街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園 ヴォロコラムスク附属保護施設のアイオンがイジェフスク動物園へ ~ 「新血統」への挑戦

a0151913_16333581.jpg
アイオン (Белый медведь Айон/Eisbär Aion)  
Photo(C)ロシア大統領府

これはなかなかその意味するところの理解が一筋縄ではいかないホッキョクグマの移動が発表されました。ロシア連邦・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園(公式にはウドムルト動物園 - Зоопарк Удмуртии)の広報担当者が地元メディアに明らかにしたところによりますと、モスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設で飼育されてきた7歳になった野生出身の雄のホッキョクグマであるアイオン(Айон)が12月21日にイジェフスク動物園に到着したとのことです。その到着の映像も公開されました。



これから約一か月間は検疫期間で、アイオンの飼育展示場でのデビューは1月下旬であると報じられています。また、イジェフスク動物園においては野生出身である雌(メス)の12歳のドゥムカとのペアリングが試みられるらしいことが想定されているらしく「アイオンとドゥムカには血統の繋がりは全く無い」とも報じられています。
a0151913_16483858.jpg
アイオン (Белый медведь Айон/Eisbär Aion)  
Photo(C)ロシア大統領府

a0151913_1733643.jpg
ドゥムカ (Белая медведица Думка/Eisbärin Dumka)
(2014年9月18日撮影 於 ロシア・イジェフスク動物園)

これは明らかにモスクワ動物園の戦略ですね。現在イジェフスク動物園にいて雌のドゥムカは11歳の雄のノルドとペアを形成し、2013年12月に雄のニッサン(現 イギリス・ヨークシャー野生動物公園)と2015年11月にシェールィとビェールィの雄の双子を産んでいます。すでに二回の繁殖成功の実績のあるこのドゥムカとノルドのペアを解消させてまでドゥムカのパートナーをアイオンにしたいというのは意味が分かります。つまりノルドはモスクワ動物園のシモーナの息子(つまり「アンデルマ/ウスラーダ系」)なのですがアイオンは野生孤児個体であり、このアイオンを同じく野生孤児の出身であるドゥムカと組み合わせることによって野生出身同士のペアを作り、そして繁殖を行いたいということとみて間違いないでしょう。つまりモスクワ動物園はイジェフスク動物園に「新血統」のホッキョクグマの繁殖を行わせたいということなのです。これは果敢で凄い決断です。


2010年3月に野生孤児で保護された時のアイオン


モスクワ動物園 ヴォロコラムスク附属保護施設でのアイオン(2015年)

こうなるとロシア国内には今まで何回がご紹介してきましたクラスノヤルスク動物園のフェリックスとオーロラ(本名ヴィクトリア)のペアと並んでイジェフスク動物園の新しいペアとなるドゥムカとアイオンという、二つの野生出身個体の「新血統」ペアが生まれることとなるわけです。となると、日本の動物園(特に札幌や浜松)がロシアから雄(オス)の個体を導入しようとすれば比較的ハードルは下がってくるということを意味します。勿論入手の難しさという点ではそう変わらないわけですが。札幌や浜松がリラやモモのパートナーを仮にロシアから導入しようとすれば、その交渉相手はクラスノヤルスク動物園とモスクワ動物園という二つの選択肢となることを意味することになるでしょう。

やはりモスクワ動物園をリーダーとするロシアのホッキョクグマ界でも「アンデルマ/ウスラーダ系」の血統勢力の拡大に対する対策を行ってきているということなのです。こうなると同じイジェフスク動物園で飼育されている3歳の野生孤児出身のバルーとウスラーダの末娘のザバーヴァのペアも解消されるかもしれません。つまり野生孤児であるバルーのパートナーはモスクワ動物園のヴォロコラムスク附属保護施設で先日保護された野生孤児のニカとなる可能性が出てくるわけです。何故なら、今回イジェフスク動物園に来園したアイオンはモスクワ動物園・ヴォロコラムスク附属保護施設ではシモーナの娘であるミラーナと一応はペアを組んでいたのですが、それが解消させられてイジェフスク動物園にやってきたからです。つまり「野生孤児個体/アンデルマ・ウスラーダ系」というペアが解消されて「野生孤児個体/野生孤児個体」というペアへと組み合わせが変更になる傾向が進むと考えられるからです。

とうとうロシア国内でも「アンデルマ/ウスラーダ系」の受難の時代が到来してきたことにもなりそうです。私たちはそうしたロシア国内の飼育下のホッキョクグマの動向を知っておかねばならないというわけです。

(資料)
Izhlife (Dec.23 2016 - В зоопарке Ижевска появился еще один белый медведь)
ИА «УДМУРТИЯ» (Dec.23 2016 - Пятый белый медведь появился в зоопарке Удмуртии)
Комсомольская правда (Dec.23 2016 - В Ижевский зоопарк привезли еще одного белого медведя)
ロシア大統領府・プーチン大統領サイト (ПРОГРАММА «БЕЛЫЙ МЕДВЕДЬ»)

(過去関連投稿)
ロシア・極北の街でホッキョクグマの赤ちゃん孤児を保護!
モスクワ動物園に送られた赤ちゃん孤児のその後の映像
モスクワ動物園で保護されている孤児のホッキョクグマ、アイオンの近況
モスクワ動物園が期待を持つ将来の新ペア ~ ヴォロコラムスク付属保護施設のホッキョクグマたち
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設で暮らすアイオンとミラーナの夏の日
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設のアイオンの3歳の誕生祝い ~ WWFが保護した野生孤児の成長
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設の野生孤児アイオンの5歳の誕生会が行われる
モスクワ動物園・ヴォロコラムスク付属保護施設の野生孤児アイオンの近況 ~ 間もなく本園にデビューか?
by polarbearmaniac | 2016-12-23 16:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00
アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-05-24 18:30
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-05-24 01:00
オランダ・エメン動物園に移動..
at 2017-05-23 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin