街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

大阪・天王寺動物園のシルカ (Шилка) が満三歳となる ~ 大いに期待される今後の活躍

a0151913_15422932.jpg
シルカ (Белая медведица Шилка/Eisbärin Shilka)
(2016年6月8日撮影 於 天王寺動物園)
a0151913_16105499.jpg
a0151913_22471164.jpg
a0151913_22384172.jpg
ゲルダお母さんとシルカ
(Белая медведица Герда и медвежонок Шилка)

(2014年9月12,13日撮影 於 ロシア・ノヴォシビルスク動物園)

ロシア・西シベリアのノヴォシビルスク動物園で2013年12月11日に誕生し現在は大阪の天王寺動物園で飼育されているシルカが本日、無事に満三歳の誕生日を迎えました。ノヴォシビルスク動物園もSNSサイトで彼女が3歳になったことを記事にしています。



また、天王寺動物園のSNSサイトでは本日午前のイベントについても記事にしています。



本日の誕生日のイベントの映像は以下です。


Shilka celebrates her third birthday, on Dec.11 2016.

彼女のノヴォシビルスク動物園での誕生のニュースから来日までをつぶさに追い続けてきた者にとっては感慨深いものがあります。私にとって海外で実際に会ったホッキョクグマで日本にやってきたというケースはこのシルカが初めてですので、その意味でも彼女は私の中で特別の位置を占めているといって過言ではありません。また、私自身が明確な意思を持って行ったというわけではないものの、結果としてはノヴォシビルスクにお住まいのファンの方々と日本のファンとの間とを繋ぐきっかけとなることを行えたという点でも忘れ難い思い出になっています。この件については「ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカの移動日程を知らされぬ現地ファン ~ 送り出す側の方々の心境」、及び「ロシアのコムソモリスカヤ・プラウダ紙がノヴォシビルスク動物園のシルカの移動日程、移動先を報じる」という二つの投稿に私自身の気持ちを述べています。



このシルカというのは今までの日本のホッキョクグマ界にはあまりなかったタイプのホッキョクグマだろうと思っています。敢えて私なりの比喩的表現をしますと以下のようになります。それは、いかにシルカの姿を光学的にピントの合った写真を撮影したとしても彼女の姿はフォーカスしない....そう感じます。「どんなにピントの合った写真を撮影してもピントが合っていないように写る」ということです。つまり、写真には写り切らない多くの部分が彼女にはあるということです。彼女には何かボーっとした雰囲気があるのです。こういったことは「ララファミリー(Lara & Co)」やミルク、モモなどにはほとんど見られない特徴なのです。想い出しても見れば、このボーっとした雰囲気というのはアンデルマにもウスラーダにもシモーナにもムルマにもゲルダにも、その程度には大小はあるものの、存在している独特の雰囲気です。一方で札幌のララや浜松のバフィンにはこれがありません。このボーっとした雰囲気....これが「ロシア系」のホッキョクグマの特徴であるということです。
a0151913_162339.jpg
シルカ (Белая медведица Шилка/Eisbärin Shilka)
(2016年6月8日撮影 於 天王寺動物園)

以下で三つほどシルカの思い出の映像を振り返っておきましょう。まず下はシルカがゲルダお母さんと屋外に登場した姿をロシアのTV局が全国版の朝のニュースとして放送した映像です。



次はシルカがゲルダお母さんから2014年11月13日に引き離されてしまい、娘のシルカがいなくなったために探し回っていたゲルダお母さんの姿、そして離れた場所に移されてしまったシルカの映像です。



そしてこの下は2015年3月25日にノヴォシビルスク動物園を出発して日本に旅立つシルカの様子です。



いろいろなことがありましたが、ともあれシルカは順調に成長して満3歳になったということです。今後の彼女の活躍を大いに期待したいと思います。
a0151913_18151583.jpg
シルカ (Белая медведица Шилка/Eisbärin Shilka)
(2015年12月20日撮影 於 天王寺動物園)

(*注 - このシルカには日本では別の名前が付いていますが、彼女のロシアでの誕生から成長、来日、そして日本でのこれからの生活を一貫して捉え、本ブログでは引き続き彼女の名前をシルカ - Шилка - で統一して記載するのを方針としています。)

(資料)
Комсомольская правда (Dec.11 2016 - Медведице Шилке, рожденной в Новосибирском зоопарке, исполнилось три года)
VN.RU (Dec.11 2016 - Медведица Шилка на трехлетие получила необычные подарки)
НГС.НОВОСТИ (Dec.11 2016 - Японцы подарили Шилке на день рождения лосося и канистру)

(過去関連投稿)
シルカ(Шилка)、その成長の軌跡 ~ 来園者の心の中に「物語」を作り出す稀有のホッキョクグマ
Исполнения всех желаний! С днём рождения, Шилка!
"Polar Bear of the Year (2015)" in Japan

(2014年9月ノヴォシビルスク動物園訪問記)
◎2014年9月11日(木曜日)訪問
・リバーパークホテルからノヴォシビルスク動物園へ ~ ホッキョクグマたちに御挨拶
・容姿端麗なゲルダお母さん、その娘への態度に見る子育て初体験の初々しさ ~ 育児スタイルを模索中
・シルカ、順調に成長を遂げるその素顔
◎2014年9月12日(金曜日)訪問
・ノヴォシビルスク動物園訪問二日目 ~ ゲルダお母さんとシルカの不安定な関係
・ゲルダの将来への道のりと課題 ~ 一頭の母親と一頭の雌の二役の演技の動機となっているもの
・シルカ、その聡明かつ醒めた知性が発散する魅力 ~ ミルク、マルル、ポロロを超える逸材か?
・クラーシン(カイ)の性格とその素顔 ~ 双子兄弟のピョートル(ロッシー)との違い
◎2014年9月13日(土曜日)訪問
ノヴォシビルスク動物園訪問三日目 ~ "Pour que Gerda et Shilka soient heureuse..."
シルカちゃん、ゲルダさん、クラーシン君、お元気で! そしてまた会う日まで!
by polarbearmaniac | 2016-12-11 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin