街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・シンシナティ動物園のアナーナとリトルワンの初同居が行われる ~ 繁殖に意欲的姿勢を見せる同園

a0151913_12281086.jpg
アナーナとリトルワン Photo(C)Cincinnati Zoo & Botanical Garden

今年の秋に行われた繫殖を目的としあtアメリカの動物園におけるホッキョクグマの再配置計画によってニューヨーク州のバッファロー動物園からオハイオ州のシンシナティ動物園に移動して来た雌のホッキョクグマであるアナーナについては、その詳しい移動の経緯を「アメリカ・バッファロー動物園のアナーナ(円山動物園 デナリの妹)が繁殖のために他園移動が決定」、「アメリカ・バッファロー動物園のアナーナがシンシナティ動物園に無事到着」、及び「アメリカ・シンシナティ動物園のアナーナが一般公開される ~ 遺伝的多様性の維持に必死となる米国」という投稿でご紹介してきました。なかなか目立った成果の上がらないできたアメリカの動物園でのホッキョクグマの繫殖ですが、なんとかそういった状態を打破しようというAZAのSSPの推進委員会の果敢な取り組みによってなされたホッキョクグマの移動だということです。

さて、こうしてシンシナティ動物園に来園した現時点では16歳になったアナーナがとうとう同園で飼育されてきた27歳になったばかりの雄のリトルワンと初めての同居の試みがなされました。その様子を以下にご紹介しておきます。



シンシナティ動物園の担当者は、この二頭の相性は極めて良好であり初めての同居の試みは大成功だったと安堵の気持ちを述べています。雄のリトルワンはなにしろ27歳になっていますから繁殖に関しては厳しい年齢に入っているわけですが、コロンバス動物園のナヌークが今年の春の28歳の時点で繁殖寄与に成功しているわけで、夢よもう一度といったところだと思います。来年はなんとかシンシナティ動物園からの赤ちゃん誕生の情報を期待したいものです。

さて、この雌のアナーナの映像をもう一つご紹介しておきます。飼育員さんがアナーナの来園した経緯や、ホッキョクグマの繁殖について既知の内容ではあるものの詳しく語っていますが、なかなか啓蒙的な内容が語られていて興味深いところです。



シンシナティ動物園はこのアナーナの来園によってホッキョクグマの繁殖に非常に意欲的になっていることをうかがわせます。問題なのはリトルワンの27歳という年齢に尽きるということです。成功を祈りたいと思います。

(資料)
Cincinnati Zoo & Botanical Garden (Dec.10 2016 - Things are Heating up in Cincinnati Zoo’s Polar Bear Exhibit)
WKRC TV Cincinnati (Dec.21 2016 - Cincinnati Zoo introduces newest polar bear to possible mate)

(過去関連投稿)
【訃報】 円山動物園のサツキのお母さんが亡くなりました..
アメリカ・デンバー動物園のフロスティ(旭山動物園サツキの兄)逝く
アメリカ・クリーヴランド、メトロパークス動物園のスノウボール (旭山動物園 サツキの母) の遺したもの
アメリカ・クリーヴランドのメトロパークス動物園のオーロラ(旭山動物園サツキの姉)、長い旅を経ての死
アメリカ・バッファロー動物園のアナーナ(円山動物園 デナリの妹)が繁殖のために他園移動が決定
アメリカ・バッファロー動物園のアナーナがシンシナティ動物園に無事到着
アメリカ・シンシナティ動物園のベリットがウィスコンシン州のヘンリー・ヴィラス動物園へ
アメリカ・シンシナティ動物園のアナーナが一般公開される ~ 遺伝的多様性の維持に必死となる米国
by polarbearmaniac | 2016-12-21 13:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-09-26 10:00
ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag