だと思います。



要約しますと以下ということになるでしょう。

A.The pianists, who determine to make us aware of their relationship with their instrument, and allow that relationship to become the focus of attention.

B.The pianists, who try to bypass the whole question of performing mechanism to create the illusion of a direct link between themselves and a particular musical score, and help the listener to achieve a sense of involvement with the music itself.

つまりAは実際の音とか演奏技術とかいう「素材」を出発点にし、そしてその関係とにおいて音楽を聴衆に聞かせ、Bは「素材」の表出を回避・迂回して聴衆にイメージを想起させることによって音楽を聴衆に聴かせる......そういったことになるでしょうか。この座標軸でユキを語りますと、彼女は間違いなくAのカテゴリーのホッキョクグマにあたるわけです。ちなみに「ロシア系」のホッキョクグマたち、特に大阪のシルカはBのカテゴリーに入るでしょう。さらに付け加えれば、カテゴリーAのユキの魅力は静止画でも十分に味わうことができますが、カテゴリーBの「ロシア系」のホッキョクグマではそれがやや難しいということです。やはり動画も必要になるということなのです。(*追記 - 実際のピアニストを挙げますと、Aに属するのはヴラディーミル・ホロヴィッツ、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、エミール・ギレリス、マウリツィオ・ポリーニといったところで、Bに属するのはアルフレッド・コルトー、エドヴィン・フィッシャー、そして上の映像の後半でグールドが語っているスヴャトスラフ・リヒテルといったところでしょうか。)

同好の何人かの方々が撮影された生前のユキの写真を拝見させていただきましたが、どれも全てユキの魅力を十分に伝えていると思いました。
a0151913_21251332.jpg
ユキ(2012年6月30日撮影 於 徳山動物園)

ユキ......実に素晴らしいホッキョクグマでした。

(過去関連投稿)
徳山動物園のユキとヨハネスブルグ動物園の故ギービー(札幌生まれのポロのパートナー)は双子姉妹だった!
周南市・徳山動物園のユキが亡くなる ~ 「永遠の若さ」を抱いて星の彼方へ....
by polarbearmaniac | 2016-12-10 21:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin